PTA News >> 記事詳細

2016/02/22

第2回 PTA学習会(PTA)

| by leader1

昨年度から本部役員主催の学習会を開催しており、今年度も2月22日()に開催しました。

今年度の学習会のテーマは、午前の部が『学校防災の基礎知識』、午後の部が『障がい種別の枠を超えて繋がるPTA』

どちらのテーマも、今後欠かせないテーマとして注目しています。

午前の部が20名、午後の部が29名の方々に出席していただきました。


   


午前の部では、副校長にご講演をお願いし、災害と防災の基礎編から学校防災に係るお話をいただいたあと、防災グッズの紹介や、今年度予算で購入した防災備蓄食を試食してみました。

参加者アンケートでは「地域や学校が災害時にどういった体制で動くのかがわかり、自分たちの動きも少しイメージすることができた。」「子どもたちの安心安全のために、学校と保護者が協力しあうことが大切だと思った。」「備蓄食の缶詰パンは子供たちでも食べられそうな美味しさでした。」等、他にも多数のご感想をいただき有意義な学習会となりました。


昼休みには、作業所のお弁当を注文し、和気あいあいとした雰囲気で昼食を食べました。


午後の部では、高等部3年生の保護者の方から18年間の子育てのお話を、写真を使って発表していただいたあと“繋がる”というテーマに添った懇談会を行いました。

こちらもアンケートには皆さんぎっしりと綴られており、「発表を聞かせてもらってすごく元気をもらいました」「子どもたちは、人と人を繋いでくれる存在」等たくさんのご感想をいただきました。

何かを成し遂げるのに、まずはPTAの保護者同士が繋がることが大切だと思います。

支援学校は様々な障がいの子供たちを育ててきた親同士が集まる場所でもあります。

障がいの形が違うことでそれぞれにつまづくところは違うけれど、その中から共通点を発見し、そのうえでお互いの大変さに想像力を膨らませて相手を思いやることの大切さを再確認できた、心温まる学習会となりました。


17:00