( ↑ をクリックしてください。)
 
 「中丹版キャリアマップ 中丹の学びの場 × 魅力 再発見!」 を掲載しました。 
課題解決型学習」に取り組もう!!」掲載しました。
(更新日:令和3年4月6日) 
 
      
校内研修パッケージ『GIGAスクール構想』実現に向けてのルール作り 掲載しました。  
(更新日:令和3年2月3日) 
            
     「多様な子どもを誰一人取り残すことなく健やかな学びを保障するために」
掲載しました。  
  
 
現在までの訪問者数1201815
※各ページのデータが必要な場合は、
中丹教育局までご連絡ください。

◆中丹のまなびⅪ
【全体】



【内容】
・表紙
・未来をともに幸せに生きる
・人権教育を推進するために
・幼小接続でつなぎたいもの
・特別支援教育から広がるICT活用
・小学校担任制の4つの効果
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(PBLの授業実践)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習ガイドの活用)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習指導案の作成)


◆中丹のまなびⅩ
【全体】


【内容】
・表紙
・共生社会の実現を目指して
・スタートカリキュラムの充実
・非認知能力を意図的に育むために
・PBL(課題解決型学習)のすすめ
・社会で必要なことは社会の中で学ぶ
 (総合的な学習の時間)
・生徒自身が"思考する"授業を目指して
 (中学校授業力向上プロジェクトより)
・評価から授業をつくる
・中丹の授業スタンダード
 (指導案参考様式)
 
                 
                      ↑ ( 工事中… )



                  
 



 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 通 信 3 部 作  管内の「学校」「家庭・地域社会」の取組を発信しています。
               なおこの通信3部作は、平成21年度京都創発事業に認定されました。
     
まなび通信

まなび通信
(府立学校版)

はぐくみ通信
中丹版キャリアマップ

10月8日(第176号)発行
8月6日(第175号)発行
7月16日(第174号)発行

6月25日(第59号)発行
3月10日(第58号)発行

8月27日(第109号)発行

















★中丹版キャリアマップ★


※過去の通信についてのお問い合わせは、中丹教育局までご連絡ください。

 

 

 

中丹教育局 トピックス

新着情報 >> 記事詳細

2021/07/16

令和3年度第1回中丹はぐくみたい力育成会議

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan-kadmin

7月5日(月)に「令和3年度第1回中丹はぐくみたい力育成会議」を中丹地方教職員研修大会も兼ねて開催しました。

  本会議では、令和元年度に行われた京都府教職員の人権教育に関する意識調査結果を踏まえ、教職員の人権意識の高揚及び人権教育推進のための研修の充実・改善に向けて、副校長・教頭として人権教育推進を牽引する方策について学び合いました。

 京都府教育庁指導部  学校教育課人権教育室 総括指導主事三木孝史様より、「教職員の人権意識の高揚に向けて~人権教育に関する教職員の意識調査結果から~」と題して、意識調査の結果を踏まえ、人権問題を自分自身の問題として捉えることのできる研修の必要性について御講義いただきました。

 また、福知山市立桃映中学校 校長一色浩幸様より、「ミッション・パッション・人材育成~思いが語り合え、勇気と元気の沸く人権教育への再挑戦~」と題しまして、校長先生御自身の経験を踏まえて、「正論しか言えない人権学習」を「本音が言える人権学習」とすることの大切さや管理職として使命感と情熱を持って地域とのパイプ役となること、人権教育の視点からの進路保障の重要性について講演をいただきました。

 人権教育を基盤に据えた学校づくり・人材育成等について各校での校内研修等の実施に向けて改めて認識を深めることができました。
  
【中島浩晶局長開会挨拶】    【三木孝史総括指導主事 講義】

  
【一色浩幸校長先生 講演】       【参加者 研究協議】
13:58