PTA News >> 記事詳細

2018/08/29

全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会京都大会

| by project1

全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会

平成30年度全国研究協議会近畿大会(京都大会)に参加しました

 

8月18日(土)に京都市勧業館「みやこめっせ」、8月19日(日)にロームシアター京都で、全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会京都大会があり参加しました。全国から1024名の参加がありました。大会テーマは、「多様性を認め合い共に育む心のネットワーク~すべては子供たちの笑顔のために~」でした。

 

■全体会・・・行政説明と防災提言がありました。

 

■分科会・・・4グループに分かれて開催され、本部役員は第2分科会と第3分科会に参加しました。参考にしたいと思う内容ばかりでした。

〇第2分科会 <テーマ>共に学ぶ生涯学習活動 ~社会全体で子供たちを育む~

・奈良県立奈良西養護学校

閑静な住宅地の中に開設された学校。地区の行事参加や共同学習など様々な取り組み・交流を通して、徐々に理解が深まっていることに手応えを感じておられるようでした。

・鳥取県米子養護学校

 親子同窓会の活動、父親同士の交流の場として「おやじの会」という活動があり、子どもたち同士・保護者同士の繋がりを大切にし、楽しみながらPTA活動をされていました。

〇第3分科会 <テーマ>安全・安心な場を創る ~もしものときに備えるPTAの活動~

・富山県立にいかわ総合支援学校

地震の少ない県ながら数分で津波が到達する地域であるため、高所に避難できる階段の整備がされ、避難訓練や災害時児童生徒引き渡し訓練が行われていました。

・福岡市立福岡中央特別支援学校

生徒が携帯するSOSファイルの作成や、保護者向けの非常食試食会が実施されていました。非常食は近くのお店で手に入るもので揃えられていて、好みに対応できるよう種類も豊富なのが印象的でした。

 

■講演会・・・テーマ:「生きてるだけで100点満点!」講師:奥山佳恵氏(女優・タレント)

9月で7才になるダウン症の男の子の子育てや告知をされた時の心境、受け入れるまでの心の変化などのお話がありました。共通する点も多く涙する場面もありましたが、奥山さんのように明るく前向きに、何より楽しく子育てをしようと思える素敵な講演会でした。

 今年は京都での開催だったので参加することができ、貴重な経験をさせていただきました。


  
07:23