〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER44457

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2017/07/03

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「コンビニエンスドロンパ」
作)富安 陽子  童心社



山のコンビニはおばけで大にぎわい!河童、天狗、のっぺらぼうや一反木綿、おばけたちが大集合!



子どもたちはお化けの話が大好きなので 夏になったら読もう、って決めていました。
案の定 知っているお化けを尋ねたら もう大変! みんな口々にどんどん言ってきりがなかった(笑)
音楽付き 電子黒板に映して読みました。



絵もとっても細かく楽しいので 大きく映してよかったです。

2年生
「もうどうけんベルタ」
作)こわせ たまみ    教育画劇



目の見えないお母さんが 一人でも出かけられるように盲導犬と暮らすことを決め、その訓練の日々を描いた紙芝居。



まだ 低学年なので 読み終えたら「おもしろかった」という言葉でしたが、何かしら心に感じるものはあったのかな、と思います。
みんな元気で 不自由のない生活が当たり前のように暮らしているけれどいろんな状況の人がいること、そういうことに気がつく心を持ってほしい、そして 自分も周りの人も大切に思う気持ちを育ててほしいと思いました。



最後は 手遊びをして終わりました。

3年生
「おつかいしんかんせん」
作)福田 岩緒    そうえん社



まさるは四さいのたんじょうびに、しんかんせんをかってもらいました。きょうからまさるはしんかんせんのうんてんしです。トイレにいくときも、おふろにはいるときも、いつでもどこでもしんかんせんにのっていきます。



最初のページに 裸ん坊のまさるの絵。かわいいおちんちんも見えてます。子どもたちはそこに大注目で大騒ぎ(笑)なんだかとってもかわいい2年生です。
お店が近くにない田舎では なかなかひとりでお使いに行く機会ってないので こういうお話もいいかな、と思って選びました。



「しんせつなともだち」

作)ふぁん・いーちゅん  福音館書店



食べる物のない雪のある日。1つのかぶが、うさぎからろばへ、ろばからやぎへと、友達への思いやりの心をのせて届けられていきます。ぐるぐる話の傑作です。

去年、「よむよむ」の別のメンバーに読んでもらっていたようで、みんな「知ってるー!」と。
展開がわかっているので 次を口にする子もいましたが、それでも楽しんで聞いてくれたようでした。

4年生
「よみきかせ おはなし絵本」より
「いっきゅうさん」「ブレーメンのおんがくたい」「かちかち山」


全部知ってる! という子どもたちですが 題名を聞いて知っているつもりでも 忘れている部分も多いようです。そして 何度聞いても飽きないのが 昔話の良さかなぁとも思います。



5年生

「なつめやしのおむこさん」
作)市川 里美  BL出版



アラビアの山のふもとに少年マンスールは暮らしています。
マンスールはやしの木を見上げ、いつもいつになったら実をつけるのだろうと思っていました。
おかあさんに聞いてみると、その木はなつめやしのメスの木なので、オスの木がないと実をつけることはできない、と教えてくれました。
マンスールは、じゃあ、おむこさんをさがしに行こう、遠くの山まででかけることにしました。

世界中を旅し、その経験をベースに絵本を創作している市川里美さん。
この作品は、市川さんが、アラビアのオマーンを何度も訪れて作った絵本です。
中近東というと、紛争が多発し怖い地域と思われがちですが、絵本にでてくるのは、家族を中心に、素朴に、心ゆたかに生きる人たちです。
その土地のなかにある自然や暮らしを大切にしながら、子どもらしく家族を助け、わくわくした心を大切に生きている少年マンスール。
世界のどこに行っても、平和に、けなげに生きる人々がいることをやさしく伝えてくれる作品です。



お話もすてきですが 優しいタッチの絵も とってもいいんです。少年の表情のかわいいことったら!!
5年生ぐらいだったら このお話の深い意味も感じ取ってくれるかなぁ。

6年生
「マザー・テレサ 愛と祈りを込めて」
作)中井 俊巳   PHP研究所



「すべてを捨てて、貧しい人のためにはたらきなさい」
ある時、神様の声を聞き、生涯を神への信仰と、恵まれない人びとの救済に捧げたマザー・テレサ。その生涯を、代表的な場面とマザーのメッセージとともにわかりやすく紹介します。
マザー・テレサ(1910~1997年)は、わが子の幸せをひたすら願う母親のように、苦しむ人のために、どこへでも出かけて行きました。
目の前のひとりひとりを大切な人として、愛と祈りをこめて奉仕しました。
そして、亡くなってもなお、世界中の人々から「マザー(お母さん)」としたわれ、尊敬されています。
きっと、今も天国から、私たちを見守り勇気づけてくださっているでしょう。



「マザー・テレサ」を知っている人、を尋ねましたが 手が上がったのは数人で・・・ほとんどの子が知っているかと思っていたので意外でした。(名前は知っていても 具体的に知らなかったから手を挙げなかったのかもしれませんが)

マザー・テレサの残した言葉がすばらしく ぜひ 知ってほしいと思ったので読みました。
09:53 | 読み聞かせ