京丹後市立峰山中学校
京丹後市立峰山中学校

所在地:〒627-0004 京都府京丹後市峰山町荒山88番地  電話:0772-62-0359  ファックス:0772-62-7987  メール:mineyama-jhs@kyoto-be.ne.jp

 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER707256

校長室

校長室より >> 記事詳細

2019/07/19

1学期が終わりました

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

1学期終業式式辞

 

皆さん、おはようございます。本日を持って令和元年度の1学期が終わります。昨年のこの時期は、強烈な雨と暑さが続き、自然の猛威に脅かされました。それに比べると、今年は比較的穏やかに今日の日を迎えることができ、ありがたい限りです。

1年生は峰山中学校に入学して3ヶ月余り。新しい生活リズム、学習と部活動との両立は、想像していた以上に大変だったと思いますが、今では峰山中学校の一員としてよく頑張っています。入学当初は、一から十まで先生に言われないとできなかったことが、少しずつ自分達の力でできるようになってきています。今後、自分達の学校生活は自分達の力でよくしていこうとする意識が持てるようにしてほしいと思います。

2年生は、クラス替えがあり、昨年度とはまた違った緊張感があったと思います。しかし、新しい集団の中で、徐々に関わりが増え、自分のことだけでなく、周りのことも考えながら行動できる人が多くなってきています。合唱祭や「おむすビッション」などの取組に、皆で前向きに協力できる場面が随所に見られたのも、2年生の強みです。

3年生は峰山中学校の最上級生として良い姿を見せてくれました。修学旅行で身に付けた友達への声かけを継続し、互いに高め合う集団へと成長してきています。より深くつながることを意識したスローガン「(むすび)」を掲げた生徒会活動や専門部活動、部活動でのリーダーシップは、昨年度までの3年生に引けを取りません。そして、合唱祭でのすばらしい歌声は聴く人に感動を与えました。

合唱祭の振り返りの感想を紹介します。「僕は、練習が始まったころは自信を持って声を出すことができませんでした。だけど、練習が進むうちに大きな声で歌うことができるようになり、合唱が楽しくなりました。パートリーダーの言葉や日々のメッセージカードで、自信を持って、とか、人任せにせず、とか書いてあって、それが僕やみんなをやる気にさせてくれました」この感想からも、毎日の丁寧な取組で、クラスのつながりが深まったことが感じられます。この人以外にも、合唱祭の取組を通して「これまで話したことのない人と話せた」「クラス全員で楽しめた。」「このクラスで良かった」と多くの人が書いています。全校合唱『時を越えて』に、こんなフレーズがあります。「精一杯の汗と涙 流した数だけきっと 君が生きていく強さに代わる時が来るから」皆さんが流した汗と涙は、必ずやこれからの学校生活の大きな財産になるはずです。

明日からは夏休みです。休みと言っても、ブロック大会や学習会、体育祭の準備など、さまざまな取組がありますが、何より安全に、そして有意義に過ごしてください。先日2年生の国語で、市立図書館の方にブックトークをしていただきました。その後、ある先生が、「私はいろんな人と出会い、話をしようとしていますが、限界があります。本を読むことによっていろんな人の考えを知ることができるので、時間の許す限り本を読むようにしています。」とおっしゃいました。100冊の本を読めば、そこには100通りの人生があります。本は、時代を超え、場所を越えて、私たちに様々な人々との出会いを提供してくれます。夏休みを機に、ぜひ図書館に行って、日頃は読まない本も手にとってみてください。きっと新しい世界が開けると思います。

それでは、この夏休みで全員が一回りたくましく成長し、8月27日に元気に会えることを期待し、終業式の式辞とします。


16:48