校長あいさつ

2018/07/20

一学期を終えて

| by ICT+L14
                                                         一学期を終えて

                                                                                                            校長  村田 尚美
 6月末の大阪府北部を震源とする地震に続き、7月に入って西日本をおそった記録的豪雨により、甚大な災害が各地に起こりました。亡くなられた方々、行方不明の方々、そして避難されている方々は数知れず、洪水や土砂崩れ等による被害、その後の酷暑の下での復旧作業等、人々の心身や生活への影響は未だに計り知れないところとなっています。

 京都府内でも、各地から被災情報が次々と寄せられていましたが、本校校区地域では比較的被害が少なく、児童生徒や教職員の無事を確認することができました。7月6日(金)は警報発令による休校措置となりましたが、天候回復後、学校施設設備と通学路などの安全を確認し、週明け9日(月)からは平常授業を行っております。

 しかしながら、地震や暴風・豪雨などによる災害はいつ起こっても不思議ではなく、学校としましても、今回の経験や他校・各地の対応、さらには様々な情報を基に、今後より一層の危機管理、防災対策に務め、子どもたちの安全を守っていかなければならないと考えています。保護者の皆様には、今後も御協力いただくことが多々あるかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。


 さて、振り返れば、一学期は新しい仲間との出会いと共に始まり、子ども達は日々の生活や学習を積み重ね、友達や先生方との関わりを通して、一人一人少しずつ成長してきました。修学旅行や宿泊学習を初めとしたたくさんの行事や取組、地域の小中学校等との交流学習もあり、仲間との友情や様々な人とのつながりも、たくさん生まれてきました。

 地域との関わりでは、新しい取組もいくつかありました。小学部は、今年から借用している木津川台小学校の交流教室で、早速同校との交流学習を行いました。中学部では、学年での生活単元学習に社会人講師を招き、パン作りや野焼き(陶芸)に取り組みました。高等部でも作業学習の一部にビルメンテナンスを取り入れ、校舎内の清掃だけでなく、近隣の駅や小学校での美化作業に力を発揮しました。

 また、6月30日(土)に本校で開催した「第3回ボッチャ交流大会」では、本校と他の府立特別支援学校からこれまで以上の参加があり、車いす使用の参加生徒も含め、白熱した試合の連続に大勢の応援の方々から大きな歓声が沸いていました。地域の企業の方々からも参加者への水分や揃いのTシャツなどを提供いただき、スポーツを通した地域との交流の輪の広がりを益々感じるところとなりました。

 
 今年も、七月になると、学校の昇降口や廊下には、全校児童生徒の書いた七夕の短冊が、色とりどりに飾られていました。一枚一枚に綴られた一人一人の「願い」や「夢」、「明日への希望」、それらが一つ一つかなえられていくような、豊かな学び・幸せな暮らしが、学校や地域社会の中で実現されていくことを願ってやみません。

 短冊の中には「毎日元気で学校に来られますように」といったものが多くあります。今後も安心・安全の確保に務めながら、「児童生徒が毎日笑顔と元気で楽しく学ぶことのできる学校」であることを大切にしていきたいと思います。

 学校は、明日から長い夏季休業に入ります。保護者の皆様にも、子ども達の健康・安全等への十分なお心配りをいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


11:30