7月11日 畑で作物を育てよう(4)

 1学期の期末考査が終わり、梅雨も明け、科学部の畑で育てている作物は、すごく元気に成長しています。
 中にはそろそろ収穫の時期が迫っているものもありますが、現時点での様子をお知らせします。


【サツマイモ】
 少しくたびれていた苗もいつの間にか元気になっており、つるがどんどん伸びている状況です。イモの方に栄養がいっているのか心配にもなりますが、そこは信じて、このまま秋の収穫を待ちたいと思います。


【トウモロコシ】
 雄花と雌花が開花しており、受粉作業を行いました。すでに何もしなくても受粉しているものもありましたが、これで美味しく成熟していってくれることでしょう。収穫も近いですね。それと、栄養を集中するためにいくつかのヤングコーンを間引きしました。間引いたヤングコーンは、センサーカメラ調査で動物の餌になります。


【エダマメ】
 すでに立派なマメができてきています。来週あたりにでも収穫しようかと考えております。


【プチトマト】
 実が赤くなってきており、すでに収穫できる状態になっています。しかし、同時に鳥(カラス?)に狙われるようにもなっており、赤くなった実から順番に食べられているようです。朝イチで収穫にいかないとだめですね。


【メロン】
 実がだんだん大きくなってきて、見た目もメロンっぽくなってきました。放っておいたら鳥に食べられてしまいそうなので、囲いでガードしております。本来はプランターで育てるメロンですが、これ、どこまで大きくなるんでしょうか?


【スイカ】
 こちらも実が育ってきており、現時点でソフトボールくらいの大きさになっています。品種的には大玉なので、もっと大きくなるとは思うのですが、とりあえず鳥にやられないようガードしながら、成長を見守っていきます。


 トウモロコシとエダマメの一部は、来週にでも収穫する予定です。楽しみですね。


ページのトップにもどる