ゴリゴリ君〒610-0195 城陽市寺田東ノ口16番地、17番地
 

城陽市の教育施策

城陽市における主な教育施策について、お知らせいたします。
 
教育施策 >> 記事詳細

2019/03/01

「いじめ反対 城陽市ピンク缶バッジ運動」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育課課長

 城陽市いじめ防止啓発運動

   「いじめ反対 城陽市ピンク缶バッジ運動」について

 城陽市教育委員会では、平成31年2月25日より小学4~6年生にいじめ反対の取組として、「ピンク缶バッジ」を配布しました。これは、「いじめ反対」の意思表示をする日「ピンクシャツ・デー」に着想を得た取組みです。2007年カナダのある男子中学生がピンク色のポロシャツを着て登校したというだけで、上級生からしつこくからかわれ、それに耐えられず、家に帰ってしまいました。それを知った2人の上級生の男子生徒が、ピンク色のシャツやタンクトップを用意し、友だちにシャツを着るように依頼しました。すると、翌朝連絡をしなかった生徒にもメッセージが伝えられていて、校内はピンクのシャツや小物を身につけた数百人もの生徒達であふれていました。それ以来、その生徒に対するいじめはなくなりました。この出来事が、「非暴力的でとてもユニークな方法によりいじめをやめさせた」としてニュースに流れ、大きな社会現象となり、その地域の知事が2月の最終水曜日を「ピンクシャツ・デー」と宣言しました。今では、カナダをはじめ世界、日本国内で毎年2月の最終水曜日には、ピンクシャツを着たり、ピンク色のものを身につけることで、「いじめ反対」の意思表示をする日とし、様々な運動に取り組んでいます。

 城陽市においてもこの「ピンクシャツ・デー」について理解し、『いじめは絶対に許されない行為である』ことを自覚し、いじめをしない・許さない言動の実践を図るという目的で、「いじめ反対 城陽市ピンク缶バッジ運動」を実施しております。

 子ども達は、見えるところに「ピンクの缶バッジ」をつけて、いじめ反対の意思表示をしてくれています。




14:04 | コメント(0)