令和4年度 男山第二中学校「校訓:清新・堅実・連帯」



 
男山第二中学校ヘッダ画像
 

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

保護者の皆様へ

平素は本校の教育活動に御理解を賜り、厚く御礼申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止についても、御協力をいただきありがとうございます。
さて、 夏季休業期間ですが、地域の感染状況等踏まえ、今後も継続した感染症予防対策の徹底が必要となります。
つきましては、夏季休業期間においても、別添「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る対応等について」のとおり対応いただきますよう、一層の御理解と御協力をお願いたします。
(1) 発熱が続くなど感染が疑われる場合は、身近な医療機関(地域の診療所・病院)または夜間や医療機関の休診、かりつけ医がいな方は、専用窓口[きょうと新型コロナ医療相談センター:電話 0754145487]へ御相談いただき、指示に従ってください。


(2)今後の感染状況等により、予定が変更されることますので、学校から連絡には十分御留意ください。
(3) 御不明な点等がございましたら、学校まで御連絡ください。
【連絡先】 平日の8時から17時  電話075-981-0191
※下記QRコードから夏季休業中部活動等の欠席連絡も可能です。

「欠席連絡ーム: https://forms.office.com/r/JmaGJ1zWA 」でお知らせください。

男山第二中学校 校長
20220720 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る対応等について(夏休み保護者向け) .pdf
R4 遅刻・欠席連絡専用フォームについて.pdf

R4 夏季休業中部活動予定表.pdf

 

日誌

学校の様子
12345
2022/08/03

「青少年いいねット京」事前学習会(1年生代表者参加)

Tweet ThisSend to Facebook | by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者
7月29日(金)に、1年生の代表者が「青少年いいねット京(みやこ)フォーラム」の事前学習会に参加しました。兵庫県立大学環境人間学部准教授の竹内和雄先生から、京都府内の中高生のネットに関する現状について教えていただきました。京都府内の7つの中学校、高校の生徒たちとともにZOOMを使用して議論をしました。
8月22日(月)13:30〜京都府立京都学・歴彩館大ホールでフォーラムが開催されます。本校の代表生徒9人が総務省や京都府教育委員会、京都府警や大手携帯会社とともに今後のネットの使い方について考えます。2学期には、スマホの使い方を全校生徒で考えていきたいです。


14:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/11

7月11日(月)演劇鑑賞「あの夏の絵」(全校)

Tweet ThisSend to Facebook | by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者
本校で取り組んでいる平和学習の集大成として、東京から青年劇場の方々にお越しいただき「あの夏の絵」の演劇鑑賞をしました。(文化庁主催「子どもの文化芸術鑑賞体験再興事業」)
ストーリーは、広島の美術部員が「被爆証言を聞いて絵に描く」取組を行い原爆や戦争の記憶を継承していく、というものでした。
演劇を見ることで、原爆が投下された時の広島の様子や人々の被害の様子などを知り、平和に対する考えを深め、戦争の記憶を継承することの大切さを学びました。
今まで各教科、各行事で戦争や平和について学習してきたこととも結びつけて、これからの時代が平和になるように自分たちがどう行動していくべきか考えることができました。


15:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/07/08

7月8日(金)1年生対象 情報モラル講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者

eネットキャラバンの2名の方に講師として来ていただきました。

ネットいじめの危険性、個人情報の漏洩、ネットの規範意識について学習しました。

今後も引き続き情報モラルの学習を進めていきます。


17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/08

7月8日(金)着こなしセミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者
本校の制服を取り扱っている京都菅公学生服株式会社の方を講師として、
新しい制服を着用している1年生や2年生を対象に「着こなしセミナー」を開催しました。
TPOに応じた正しくかっこいい着こなし方を学びました。
シャツを出す、スカートを折る等は良くない印象を与えてしまうということを知りました。

14:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/08

生命のがん教育(2年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者
7月7日(金)2年生を対象として「生命のがん教育」を実施しました。
京都医療センターの方に療従事者としてのお話、京都府がん教育推進メッセンジャーの方にがん経験者としてのお話をいただきました。
「がん」という病気について、ドラマや映画の世界の話、遠い未来の話と感じている生徒が多かったかもしれませんが、実際にがんと関わる方々のお話を聞くことで、深く考えるきっかけになったと思います。
また、がんに限らず、健康や命について考えるきっかけも与えていただきました。
お世話になった講師の方々にお礼申し上げます。


10:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

お知らせ

業務時間外の電話に対する音声ガイダンスによる対応及び欠席連絡について
令和3年2月1日(月)午後6時より業務時間外(午後6時より午前8時の間)の電話に対しまして音声ガイダンスによる対応が始まります。
欠席連絡は、午前8時以降にお電話いただくか、下記欠席連絡フォームにより入力お願いします。
学校からの着信への返信連絡につきましては、午後6時以降はつながりませんので、緊急の場合は再度学校よりご連絡いたします。
ご理解・ご協力お願いいたします。
八幡市立学校における電話応答終了時刻の設定について(文書).pdf
遅刻・欠席連絡専用フォームについて.pdf

 

お知らせ

オンラインを活用した学習保障に向けた取組について
まん延防止等重点措置などの国の措置が出ている期間、新型コロナウイルス感染症に関わる自宅待機や出席停止のお子様の学習を保障するために、ICTを活用した課題配信や自宅学習等を実施いたします。
詳細は配布文書または下記のpdfをご参照ください。
オンラインを活用した学習保障に向けた取組のお知らせ.pdf
ミライシード(オクリンク)への入り方.pdf
 

お知らせ

保護者の方へ
「学校生活における児童生徒等のマスクの着用について」

 先日5月 20 日に厚生労働省から別添「マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて」が公表され、
  ・ マスクの着用は引き続き基本的な感染対策であること
  ・ 身体的距離が確保できないが、会話をほとんど行わない場合のマスク着用の考え方を明確化すること
  ・ 就学前の児童(2歳以上)のマスクの着用はオミクロン株対策以前の取扱いに戻すこと
等が示されました。また、令和4年5月 23 日には、それも踏まえて、政府における「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(以下「基本的対処方針」という。)が変更されたところです。これらを受けて、特にこれから夏季を迎えるに当たり、学校生活における生徒等のマスクの着用について改めて御留意いただきたい点をまとめましたので、お知らせします。

なお、新型コロナウイルス感染症にかかる対応について、再度ご理解とご協力をお願いします。

(1)基本的考え方
 今般の基本的対処方針の変更後においても、基本的な感染対策の重要性は変わるものではなく、引き続き、地域の実情に応じた基本的な感染対策(「三つの密」の回避、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い等の手指衛生」、「換気」等)を徹底
していく必要があります。

学校教育活動において、身体的距離が十分とれないときはマスクを着用するべきとしつつ、マスクの着用が必要ない場面として、
・ 十分な身体的距離が確保できる場合は、マスクの着用は必要ありません。
・ 気温・湿度や暑さ指数(WBGT)が高い日には、熱中症などの健康被害が発生するおそれがあるため、マスクを外してください。
・ 体育の授業においては、マスクの着用は必要ありません。
ただし、十分な身体的距離がとれない状況で、十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症になるリスクがない場合には、マスクを着用しましょう。等としてきたところです。

(2)児童生徒の登校について

 ご家庭において、引き続き登校前の検温と健康観察についてお願いするとともに、生徒に発熱・咳・倦怠感などの症状が見られる場合は、登校させないでください。(欠席ではなく、出席停止扱いとします。)登校後に発熱等体調不良となった場合は、速やかにお迎えをお願いします。

(3)学級閉鎖などの対応について

 感染者の感染可能期間(発症から2日前)に、校内での活動がある場合は、以下の状況に該当し、学級内で感染が広がっている可能性が高い場合、当日休日を含み5日間程度学級閉鎖等を実施する

 ①同一の学級において複数の児童生徒等の感染が判明した場合

 ②感染が確認された者が1名であっても、周囲に未診断の風邪等の症状を有する者が複数いる場合

 ③その他、教育委員会が必要と判断した場合


※学校内で感染の恐れがある場合

 お互いにマスクなしで、手が触れる距離で15分以上会話した。

 感染者がマスクを着用せず、手が触れる距離で15分以上会話した。

 例)換気の悪い部屋で長時間遊んだ、大声を出す活動や活動や長時間の運動を共にした。感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば等)に直接触れた等

(4)児童生徒および同居家族の感染が判明した場合の連絡について

●児童生徒本人が陽性の場合、判明次第、速やかに学校に連絡をしてください。

※土日祝日や学校の業務時間外は、新型コロナウイルス連絡専用メール
[email protected](文末QRコード)にて、

教育委員会に学校名、学年組、生徒名、報告者名、続柄
をお知らせください。学校に情報提供させていただきます(児童生徒の陽性時のみ)。

●同居家族が陽性の場合

 生徒本人が濃厚接触者に特定された場合および検査を受検する場合は、学校の業務時間内(平日の午前8時から午後6時)に学校に連絡してください。

(5)生徒や同居家族が、濃厚接触者と判明した場合の対応について

 生徒本人が濃厚接触者の場合は、保健所に指示された日、または陽性者との感染対策を講じた日から7日間、出席停止となります。

 家族が濃厚接触者で発熱など風邪症状がある場合は、出席停止となります。

(6)その他

 感染者や濃厚接触者、医療従事者またその家族等に対する偏見、差別、いじめ、SNS等による誹謗中傷等は絶対に行わないよう、ご家庭におきましてもご注意いただくようお願いいたします。

【文科省】学校生活における児童生徒等のマスクの着用について.pdf
八幡市立男山第二中学校長

 

キャビネット

 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日
 

フォトアルバム

修学旅行

3年修学旅行を開きます。
0枚
3年修学旅行

登録者:八幡市立男山第二中学校サイト管理者 | 2022/06/02(0票)

修学旅行情報

修学旅行情報 >> 記事詳細

2022/06/04

サンセットビーチで昼食!

| by 八幡市立男山第二中学校サイト管理者

12:30 | 投票する | 投票数(5)