現在までの訪問者数1278396

メニュー

教育局の概要学校教育社会教育講師採用・人材育成学校一覧リンク集学校紹介コーナーダウンロードページ
※各ページのデータが必要な場合は、
中丹教育局までご連絡ください。

中丹のまなびⅫ
↓画像をクリックすると全ページご覧頂けます。(画像データ)


↓↓↓ ページタイトルをクリックしてください

00   表紙.pdf

01-02 超スマート社会を生き抜く人材の育成.pdf

03-04 必見これからの学力調査が変わる.pdf

05-06 個別最適な学びと協働的な学びの充実.pdf

07-08 課題解決型学習設計ガイド.pdf

09-10 未来の創り手となる子どもたちに必要な資質能力の育成を目指して.pdf

11-12 指導と評価の一体化による授業改善.pdf

13-14 資質能力をはぐくむ家庭科の授業づくり.pdf

15   裏面.pdf


◆中丹のまなびⅪ
【全体】



【内容】
・表紙
・未来をともに幸せに生きる
・人権教育を推進するために
・幼小接続でつなぎたいもの
・特別支援教育から広がるICT活用
・小学校担任制の4つの効果
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(PBLの授業実践)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習ガイドの活用)
・「主体的・対話的で深い学び」の実現(学習指導案の作成)

◆中丹のまなびⅩ
【全体】


【内容】
・表紙
・共生社会の実現を目指して
・スタートカリキュラムの充実
・非認知能力を意図的に育むために
・PBL(課題解決型学習)のすすめ
・社会で必要なことは社会の中で学ぶ
 (総合的な学習の時間)
・生徒自身が"思考する"授業を目指して
 (中学校授業力向上プロジェクトより)
・評価から授業をつくる
・中丹の授業スタンダード
 (指導案参考様式)
 
                  親力アップ はぐナビランド
 



                  
 



 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 

算数・数学魅力アッププロジェクト☆メニュー☆

 
 
 
 
 
 
*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*-
 

  生徒が興味・関心を持って学習に取り組むことができる授業の工夫と、生徒に学習内容の基礎・基本をしっかり定着させるための教材の研究に取り組んだ。特に1次関数の単元で基礎・基本を定着させる教材として「1次関数トランプ」を作成した。
 1次関数は生徒にとって理解が難しく、苦手としている生徒が多い単元である。特に1次関数の指導において、1次関数の式、その対応表、グラフ、傾き・切片の関係をつかみにくい傾向がある。生徒にとって1次関数y=ax+bの式で、a,bの値が対応表でどんな形で表れるのか、またグラフの中でどのような役割をするのかについて理解することが難しい。式から対応表に表す、対応表からグラフをかく、グラフから式を読み取るなど、「式・対応表・グラフ・傾き切片」の相互の関係をしっかり理解していないとできない学習内容であり、それらの事柄を関連付け、理解する教材として「1次関数トランプ」を作成した。
 1次関数トランプは通常のトランプの「スペード・ハート・ダイヤ・クラブ」に合わせ、「式・対応表・傾きと切片・グラフ」の4種類のカードで構成した。
 上記のカードは関数y=2x+3について表したものである。この4枚が同じカードを表す。また、この4枚のセットが13種類とJOKERの働きをするカードとして、1次関数を表す一般式「y=ax+b」と書いたカードを用意し、計53枚でトランプを作った。
 これらのカードを通常のトランプ遊びに利用し、それぞれのカードの関連をカードゲームを通して覚えていくようにした。

 授業では2つのゲームに取り組んだ。
① かるた遊び 
 生徒はどんなカードがあり、それぞれがどのような1次関数を表しているのか知らないので、一度すべてのカードを表にし、カードの種類を確認するためのゲームとして行った。ゲームの仕方は、1次関数の式を読み上げ、それに対応する4種類のカードを探して取るというものである。


② トランプ遊び
 4種類のカードのうち、同じ1次関数を表すカードを素早く見つける練習として、 ゲームを行った。
 トランプを使った授業ということで、普段は1次関数が苦手な生徒も積極的に取り組んでいた。1次関数トランプに慣れるために「かるた遊び」からスタートしたのは効果的だった。読み札1枚につき4枚のカードを取ることができるので、生徒自身が見付けやすいカードを取ることができる。
 理解の早い生徒がカードを独占することがなかったので、全員で最後まで取り組むことができた。また、カードが見付けられない場合には、班のみんなで相談しながらカードを確認している姿も見られた。その中で、それぞれのカードを見分けるポイントを生徒同士で教え合っている姿も見られた。
 トランプ遊びでは、初めはたくさんのカードの中からペアを見付けるのに苦労していたが ゲームを進めるにしたがって要領をつかんでペアを早く見付けられるようになっていた。早くカードがなくなった生徒がまだ終わってない生徒の手助けをしている姿も見られた。
 生徒の感想には「頭を使って考えなければならなかったので大変だったが、やっていくうちにすぐに見分けられるようになって楽しかった。」「式・対応表・グラフの関係が分かってきた。」など、ゲームをして楽しかったという意見が多くあった。
算数・数学魅力アップ教材
        「1次関数トランプ」

成果
 ・ トランプにすることで、苦手な生徒も積極的に取り組むことができた。
 ・ ゲームを何度か行う中で、カードを早く見付けるポイントを自分で発見できた生徒がい
  た。
 ・ ゲームを成立させるため、生徒同士で教え合う姿が見られた。

工夫・改善
 ・ 学習の進度に合わせ、使用するカードの種類を2種類にしてカードゲームを行うとより
  効果的になる。
 ・ カードの式をaの値を分数にする、対応表のxの増え方を2や3にするなど生徒の理解
  度に応じて、カードを工夫する。
 ・ 1次関数だけでなく、他の単元でも、トランプなど生徒の意欲を向上させるとともに、基
  礎学力の定着を図ることができる教材が作成で聞かないか研究を進める。
 この手法は、いろんな単元で使え、楽しく基礎・基本の定着を進めることができると感じている。