PTA News >> 記事詳細

2019/08/29

第62回全国肢体不自由特別支援学校PTA・校長合同研究大会

| by ICT+L14

62回全国肢体不自由特別支援学校PTA・校長合同研究大会

                          

令和元年822日(木)23日(金)に、なら100年会館で奈良大会が開催されました

 

1日目 基調講演では「特別支援教育の動向と肢体不自由教育の充実に向けて」~子どもの学びを支えるために~というテーマで、デジタル教科書の活用の説明や、特別支援学校高等部学習指導要領、学校における医療的ケアの実施、学校の働き方改革等のお話いただきました。

■分科会では、6つの研究協議題に分かれていて、本校は第4分科会「進路」へ参加させていただきました。「子どもも親も主体的に切り開く進路」~福祉事業所説明会「開けてガッテン」の思いを継承して~のテーマで京都府立丹波支援学校が発表されました。

■懇親会では、ベリーダンスショーが行われ他校の保護者の方とおはなしができ楽しい時間を過ごさせていただきました。最後には次年度大会開催校の島根県立松江清心養護学校の挨拶とパフォーマンスがありました。

■二日目 会員研修、テーマは「障害福祉と人格向上」でした。利用者さん本人の歴史を作ること、との熱い情熱を持って、利用者や家族に接しておられる姿には感動を覚えました。引き続き、アトラクション、県立王寺工業高校吹奏楽部による楽しい演奏会、全体会、前日の各分科会の報告と講評がありました。

 充実した内容で令和初の大会としても大変盛り上がった2日間でした。新しい時代がより、障害のある子供達一人一人が自分らしく生きれる社会になること思い、PTA活動をよりよいものにしていけたらと改めて感じられる貴重な二日間でした。この大会開催にご尽力いただきましたすべての方に感謝致します。

 同日、第69回全国高等学校PTA連合会大会京都大会、そして翌日から全国知的障害特別支援学校PTA連合会栃木大会も行われ、本校PTAも参加し、たくさんの学びを得てきました。


13:34