自宅(じたく)学習課題(かだい)&ホームページ集』について』            
 ( ↑ をクリックしてください。)
自宅(じたく)学習するときに活用(かつよう)できる課題(かだい)や参考(さんこう)となるホームページを紹介(しょうかい)しています。
もっと勉強したい、勉強スイッチが入らないと思ったときに活用(かつよう)してみてください。
先生方が課題を探したり、作成したりするときのヒントにもご活用ください。
                                     

 

 「中丹版キャリアマップ 中丹の学びの場 × 魅力 再発見!」 を掲載しました。 
      ↑ クリックすると、「中丹版キャリアマップ 中丹の学びの場 × 魅力 再発見」のページに移動します。

多様な子どもを誰一人取り残すことなく健やかな学びを保障するために」掲載しました。 
         ↑ クリックすると該当のページに移動します。
                                   (更新日:令和2年8月28日) 
 
 
現在までの訪問者数1107702

お知らせ

未来が予測困難な社会。
そんな社会を自立して切り開いていくため、
子どもたちには、どのような状況においても
主体的に自らの疑問について調べたり、
学んだことを積極的に発信する
といった、
『自立した学び手』となるための力の育成が求められています。

ここでは、『自立した学び手』を育てる教育活動を展開する上でヒントとなる、
中丹教育局作成の資料を掲載しています。

校内研修や個人研修、授業づくり等、様々な場面でご活用ください。



【中丹のまなび】
  中丹教育局が毎年発刊している授業改善実践事例集です。未来を拓いて
 いく学校としてどのようなことを大切にして授業づくりをすすめていくべ
 きかをポイントとなる内容毎にまとめています。

 (※表紙の画像をクリックすると全ファイルが、【内容】のタイトルを
  クリックすると該当のファイルが表示されます。)

 【中丹のまなびⅨ】

【内容】
表紙

はじめに / 中丹学力向上メソッド

授業スタンダード / 学校を支える連携・協働

社会に開かれた教育課程

保幼小連携

認知能力と非認知能力を一体的に育む

(実践事例)小学校3年生理科

(実践事例)中学校3年生外国語

背表紙(バックナンバーとその他参考資料の紹介)

 

 【中丹のまなびⅩ】

 【内容】
表紙

共生社会の実現を目指して

スタートカリキュラムの充実

非認知能力を意図的に育むために

PBL(課題解決型学習)のすすめ

社会で必要なことは社会の中で学ぶ
 (総合的な学習の時間)

生徒自身が"思考する"授業を目指して
 (中学校授業力向上プロジェクトより)

評価から授業をつくる

中丹の授業スタンダード
 (指導案参考様式)


【学習指導案】
  児童生徒がよりよい学び手となるための取組例として、学級活動(3)
 「一人一人のキャリア形成と自己実現」における指導を提案しています。
  3時間の単元計画で【 ①学び方を考える】、【②情報活用能力を育てる】
 【③情報モラルを考える】という構成になっており、自らの学び方の特徴
 を知ることで、効果的に自学自習に取り組むための意識付けをする内容と
 なっています。
 ※WordやExcelのファイルですので、学校や学年の状況に合わせ、適宜
  変更、編集して活用ください。

【小学校】

小学校用 学習指導案.doc

※小学校6年生対象の指導案と
なっています。




 【中学校】

中学校用 学習指導案.doc

中学校用(ワークシート①②).xls

中学校用(ワークシート③④).xls

※中学校3年生対象の指導案と
なっています。

【カリキュラム・マネジメント】
  どのような状況においても、「多様な子どもを誰一人取り残すこと無く
 健やかな学びを保障するために」どのように単元構想や学校の様々な取組
 を見直せばよいか。そのヒントとなる資料です。

3つの視点からの見直し.pdf
 ⇒ 変化の激しいこれからの社会を生きる子どもたちに身に付けさせたい
  3つの要素からなる力、[確かな学力(学力保障)]、[豊かな人間性(
  関係保障)]、[健康と体力(健康保障)]この3つの視点で単元構想や
  様々な取組を考えるための資料です。


授業と家庭学習をつないだ単元構想の見直し例.pdf
 ⇒単元指導計画に家庭学習を位置付けて実施するための単元構想の見直し
  例です。

(参考)※府教委作成資料
 ↓の画像をクリックするとファイルが表示されます。
    

トップページへ