☆アクセス数☆2738916件(開設 2010年6月1日)
2012年11月16日に50万件、2017年5月10日に100万件、2018年5月30日に150万件、2020年3月27日に200万件突破しました!これからもよろしくお願いします。
オンライン状況
オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人

保護者専用ページへログイン

サイト内検索

更新情報
 RSS

携帯電話でも


上のQRコードより携帯電話でも、
このホームページを見ることができます。
 

【更新】学校からのお知らせ【1月31日更新】

【令和4年度年間行事予定について】
現段階における来年度の年間行事予定(暫定版)です。
大いに変更の可能性があります。ご了承お願いいたします。
R4_年間行事予定.pdf

新型コロナウイルス感染症に関わるオンラインを活用した学習保障について】
まん延防止措置などが発令されている期間、新型コロナウイルス感染症に関わる
自宅待機や出席停止のお子様の学習を保障するために、学年や学級の状況に応じて
タブレットを活用した授業配信や自宅学習を実施いたします。
詳細は下記のpdfをご参照ください。
@オンラインを活用した学習保障について(保護者配布).pdf
@オクリンクへの入り方(保護者配布).pdf

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金について】
 京都府教育委員会からのお知らせです。
 
04_特別相談窓口・個人申請リーフレット.pdf
【追加R4.3.1】厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html
・労働者の方へ:本助成金の申請者は事業主です。まずは、事業主に有給の休暇の取得についてご相談ください。
・以下の子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主を支援します。
1.新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業などをした小学校など(保育所等を含みます)に通う子ども
2.新型コロナウイルスに感染した子どもなど、小学校などを休む必要がある子ども


【新型コロナウイルス感染症に関する学校連絡について】
八幡市教育委員会から連絡があった通り、同居されている方に発熱・咳・倦怠感などの体調不良の場合は登校させず、自宅待機してください。
その他、自宅待機になるケースについて、以下のおたよりやpdfファイルに
まとめておりますので、ご確認ください。必ず一度学校へご連絡ください。
新型コロナウイルス感染症に関する自宅待機・出席停止について.pdf
8月 ほけんだより .pdf

緊急事態宣言・まん延防止等重点措置を受けての学校対応について】
(保護者用)くすのき小学校新型コロナウイルス感染症にかかる具体的対応について(令和3年4月12日Ver.).pdf

【電話対応のお知らせ】

 市立小・中学校における「教職員の働き方改革」の一環として、下記のとおり業務時間外の電話に対しまして、音声ガイダンスによる対応を行っております。

 午前8:00~午後5:00

○電話対応につきましては、時間外は基本行いませんので、
 平日午前8:00~午後5:00の間に再度おかけ直しください。

〇欠席につきましては、時間内に電話していただくか連絡帳にて学校にご連絡ください。

【新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けた文部科学大臣からのメッセージ】

 
新型コロナウイルス感染症を理由とした差別や偏見などでつらい思いをしたら.pdf
 児童生徒等や学生の皆さんへ.pdf
 保護者や地域の皆様へ.pdf

 

 

 

 

 


 

最新記事(5件ずつ表示。過去の記事は次をクリックしてください。)

学校の様子 >> 記事詳細

2022/01/24

3年消防署出前授業

Tweet ThisSend to Facebook | by くすのき小学校サイト管理者

 3年生、先週は消防署の見学に行ってきました。
 今週は消防隊員の方からお話に来ていただきました。

 新型コロナウイルス感染症対策を施しての出前授業です。

 

 見学の時には聞けなかった詳しい話を
 食い入るように聞いています。
 真剣にメモをとる子どもたちもたくさんいました。

 

 火災の時に着る服装のことをご存じですか?
 1200℃の熱にも耐えられる重さ5kgの防火着を着て、
 さらに重さ15kgの空気呼吸器を背負っているそうです。
 

 子どもたちからは、驚きの声あがっていました。

 消防士として大切にしていることは、
 ・ルールを守ること ・人を思いやる気持ち ・仲間との協力
 命がけだからこと、人として当たり前のことを当たり前にできるように
 心がけているとお話されていました。

 みんなも、人として守るべき大切なことを心掛けて、
 これからも元気に安全に過ごしてください、とメッセージをいただきました。

 

 現場で働く人の生の声は、知識理解だけでなく、
 子どもたちの心にも響きます。
 こんな社会状況ですが、子どもたちの生きた学びも大切にしていきたいです。
11:50