PTAだより
PTA活動に関する最新情報をお伝えします!
12345
2017/12/14

京都府立高等学校PTA連合会指導者研修会

| by 総務企画部広報
11月17日(金)に京都府立高等学校PTA連合会指導者研修会(京都市ブロック)が行われました。
本校からも12名のPTA役員が参加しました。

午前は、4つの分科会に分かれ、各高校のPTAの実践発表を聞くとともに意見交流を行いました。
午後からは、声楽家の青野浩美さんの講演を拝聴しました。
青野さんは、様々なところで講演をされている方で、講演を聴かれた方も多いかと思います。ご自身の病気とどのように向き合ってきたのか、そして今どのように人生を楽しんでおられるのかをご自身のお言葉でお話しされました。プロの声楽家でもあられるので、歌もご披露され、楽しい講演会でした。
また、夜は情報交歓会があり、楽しく交流を深めることができました。

今回も、このような研修会を通して様々な学校の実践や活動を聞くことができ、造詣を深めることができました。
11:31 | 本部役員会
2017/12/13

オープンスクールPTA紹介ブース

| by 総務企画部広報
12月1日は、第2回オープンスクールでした。
3限~6限に開講している授業を保護者の方に参観していただきました。
PTAでは、PTA活動紹介コーナーを設けました。

今年度の学校行事の紹介ビデオを見ていただくとともに、本部役員さんと交流をしていただきました。
各御家庭お忙しいこととは思いますが、今後もPTA活動への御参加をよろしくお願いします。
09:51 | ニュース
2017/11/27

防災クッキング教室

| by 総務企画部広報

 先週土曜日(1125日)にPTA文化教養委員会主催の「防災クッキング教室」を開催しました。
 講師に、京都府知事が認定する食育の専門家「きょうと食いく先生」である 松尾美知枝先生、金原康代先生を迎え、「がんばらない防災クッキング」と題したお料理を教えていただきました。
 先生からは、災害時の状況を想定し、衛生的な調理方法や不足しがちな栄養の摂取方法、災害時を生き抜くための様々な工夫を教えていただきました。
メニューは、ゆがかないパスタ・ポリ袋で炊いたご飯と野菜カレー・乾物サラダでした。
食器も、広告を再利用して作りました。
10名の参加者で楽しくお料理しましたが、「へぇー なるほど!」と驚くことばかりでした。



 防災の意識は高まっていますが、日々の生活に追われ十分な備えができていないことも多いと思います。
しかし、災害後1週間をどのように生きるのか、というのは重要な問題です。日々の備えはしっかりしておきたいものですね。

感想
備蓄品について、買いそろえなければ!と思っていましたが、乾物・ポリ袋・ラップなど日用品の活用やちょっとした工夫で十分と災害に備えることができるということを知ることができました。


15:22 | 文化教養委員会
2017/09/08

第3回PTA本部役員会・拡大本部役員会

| by 総務企画部広報
9月6日(水)、第3回PTA本部役員会・拡大本部役員会を開催しました。



 今回の本部役員会・拡大本部役員会では、各種案件の協議とともに、10月の文化祭への参加についてや、参加したPTA行事についての報告を行いました。
 文化祭については、今年度も参加することを確認しました。
 また、京都府、近畿、全国の研究大会に参加した役員からは、それぞれの大会で発表された内容や講演などの内容と感想が伝えられました。
 上部団体の研究大会は、様々な世界の著名な方の講演を拝聴できる貴重な機会となっています。今年度の参加者も口々に「良かった!」「勉強になった」とおっしゃっていました。
静岡での全国大会に参加した役員さんからお土産をいただきました。おいしくいただきました。ありがとうございました。
16:25 | 本部役員会
2017/08/28

全国高等学校PTA連合会 静岡大会

| by 総務企画部広報
 全国高等学校PTA連合会の全国大会が、今年度は8月24日(木)・25日(金)に静岡県で開催されました。
 第67回大会 メインテーマ 「有徳の人」づくり ~未来のために行動する「一人」を育てよう~




 本校からは、副校長と3名の本部役員が参加しました。
24日は、全体会と6つの分科会で構成されており、分科会には分かれて参加しました。
 全国各地のPTAの実践発表や大学の専門家の講演など、大変貴重なお話を聞くことができました。

◎全体会基調講演
 静岡大学 名誉教授 小和田 哲男氏   演題 「戦国武将に学ぶ子育てと人づくり」
(趣旨)
 戦国時代の勝ち組みの武将たちに共通するのは、子育てと人づくりに成功しているという点。褒め方、叱り方、
一つをとっても、こつがある。そして、小さい頃の才能を見いだして育てる事が大切である。
 それは、今の時代においても同じ事がいえる。そして、主君を支える回りの人間を教育して、主君と力を合わせて自国を護る。それに成功した武将が名を残している。

<参加者感想>
 武将が行っていた子孫への「有徳の人づくり」の思想は現代社会においても、
社会組織を運営するのに有効であることなど、考えさせられる講演でした。
同時に日本の古くから続く教育の凄さにも感銘しました。


◎第4分科会  
 「有徳の人」を育てる家庭教育の充実 というテーマで、全国から4名のPTA活動の実践発表がありました。
 その後、 静岡産業大学 教授 漁田 俊子氏 静岡大学教育学部 非常勤講師 石田 純夫氏 からの助言がありました。
(趣旨)
・家庭教育とは、親の背中をみせる事ではないか、そして、親も自分自身が楽しむ事が大切で、そういう親の姿を子供に見せていると、今、うるさい! と言っている高校生の子供もそのうち、いつか、親のもとに帰ってくる。
・今の子供は、とても、不安感情をもっていて、回りの人に、合わせていて、無意識にふたをして、生きている。だから、親は、子供を安心させる事が、一番大事。親は、親のペースではなく、子供のペースに合わせて、そこに、いてあげる。保証してあげる事が、大切である。

<参加者感想>
 高校生の子供であっても、ひとりの人間、小さな大人と言われますが、高校生の考えている事、気持ち、とらえ方や、親としての心構え、接し方など、とても考えさせられました。
16:19
12345


PTAだより

規約

会報