橋立中学校ホームページへ ようこそ 
 

お知らせ

令和3年1月20日(水)・21日(木)・22日(金)

《中間テスト

3年生は3日間、12年生は2日間、中間テストを実施しました。

 テストを通じて、自らの学習の到達度や課題を確認し、今後の学習につなげていきましょう。

 すでに、入試が始まっている生徒もいます。それぞれの希望する進路の実現に向けて…

頑張れ!橋中生!



令和3年1月16日(土)

《土曜活用(学習会)

 土曜日を活用した教育の一環として、定期テスト前の学習会を実施しました。事前に学習したい教科を選択し、教科ごとに分かれて学習しました。各教科ともに集中して取り組むことができました。

 来週の定期テストに向け、継続して学習に取り組んでいきましょう。

頑張れ!橋中生!

〇学習会


令和3年1月8日(金)

《3学期始業式

 あけましておめでとうございます。

昨日は、暴風雪警報のため臨時休業となり、本日より3学期がはじまりました。

 3学期は、とても短い学期ですが、次のステップへの重要な学期でもあります。校長式辞の中で「丑年は、これから発展する前触れ・芽が出る年と言われています。夢につながる道を牛のようにコツコツと積み上げる年にしましょう。」とありました。それぞれの目標に向けて、コツコツ一歩ずつ進んでいきましょう。

頑張れ!橋中生!

〇始業式


令和2年12月24日(木)

《2学期終業式

87日間の2学期が終了しました。例年になく長い2学期となりましたが、さまざまな行事や取組を通じて、「心の財産」を増やすことができたのではないでしょうか。

 令和2年も残すところ1週間あまりとなりました。皆さんにとって、どんな1年だったでしょうか。今一度、この1年を振り返り、自分自身の成長と課題を明確にしておきましょう。

終業式の校長講話の中で、「勇気とは、行動に移すスイッチ」とありました。さらなる成長(なりたい自分)を目指し、目標を立て、それに向かって11日を大切に過ごし、「勇気のスイッチ」を増やしていきましょう。

「一年の計は元旦にあり」

頑張れ!橋中生!

みなさん、良いお年をお迎えください。

〇学年集会

1年生2年生3年生
〇終業式〇伝達表彰

《第1学年 2学期の総括「学年集会」

 2学期が本日で終了しました。2年生0学期として来学期を迎えるにあたって、クラス独自の取組を進め、仲間作りに取り組んできました。

さまざまな人の良いところを発見し、人間関係を広げるために毎日の学校生活を過ごした2学期でした。普段の学校生活と体育祭や文化祭、「オールスター感謝祭」や「GOOD MOTTO(グッドもっと)」、球技大会などの取組や行事を通して、たくさんの魅力が増えました。

次の学期は2年生0学期。頼られる先輩、手本にされる先輩を目指し、新3年生をサポートするだけでなく、新入生を優しく迎え、先輩としてふさわしい言動ができるようにしていきましょう。そのために次のテーマは人間関係を深めること、新しい関係を広げることがこれからのテーマです。たくさんの人が応援してくれる人にみんなの力で成長していきましょう。



《第2学年 学年集会

本日で2学期が終了しました。2年生にとっては体育祭や文化祭だけでなく、丹波篠山市への校外体験学習や、地域の方々にたくさん協力をしていただいた職場体験学習、人権学習と関連させて行った支援学校との交流会の取組と、本当に多くの行事がありました。そんな2学期を通して、学年や学級として成長できたところ、また3学期に向けての改善点を各学級で話合い、出た意見を学年集会で各学級の委員長が発表をしました。

3学期は、この学年から来年度の新生徒会本部役員が選出されます。「リーダーとは」「自律とは」という話を、学年会の最後に主任が行いました。ました。この学年の良さを大切にするとともに、来年度の橋立中学校を引っ張る学年として、みんなの成長を期待しています!

《第3学年 学年集会

3年生にとって2学期は、大きな行事が目白押しの、とても充実した学期でした。先日、班、学級で話し合い活動を行い、2学期の振り返りをしました。そのまとめを、学年集会で各学級の学級委員長が発表しました。「進路実現に向けて、受験生という自覚が足りないので、お互いに声を掛け合うことを意識したい。」「大きな行事で、団結することができたので、3学期もみんなで力を合わせて最高の学期にして、中学校生活の良い締めくくりにしたい。」というような意見がありました。

各学級のまとめの後は、行事の振り返りや、修学旅行についてのインタビューを行いました。「懐かしい!」という声がたくさんあがりました。

 3年生にとって残り3か月はあっという間に過ぎていきます。一日一日を大切に、高めあいながら、日々を過ごしてほしいと思っています。頑張れ!橋中生!

まとめを見ながらしっかりと発表を聞いています。学級委員長が司会・進行をしました。
修学旅行についてのインタビュー!!担任の熱い話も真剣に聞いています。

令和2年12月10日(木)

《丹後のバラ寿司(家庭科)

家庭科の調理実習で、丹後のバラ寿司を作りました。

与謝野町の食生活改善推進員の皆さんにお世話になり、郷土料理の持つ意味や栄養価などについてレクチャーを受けながら、実習を行いました。

128日から2年生の1クラスずつ3日間にわたっての実習でしたが、どのクラスの生徒も熱心に話を聴き、何とか自分たちなりのバラ寿司を作ろうと奮闘していました。

給食でも提供されることのあるバラ寿司ですので、ほとんどの生徒にとっては馴染みのあるものでしょうが、いざ自分たちで作るとなると、知らないことも多いようで、作ってもらうことと作ってみることは大きく異なると実感した様でした。

社会人になるまでに半数以上の人が一度は故郷を離れる当地域ですが、異郷の地で「丹後のバラ寿司」を自ら作って、望郷の念を強くする日が来るのかもしれません。



《加湿器を設置しました。

 空気が乾燥しやすい季節となり、さらなるコロナウイルス感染防止対策が必要となってきました。その中で、橋立中学校PTAより、各教室に加湿器を購入していただきました。

 加湿器を有効活用しながら感染防止の徹底を図っていきたいと思います。

 PTA会員の皆様、ありがとうございました。



令和2年12月9日(水)

《ふるさと俳句 句会

毎年恒例の「ふるさと俳句」に取り組んでいます。ふるさとの良さを俳句で表現し、各学級で句会を開きます。また、1年生の俳句教室でもお世話になっている白數先生に全俳句を見ていただき、最優秀作品を選出し、校門横に掲示します。

五・七・五という限られた字数で、季語を入れてふるさとの良さを発信することはとても難しいですが、じっくり考えて工夫を凝らして素敵な俳句が今年もできあがりました。

季節や故郷の美しさに思いを馳せながら、一文字一文字こだわりながら完成した俳句。句会もとても和やかな雰囲気で、お互いの作品を認め合いながら進みました。

今年度は校門横にどんな作品が飾られるのか、楽しみにしてください。

まずはじっくり作品を見て、三句選びました。
上位五句を学級代表として提出します。終わった後は意見交流をしました。

令和2年12月8日(火)

《第1学年 福祉体験学習「認知症サポーター養成講座」

1年生の総合的な学習の時間「福祉体験学習」では、12月8日()に岩滝あじさい苑、高齢者総合福祉施設虹ヶ丘の職員の方にお話しをしていただき、認知症について正しく理解し、支援の大切さを学ぶ機会を持ちました。

橋立中学校区の特徴として、祖父、祖母と同居している生徒や近くに暮らしている生徒が多く、自分のこととして学ぶことができていました。この講座の学びをご家族の方や地域の方で共有し、誰もが安心して暮らせるまちづくりに生徒自らが関わることができることを願っております。

また、学習の中で認知症の方の気持ちを考える場面もあり、

①本人のペースに合わせる

②本人の思いを理解する

③安心できる環境を作る

④本人の話すことに共感し、受け入れる

ことを心がけることでものごとは忘れても、「優しさ」はずっと残るということを教えていただきました。①~④のことは、認知症の方だけへの対応ではなく、自分の周りにいるすべての人への対応の際に心がけたいものでした。あわただしい生活を送っていると、つい忘れてしまいがちな相手への気遣いや心遣いの大切さを再確認させていただきました。

これまでの学習内容を学年のフロアや各教室で振り返ることができる掲示物がたくさんあります。一人ひとりのたくさんの優しい言葉や温かい言葉を読み返すことで心が澄んでいく感覚を覚えます。また、前向きな言葉は周りを元気にするパワーを生み出しています。

保護者のみなさんには、来週から三者面談で貴重なお時間をいただくわけですが、もしお時間に余裕がありましたら、たくさんの優しい言葉や前向きな言葉に目を通していただき、明日からの活力に変えていただければと思います。よろしくお願いいたします。



令和2年12月6日(日)

はしうど杯(卓球)

12月6日(日)に第36回京丹後市はしうど杯卓球選手権大会が開催されました。その結果を報告します。


男子団体の部第3位

女子団体の部準優勝


男子個人の部優勝吉田 啓史



令和2年12月1日(火)

《第1学年福祉体験学習「聞こえの理解学習」

1年生の総合的な学習の時間「福祉体験学習」では、11月20日()に岡本耕平様(宮津与謝聴覚言語障害者地域支援センター管理者)を講師にお招きし、筆談や手話についての講話や手話講座を実施しました。そして12月1日()は岡本様も所属されている「TeamHot Sign」の方を講師にお招きし、聞こえの理解学習のまとめとして「手話コンサート」を開催しました。

開会式の中では、Team Hot Sign代表の川竹百合子様からこの手話グループを作った経緯や思いを伝えていただきました。また、メンバーの方との手話でのやりとりを通して、耳が聞こえない方の生の声を聞くことができたこと、手話による通訳をされている姿を実際に見ることができたことは、子どもたちにとって大きな財産となるはずです。

手話コンサート本番に向けた4グループでの練習も周りの人を尊重し、思いやりに溢れた雰囲気で進んでいきました。笑顔が溢れ、安心して過ごせる時間の素晴らしさを実感できました。そして、80人が心を一つにし、手話や表情、全身で奏でた「橋立中学校校歌」や「虹」「パプリカ」は体育館を温かい気持ちで包み込みました。声を出さなくても、優しさの輪を繋げ、広げている子どもたちの姿に、無限の可能性を感じました。

自分ができないと救いの手を差し伸べることができず、「助けたいけれど…」、「困っているのは分かっているけれど…」、何もできないという歯がゆい気持ちになります。今回の「聞こえの理解学習」を通して、手話によるコミュニケーション方法に興味を持つことが出来ました。今回の学習を深め、自分の周りの困っている人、不安を感じている人を一人でも多くホッと安心させられる、優しく手を差し伸べられる笑顔のHEROに成長してほしいと思います。


令和2年11月28日(土)

Hashidate Winter School 2020 STAR養成・コンディショニングセミナー

 公立豊岡病院リハビリテーション技術科にお勤めの山田和希様をはじめとする、4名の講師の方々にお越しいただき、「故障しない体づくり、予防対策」や「スポーツリズムトレーニング(STAR)講習」など、コンディショニング講習会を行いました。セルフチェックで自分の体の状態を調べたり、怪我をしにくくなる柔軟の仕方を学んだり、様々なトレーニング方法を実践したり…。野球部、サッカー部、バレー部が、とても生き生きした表情で参加していました。講習の終わりには、部活動ごとに分かれて、それぞれのスポーツならではの悩みに対して、丁寧にアドバイスをしていただきました。

 部活動の時間には、それぞれの種目の練習ばかりしたくなるものですが、「故障しない体」を作るには、ウォーミングアップや、競技後のケアがとても大切だということがわかりました。

 「こんなに右肩の方が固いとは思わなかった。」「教えてくれた、あのトレーニングなら自分の部屋でもできる!」「今日から早速やってみます!」など、多くのやる気に満ちた声を聞きました。

 講師の皆様、貴重な時間をありがとうございました。

どこの筋肉が固いのか、セルフチェックをしました!!


リズムに乗って、様々なウォーミングアップを実践してみました!汗だくです!


親身になってアドバイスをしていただき、ありがとうございました!!


令和2年11月26日(木)
《第3回挨拶運動

 1125日・26日と2日間に渡って本年度3回目の「いじめ非行防止キャンペーン」を実施しました。寒いながらも良い天気に恵まれ、延べ94名もの皆さんに参加していただきました。

大変多くの皆様にご協力をいただき、ありがとうございました。

 本年度については、数少ないPTA行事の一つでしたが、このように分散しながらできる活動を今後も検討していきたいとの声をいただいております。

 その場、その時に応じた取組を考えていただき大変ありがたく思います。



令和2年11月19日(木)
《3年生 幼児とのふれあい体験
 家庭科の時間にかえでこども園にて幼児とのふれあい体験を行いました。3日間、学級ごとにこども園にお世話になりました。こども園から帰ってきた生徒の顔はとても柔らかく、「膝の上に座ってくれた。」「とってもかわいくて、癒された。」という声がたくさん聞こえました。この日のために、手作りメダルを作成したり、読み聞かせの練習をしたりたくさん準備をしました。『相手を喜ばすことを考える喜び』や、『視野を広く、安全等配慮しながら幼児とふれあう大変さ』などを実感できたようです。こども園の皆さん、貴重な体験をありがとうございました。


《よりよい学校生活のために

 10月に行われた生徒大会で、「女子更衣室に時計を設置してほしい。」「新しいほうきを購入してほしい。」という要望があがりました。本部役員と検討した結果、時計を2個、新しいほうきを10本購入しました。本部役員が朝放送で報告しました。「生徒大会での意見を検討し購入が実現したので、今後も意見を出すことを大切にしてほしい。」「新しい道具を、大切に使ってほしい。」という話を、どの学級も真剣に聞いていたようです。時間を大切にする意識を持つこと、掃除をきちんと行いたいという思いを持つこと、改善点を考え、公の場で発信すること…どれもとても大切なことです。

 より良い学校生活を送るために、一人一人が学校のことを考えられるように、今後も「生徒大会」が成長の場になれば、と願っています。

時計は女子更衣室前廊下と図書室に設置しました。念願のほうきです!



令和2年11月18日(水)
《第1学年 テスト前の様子

本日からテスト前部活停止期間となりました。朝練習の時間と同じ頃、学年のフロアには朝学習をする人の姿がありました。

また、テスト対策掲示物のクオリティーも非常に高く、たくさんの生徒が廊下で学習している姿もあります。

各ご家庭でのご指導の成果として、家庭学習の時間が確保できている生徒も多く、着実に授業での頑張りが「基礎・基本の定着」となっているように感じます。また、各クラスの壁には学習時間を競い合い、お互いで良いライバル関係を築くことが出来ています。

さぁ2学期の期末テストに向けて、前向きに努力し合える雰囲気を作っていきましょう。
<
朝学習の様子>

<クラスの壁面>

<学年の廊下>



令和2年11月17日(火)
《与謝地方お話会

伊根中学校で、与謝地方お話し会が開催されました。歴史のある会で、毎年与謝地方のいずれかの学校で行われています。本校の代表者の井上沙英さんは、「平和」について考えたことを、堂々と発表しました。

 祖父から聞いた戦争の話や、自分が読んだ本、修学旅行で学んだことなどから、「平和のバトン」をつないでいこうとする大切さを訴えました。

 思いを形にしたり、伝えたりすることは難しいかもしれませんが、必要な力です。来年度のお話し会も楽しみです。


《弓道②

 3年生の弓道も、ついに的に向かって射る練習が始まりました。射るまで、そして射終わった後の動作を講師の方に教えていただき、体育科の教員や担任と一つ一つ確認しながら真剣に練習しています。休み時間にも、「真ん中に当たった!」「○○くんの動作がとてもきれいだった!」など、弓道の話題がたくさん出ています。

 的を射ることももちろんですが、礼儀作法・心の持ち方・集中することの大切さなど、中学校を巣立っていく3年生にとって特に大切なことを学んでいるようです。

 弓道の時間も残り半分ほどです。どれだけ上手になっていくか、楽しみです。
今後どんどん離れた距離から射ることになります。弓は思ったよりも固かったそうです。

担任も一緒に学びます。



 
令和2年11月15日(日)
《第71回男子・第35回女子京都府駅伝競走大会

 この季節には珍しく暖かな陽気の中、標記大会が実施されました。新型コロナウイルス感染拡大防止の為、無観客での開催となりましたが、選手一人一人が丹後の代表として、精一杯の力を出し切って、走り抜けてくれました。また、サポートメンバーも声を出せない代わりに、メッセージボードを使って選手に力を送っていました。

 この経験を今後の学校生活や来年度の駅伝に生かせるよう願っています。

   < 結  果 >
頑張れ!橋中生!

男子 記録:1時間717
   順位:第24

女子 記録:5107
   順位:第18


令和2年11月13日(金)
《第1学年福祉体験学習「聞こえの理解学習」

1年生の総合的な学習の時間「福祉体験学習」では、京都府北部聴覚支援センターから講師の先生をお招きし、「聞こえの理解学習」を実施しました。

学習の中では、イアーマフを使用した「聞こえにくさの体験」、補聴器の「聞こえ方体験」をし、自分の生活との違いを感じる場面もありました。特に、イアーマフを使用した体験後に感じた聞こえ方の変化による「いつもの環境の音の大きさ」にはどの生徒も驚いている様子でした。普段の当たり前が当たり前だと感じない仲間がいることに気が付いたのではないでしょうか。

また、聴覚に障がいのある方でも、一人ひとりの聞こえ方は違うという話を受け、感じ方の違いは人それぞれであり、普段の学校生活、私生活での何気ない言動が、自分と周りの人では感じ方に差があることを考えることができました。

同じ支援やサポートが必要なのではなく、誰もが公平に過ごすことができる手助けを考え、実践できる「真の平等=公平」という感覚を身に付け、すべての人が幸せに暮らすことができる世の中の担い手に成長してほしいと思います。


《第1学年 英語「学校紹介のウェブサイト」作成

1年生の英語学習では、既習事項だけでなく、辞書と格闘しながら、「体育祭」「文化祭」「校外体験学習」「学校生活」の4つのテーマについて、自分たちの思いを英語で表現してみました。文法やスペルミスなどはありますが、自分たちが伝えたいことを英語にしてみるというチャレンジ精神が旺盛な1年生です。

「書く」という分野は英語学習において多くの生徒が苦手意識を持つ分野ですが、「正しく書く」ということは求めずに、まずは「書きたいことを書いてみる」ことを重点とし、間違いから「学ぶ」姿勢、良いものから「真似ぶ」姿勢を大切に、どの生徒も表現力豊かに伝えようとする気持ちを育てていけるように、これからも挑戦していきましょう。発信力と受信力を兼ね備えた、感性豊かな生徒になってくれることと思います。




令和2年11月11日(水)

《3年生 弓道

3年生は今、総合的な学習の時間で「弓道」を学んでいます。地域の方を講師にお迎えして、弓道の歴史や礼儀・作法も含めて教えていただいています。全部で9時間あるうちの、本日は2回目でした。

 ひもを矢と見立てて基本動作の確認をして、ゴム矢を使って練習しました。「姿勢や、足の開き方など細かいところまで気を付けて練習するので、疲れたけれどとても楽しかった。」という声もありました。実際本物の弓をひくのが楽しみです。
講師の方は袴を着ておられます。かっこいい!真剣に聞いて、練習しています。
体育館シューズは履かずに靴下で行っています。


令和2年11月10日(火)

《入学生 部活動体験②

部活動体験の第2回目が実施されました。

直前まで雨が降っていましたが、体験時間には小康状態だったため、間隙をついて外で実施した部活動もありました。1回目・2回目ともに同じ部活動で体験した人や、異なる部活動を体験した人など様々でしたが、少しでも中学校の部活動を体感できれば良かったです。

 約半年後には、実際に入部していることになるかと思います。青春の1ページを飾る部活動に精一杯励んでいる自分を夢見て、小学校生活を頑張ってほしいです。


令和2年11月9日(月)

《11月朝礼・伝達表彰

11月の朝礼と伝達表彰を行いました。朝礼では、校長から文化祭等行事での頑張りや成長を、今後の生活に生かしてほしいという話がありました。伝達表彰では、駅伝や新人戦、作文コンクールなど多岐にわたりたくさんの人が壇上にあがりました。今年度も半分を過ぎましたが、様々な場所で橋中生が活躍していることを改めて感じ、とても誇らしい気持ちになりました。

後期も多くの「成長」を目指し、がんばりましょう。


令和2年11月8日(日)

《大会結果速報
 第19回丹後カップ中学生バレーボール大会 第3位

《FMまいづる 収録

 過日、FMまいづる局のご依頼を受ける形で、収録に参加しました。

 本校の吹奏楽部の取組を紹介していただく番組に参加させていただけるということで、顧問の長島先生と部長の松井楓果さんがFMまいづる局まで行きました。

 様々な発表の場を制限される中、演奏ではなく話をすることによって、活動の様子を伝えるという慣れない経験だったようですが、現場の方々からは「堂々とした態度でした!」と、部長さんへのお褒めの言葉をいただきました。

 放送は、1213日 1213時と、1220日 同時刻に再放送が予定されています。是非とも、聴いてみてください。



令和2年11月7日(土)
《中学生の主張大会(宮津市)

 みやづ歴史の館で、標記大会が開催されました。本校からは、1年生の岡田 英里さん、2年生の羽渕 真穂さん、3年生の松井 楓果さんが出場しました。

 岡田さん羽渕さんは優秀賞、松井さんは、最優秀賞に当たる市長賞を獲得しました。

 年々、レベルアップする主張大会ですが、今年は特にレベルが高かったとお褒めの言葉をいただきました。

 いろいろな場面で活躍する生徒の頑張りが、地域の励みにもなればと思います。




令和2年11月6日(金)
《3年生 家庭学習お助けプリント

3年生の廊下には、家庭学習の支援をするためのプリントがたくさん置いてあります。理科は「自主勉杯」を開催中!!きっとこれからどんどんマスにスタンプが押されていくことでしょう!

社会は、教科担当の手作り年表が貼られています。「家庭学習で何をしたらよいのかわからない。」という人を中心にプリントを積極的に活用して、学習を進めています。そして、やりっぱなしではなく、きちんと答え合わせをして分からないところを質問するというルーティーンを大切にしています。「自分が理解していないことを知る」ことが学力アップにつながります。

大きな行事を成功させ、成長してきた3年生なら、全員の力で勉強も頑張ることができるはず!教師も精一杯支援します。

棚の中にはプリントがたくさんあります!自分の苦手なところを選んで学習できます。
社会教師渾身の手作り年表!!! 「自主勉杯」優勝はどのクラスかな?


令和2年11月5日(木)

《2年生救命救急講習

保健体育の授業の一環で救命救急講習を実施しました。宮津与謝消防署本部の署員の方に、心肺蘇生法やAEDの使い方を分かりやすく教えていただきました。生徒たちは、人を助けるという強い気持ちを持ち、一生懸命取り組むことができました。

人形を使い胸骨圧迫の実践では、しっかりと圧迫できているかお互いに確認をしたり、班で協力して15分間心肺蘇生を続ける練習をしたり、たくさんのことを肌で感じることができました。

いざという時、勇気を持って行動できるよう、今日学んだことを生かしていきましょう。

15分間の心肺蘇生に挑戦中です。AEDの使い方も教えていただきました。
班に分かれて行いました。


《3年生 薬物乱用防止教室

丹後保健所環境衛生課から講師の方に来ていただき、薬物乱用防止教室を行いました。薬物乱用の怖さを改めて考えることができました。また、もし危険な薬物を勧められたときの断り方を各学級の代表者と担任がロールプレイで実践してみました。

危険ドラッグなどは遠い世界のことではなく、身近にもその恐怖はあります。今後の人生に大きくかかわることです。危ない誘いにはしっかりと「NO」と言えるようになってください。

DVDを見て薬物依存の恐ろしさを再確認。ロールプレイで断りきる練習をしました!
様々な場面を想定してロールプレイをしました。

令和2年11月4日(水)

《第1学年福祉体験学習「アイマスク・手引き体験」

本日は4名の講師の方をお招きし、「見えにくくなってきて見えてきたもの」という講話をはじめ、実際にアイマスクを着用しての歩行体験、手引き体験を実施しました。コロナウイルス感染症予防対策として、一人一つのアイマスクを宮津市社会福祉協議会の方に準備していただき、実施することができました。

講話の際には、網膜色素変性症により、徐々に視力を失っていくことに気付いてからの苦しみや葛藤、その後の希望を持って強く生きる講師の方の姿を目の当たりにし、子どもたちは真剣に話を聴き、一生懸命に考えることができました。

講話後のアイマスク・手引き体験も「怖かった」「難しかった」という一面的な意見ではなく、困っている人が安心できる振る舞い方について考えた意見もあり、障がいのあるなしに関わらず、自分の周りの困っている人に必要な支援とは何かを考えようとする気持ちが高まったことと思います。

今後の福祉体験学習でも、すべての人が幸せに過ごすために、どのような心の在り方であるべきなのかを考え、立場の弱い人に寄り添える大人に成長してほしいと感じました。


令和2年11月2日(月)

《入学生 部活動体験①

本校初の試みの部活動体験が実施されました。

これまでは、体験入学の時に見学のみを実施していましたが、本年度は部活動の体験を行いました。しかも、来週にも実施する予定です。

生憎の雨模様でしたが、様々な場所で先輩や顧問の先生と関わることによって、中学校の部活動を体感することができたかと思います。来週には、基本的に今回とは異なる部活動での体験となります。

この体験では、小学生だけでなく、中学生にも大きな成長が見られました。後輩に教えることの難しさや、練習の意味などを考える機会になった生徒も多くいました。

互いに成長できる良い機会になればいいですね。





《第1学年後期スローガン決定「毎日アップデート~Ver.1.8~」

後期学級委員長会議で2つの目的を達成するためのスローガンを決めました。

①信頼される2年生になるため

②マイナスに考えている人をプラスに考えられるようにするため

ver.1.8へアップデートするとは2年生へ向かうために、「まだ1年生だから・・・」と現状維持に満足するのではなく、今の時点で2年生としてふさわしい言動に近づいていこうという気持ちが込められています。普段の生活を振り返り、言葉遣い・ベル着・ベル準に対する意識を高め、当たり前のことを当たり前でないレベルまで押し上げてくれると期待しています。

また、学校が一人ひとりにとって魅力的な場所となるよう、学年のフロアには「1年生としてのあるべき姿」に近づくため、「ちゃんとする」というあいまいな言葉を具体的な言葉として掲げました。どうあるべきかを自らが考え、正しい価値観のもと、行動ができる1年生になれば、今後の学校生活、福祉体験学習を通して、さらに逞しく、しなやかに成長できるはずです。

合唱の取組を通して、できたことやこれからの課題が明確になりました。普段の学校生活の延長が行事での達成感に繋がることを学んだ、1年生。今後の成長が楽しみです。



令和2年10月31日(土)
《丹後ブロック大会(ソフトテニス)・京都府大会(体操)

1031日(土)に丹後ブロック中学校ソフトテニス新人大会、体操の丹後ブロック体操競技新人選手権大会が開催されました。本校からも、下位大会を勝ち進んだ選手が出場しました。

その結果を報告します。

 

男子ソフトテニス部(京都府大会出場者)

 初級の部 白井 康稀・小谷 宗一郎ペア 第3

 上級の部 小谷 眞士・小長谷 洸太ペア 第5

 

女子ソフトテニス部(京都府大会出場者)

 初級の部 髙岡 琉乃・佐藤 希央 ペア 第3

 

丹後ブロック体操競技新人選手権大会

 種目別 鉄棒 第1位 速石 一輝

 個人総合   第2位 荻野 浬帆

 種目別 ゆか 第1位 荻野 浬帆

  種目別 跳馬 第1位 荻野 浬帆

令和2年10月30日(金)
《令和2年度 橋立中学校文化祭

 体育館の壁面には工夫を凝らした展示物。音楽について、仲間について、改めて考える機会となったお話し会。素晴らしい発音で、気持ちも込められた英語レシテーション。緊張をしながらも、楽しさを伝えようとした職場体験学習や修学旅行のまとめ発表。そして吹奏楽部の発表では、最高のパフォーマンスを発揮し、見ている方もうちわを振って大盛り上がりでした。午前中は、多くの人たちの「前期の頑張り」を見ることができました。

午後の部は合唱コンクールと3年生の学年合唱を行いました。

 コロナ過の中での取組となり、マスクの着用、少人数で間隔を開けての練習など様々な制約があるなかでしたが、生徒たちは自分たちにできること考え取り組みました。

 どの学級も気持ちの入った素晴らしい合唱を体育館中に響かせました。最後の3年生の学年合唱は圧巻でした。

 例年通りではないけれど、橋中全員で作り上げた最高の文化祭になりました!



令和2年10月29日(木)
《合唱練習3

明日は、いよいよ文化祭です。

様々な制限を受けている中で、生徒たちは精一杯の成長を遂げようといろいろな工夫を凝らしながら活動しています。

定番となった屋外での合唱練習。これまでにはあまり見られなかった光景です。歌声を合わせること響きを求めることなど、音楽的なことはもとより、人としての大切なことを学ぶことができればと思います。


令和2年10月27日(水)
《部活動朝練習

新人戦が終わりましたが、そこで課題を見つけ、これからにつなげることが大切だということが分かっている、橋中生。

眠い目をこすりながら登校し、それぞれの部活動に励んでいます。

これから寒さが厳しくなりますが、今のやる気を持続させ、一回りも二回りも大きく成長できるよう頑張りましょう!

教員も精一杯、応援しますよ!!



令和2年10月26日(月)
《合唱練習2

新人戦も終わり、文化祭の合唱コンクールに向けて本気で取り組んでいます。

いろいろな制約がある中で、密を避けるためなら…とグランドで練習しているクラスも! 

できることを考え、自分たちが納得できる…そんな行動が見られたシーンでした。歌声の響きも大切ですが、自分たちの心を揺さぶり、人の心までも響かせることができる…そんな取組になるといいですね。


令和2年10月24日(土)・25日(日)
《与謝地方新人総合体育大会

空模様が心配されましたが、予定通り新人総体が開催されました。

新チームになって初めての大会で、緊張感も大きかったと思います。「先輩のようにできるかな?」と不安に感じたり、「ほかの学校のチームはどうなんだろう?」と分からないことが多かったかと思いますが、そんな中でも精一杯の頑張りを発揮しました。

素晴らしい結果を手にしたチームも多かったようで、これからの成長も楽しみです。

【結果】

野球    初戦敗退   2-6加悦 

サッカー  準優勝    4-2宮津   0-5江陽 

バレー   優勝     予選リーグ  1-2加悦  2-0 栗田

決勝戦    2-0 加悦

バスケットボール

男子    初戦敗退   26-30 江陽 

女子    準優勝    70-12 加悦 29-53 江陽 

ソフトテニス

男子 団体 準優勝

  個人 初級の部 3位 白井 康稀・小谷 宗一郎ペア

女子 団体 優勝

  個人 初級の部 3位 髙岡 琉乃・佐藤 希央 ペア

     上級の部 3位 野口 祥花・奥田 帆香 ペア

 

卓球 

男子 団体 優勝

  個人 優勝  吉田 啓史

準優勝 後藤 奎人     

女子 団体 優勝

  個人 優勝  長井 美海

準優勝 羽渕 真穂


 
令和2年10月22日(木)
《合唱練習

文化祭の合唱コンクールに向けての練習が本格化してきました。

通常の練習では、マスクを着用し、少人数で間隔を空けながらの練習となりますので、例年とは異なった難しさを感じているようです。

体育館での練習は、マスクを取って、間隔を十分に取って歌っています。隣の人・前後の人との間隔が大きいので、心細くなりがちですが、そこは自分の音程を信じて歌うしかありません。

困難な状況で、なんとか現状を打破する工夫をして欲しいと思います。


令和2年10月21日(火)
《入学生体験入学

校区の5小学校の6年生児童80名が、本校で体験入学をしました。

全体会で、中学校生活について説明を受けたり、生徒会本部役員の寸劇仕様の説明を楽しみました。

35分間の体験授業を受け、放課後の時間帯には部活動見学も行いました。約5ケ月後には、新たな気持ちで入学することになるかと思いますが、その時に少しでも不安が少なくなっていればと思います。

11月には部活動体験も予定しております。

6年生の入学への準備が着々と進めばと思います。


令和2年10月17日(土)
《丹後ブロック駅伝競走大会

 1017日(土)、冷たい雨が降る中でしたが、標記大会が開催されました。本校からは、男子2チーム・女子2チームが出場し、男子が6位に女子が3位に入賞しました。

 1115日(日)に丹波自然運動公園で開催される京都府の大会に出場する権利を得ました。

 これまで、様々な場面で支援をしていただきました保護者の皆様、地域の皆様に感謝の気持ちを伝えるとともに、約1ケ月後に開催される京都府大会に向けて今一度走りに磨きをかけていくことをお約束します。

 これまで、たくさんの応援をありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

 

【結果】

           男子 6位入賞(京都府大会出場権を獲得)

           女子 3位入賞(京都府大会出場権を獲得)

 区間賞              矢野 馨裕(男子第5区 2位)

           半海 空亜(女子第1区 2位)

           水口 りな(女子第3区 3位)




令和2年10月16日(金)
《生徒大会

生徒大会を行いました。本部と各委員会の前期のまとめを行い、それに対する質問や後期の活動への要望などを受け、役員が回答をしました。全員一致で議案は承認されました。

 また、文化部部長の文化祭に向けた意気込みや、運動部の新部長による決意表明、各学級の前期総括と後期の目標発表など、盛りだくさんの2時間でした。発表する人の態度も、聴く人の態度も、本部役員のがんばりも、どれも素晴らしかったです。今後も、自分たちの学校のことをきちんと考えていける橋中生でありましょう!

前期委員会のしめくくりです!生徒会本部もビシッと仕切っていました。
学級委員長が賛成者の数を数えています。


《新人戦壮行式

1024日(土)・25日(日)に与謝地方中学校新人総合体育大会が開催されます。

 本日は、その壮行式を開催しました。

 新しいチームのキャプテンは、一様に緊張した面持ちでしたが、それぞれの目標に向かって頑張っている成果を試すときだと頼もしくも感じる決意を述べることができました。

 まだまだ、始まったばかりの新チームですが、試合の結果以上に得るものが多いことを期待しています


【各部の試合会場】

バレーボール                                      大江山体育館

野球                                                  大江山グラウンド

サッカー                                            江陽中学校

卓球                                                  宮津中学校

男子ソフトテニス                                宮津市民テニスコート

女子ソフトテニス                                城山公園テニスコート

バスケットボール                                岩滝体育館

 

※感染症対策のため入場・観戦等が制限されている場合があります。各部の案内文書に目を通していただき、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。


《丹ブロ駅伝壮行式

1017日(土)に丹後ブロック駅伝競走大会が開催されます。

 本日は、その壮行式を開催しました。

 学校の代表として、選ばれた選手もそうでなかった選手も一丸となって、精一杯の走りを見せますと、決意を表明していました。

 当日は、生憎の天候が予想されますが、精一杯の走りを見せてくれることと期待しています。

 感染症対策のため、観戦についても制限がされています。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。



令和2年10月8日(木)
《第2回挨拶運動

107日・8日と2日間に渡って本年度2回目の「いじめ非行防止キャンペーン」を実施しました。2日目は生憎の天気となりましたが、延べ63名もの皆さんに参加していただきました。

大変多くの皆様にご協力をいただき、ありがたく思います。

 早々にいただいた感想の中には、「大きな声ではなかったが、感染症について考えているのだろう・・・」や「コロナのことを考えて、目礼だけを返す生徒もいて感心した。」などと、好感を寄せるものが多かったです。

 11月下旬に第3回を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。



令和2年10月7日(水)・8日(木)
《2学期中間テスト

 2日間の日程で中間テストを実施しました。生徒はみんな時間いっぱいまで集中して頑張りました。定期テストは学習状況を確認する機会でもあります。点数に一喜一憂するのではく、自分の課題を確認し、次に生かせるようにしていきましょう。

頑張れ!橋中生!


令和2年10月1日(木)
《3年修学旅行まとめ

9月27日から2泊3日の修学旅行も無事に終わりました。当日は多くの保護者の方や教員に見送られ、出迎えられ、生徒もとても喜んでいました。班別自主研修で時間に間に合うために猛ダッシュをしたり、広島平和記念資料館でじっくり「平和」について考えたり、ふるさと発信のためにドキドキしながらアンケートをしたり…。みんなで力を合わせて頑張りました。

 旅行中にはルール・マナーについて考えなければならない場面もありました。しっかりと振り返り、最後はみんなとても良い表情で学校に帰ってきました。

「広島に行けてよかった。」「とても楽しかった。」「班員と仲良くなれた。」などなど、たくさんの声を聞きました。保護者の皆様のご支援にもとても感謝しております。

 今日は修学旅行のまとめを行いました。話し合い活動をする中で、改めて自分たちの「成果と課題」を考えられたようです。さらにパワーアップした3年生の今後が楽しみです。

実行委員お疲れさまでした!班の話し合い活動の様子です。
ホワイトボードを活用して話し合い。



令和2年9月29日(火)
《第1学年レクレーション「オールスター感謝祭」

 体育祭リーダー会の中で「体育祭当日に演技ができなかった人と一緒にやりたい」という、心の温まる意見を受け、学級委員長が「たくさんの人に感謝し、みんなが輝く時間を作ろう」と学年レクレーションを企画、運営しました。当日は天候同様、晴れ晴れとした表情でクラスメイトと一緒に幸せな時間を過ごすことができました。

 クラスの特徴を生かした応援合戦。クラスだけの先輩から教わった体育祭の集団演技。密を避けた広いコートでのドッヂボール。学級委員長が引っ張り、どの種目もコロナ禍であることを意識しつつ、仲間の存在を認め、仲間を大切にし、仲間と共に絆を深め合っている姿が印象的でした。各クラスのリーダーも本番だけでなく、この取組を通して頭角を現し、グッと成長することができました。その成長を支えたのは、まぎれもなくクラスメイトのサポートでした。リーダーの提案を前向きに受け取り、共に進んでいく、集団として「挑戦する勇気」には、感動を覚えるほどでした。

体育祭後の取組から今まで、当たり前に仲間と過ごせる学校生活のありがたさを再認識できました。さぁ前期もあと少し。中間テストを節目とし、メリハリをつけると共に、後期の学校生活でも挑戦し続け、関わっていただいた方に挑戦する勇気を与える存在に成長していきましょう。


令和2年9月27日(日)~29日(火)
《3年生修学旅行
 「善大実聞(ぜんだいみもん)~創りあげよう笑顔の旅~」というスローガンを掲げ、3年生が修学旅行に出発しました。
 この3日間は、随時様子を更新しますので、お楽しみにしてください。

【3日目】
⑥18時35分、全員無事帰着しました。弾けんばかりの笑顔笑顔でした!
 今日は、ゆっくり休んで、また学校生活を頑張ってほしいと思います。
 お疲れさまでした。

⑤とうとう修学旅行最後の食事です。この後、バスで帰路に就きます。


④うどん作り体験です。跳んで跳ねて、腰を使ってコシを作ります。






③金刀比羅本宮に着きました。これから、みんなで登ります!




②瀬戸大橋



①ホテルのスタッフの方に挨拶をしてから、参加者全員、元気にホテルを出発しました。これから瀬戸内海を越え、金刀比羅本宮へ向かいます。今日も良い天候です!


【2日目】
⑥無事、ホテルに着きました。
今日一日の振り返りと明日の行程の確認です。明日は、金刀比羅本宮にいきます。


慣れない手つきで、ホテルディナー。


⑤日本三景 宮島







 


④いざ、宮島へ


③午前中のハイライト、錦帯橋です。青空がきれいです!


②お世話になったホテルのスタッフの方に挨拶をして、2日目の行程に入ります。


①ちょっと眠い顔ですが、朝食です。対面しての食事ですが、アクリル板が設置してあります。



【1日目】
⑪待ちに待った夕食です。


⑩これから、夕食に向かいます。広島は、天候に恵まれ絶好の散策日和でした。


⑨資料館で平和学習をしました。
 それぞれが、いろいろと考える機会を得たようです。


⑧平和記念公園で学級写真を撮りました。




⑦班別自主研修がはじまりました。広島は、良い天気です!


⑥昼食です


⑤広島に到着!


④いよいよ新幹線に乗ります



③新神戸駅に到着






②バスで神戸に向かっています


①出発式


 

令和2年9月28日(月)

1年生俳句教室

本校では「特色ある学校づくり」の一つとして、ふるさとの良さを考え、感じることで郷土愛を育む、ふるさと俳句の取組をしています。1年生は、取組の一環として本日より外部から講師をお招きして俳句の基礎を学んでいます。

12月頃には全校生徒や保護者から投句して頂いた作品の中から、優秀作品を選出し、優秀作品は懸垂幕にして掲出します。ふるさとへの思いが詰まった俳句を期待しています。

まずは、基本的なことを学習します。

季語を探すための散策です


令和2年9月25日(金)

《2年生校外体験学習

あいにくの空模様でしたが、2年生が校外体験学習を実施しました。

丹波篠山に行って班別行動の練習や、陶芸体験を行いました。

日常の生活が様々な制限を受ける中、少しでも多くの体験ができるよう、工夫をしながら元気に活動しました。




令和2年9月23日(水)
《修学旅行結団式》

 9月27日からの修学旅行に向けて、結団式を行いました。今年の修学旅行は広島方面に行きます。「善大実聞(ぜんだいみもん)~創りあげよう笑顔の旅~」をスローガンに掲げ、一人一人が自覚と責任を持ち、仲間との大切な思い出を創りあげたいと思います。感染症予防等体調管理には十分に気を付けながら修学旅行で学び、楽しみ、成長することを願っています。

結団式では修学旅行団の団長である校長のあいさつや、各学級、各班の目標、実行委員長の決意などを発表しました。いよいよ修学旅行です。実り多きものになりますように!

団長からの話班長からの目標発表
実行委員、頑張っています!しおりを見ながら真剣に聞いています

令和2年9月22日(火)
《第35回 与謝地方中学校ソフトテニス大会

城山テニスコートで、開催されました。

 結果  準優勝 女子下級の部  髙岡・佐藤  ペア



令和2年9月20日(日)
丹後吹奏楽フェスティバル

京丹後総合文化会館において本校吹奏楽部が出演しました。新型コロナウイルスの影響で、軒並み中止されている演奏会でしたが、本フェスティバルは聴衆を制限した状態で開催されました。部員の家族のみの入場許可でしたが、吹奏楽部員にとって、このコロナ禍においては大変貴重な経験ができたと思います。

困難な状況を乗り越えて、開催していただいた関係者の皆様に謝意を表したいと思います。

また、ご協力いただきました保護者の皆様にも感謝いたします。ありがとうございました。



令和2年9月16日(水)
《これまでの学校生活を振り返って》

学級委員長がこれまでの学年の様子を分析し、「まぁいっか」と見過ごしていたことをそのままにせず、さらに成長するために、「1年生Japan World Cup ~まぁいっかを減らそう~」という取組をしています。

点検項目は以下の通りです。

・やりとり帳の提出(メモを取ること)

・朝読書のスムーズな開始(落ち着いて学校生活をスタートすること)

・授業で使用する用具の準備「ベル準」(学習の定着を図ること)

・後学活前の「ベル着」(掃除後の一日の振り返りをする時間の確保すること)

・マスク着用(気配り・心配りを大切に、集団のモラル向上を意識すること)

班替えをする前後の期間での取組なので、今までの班の集大成、そして新しい班が集団意識を高める最初の取組となっています。大人でもつい「まぁいっか」とやり過ごしていることを学年の仲間と声を掛け合い、タイマーを活用しながら取り組む姿勢を見ていると、どんな大人に成長していくのかが、本当に楽しみです。

普段の学校生活を通して、個性を理解し、優しさを持った支え合いが出来るようになりました。そして、体育祭の各ブロックの取組では、2・3年生の存在のおかげもあり、各クラスの団結力がさらに高まりました。ここからは、72名の1年生全員の力で、もうワンランク当たり前の基準を上げた生活を過ごし、1年生の折り返しに向かっていきましょう。



令和2年9月12日(土)
《第74回橋立中学校体育祭》

 雨の心配がありましたが、絶好のコンディションの中、体育祭を実施しました。3年生を中心に取り組んできた成果を大いに発揮し、大成功の体育祭となりました。

 コロナ過の影響で昨年と違い様々な制限がありましたが、大きな声援ができない代わりに、チームごとに手拍子を揃えチームの気持ちを一つにするなど、随所に工夫が見られる体育祭でした。

体育祭の取組を通じて得たものを、文化祭等でさらに高めていきましょう。

頑張れ!橋中生!


令和2年9月9日(水)
《体育祭予行練習》

 9日に体育祭の予行練習を行いました。雨がぱらつく場面もありましたが、予定通りやりきることができました。入場行進やラジオ体操も、回を重ねるごとに上手になっていきます。声を出しての応援はできませんが、各ブロック、拍手などで工夫を凝らしながら盛り上げています。生徒会種目「橋中2020」のみ全て通してやりました。徒競走あり、跳んだり、くぐったり、運んだり…。とても楽しいレースでした。

 当日も、橋中みんなの力を合わせて体育祭を盛り上げましょう!!!

 新型コロナウイルス感染防止のため、当日は3年生のご家族のみの参観となります。1、2年生の保護者の皆様には申し訳ありませんが、ご家庭で当日の様子等お子様にたくさん聞いていただければと思います。安全、健康面に十分気を付けて体育祭を行いたいと思いますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



令和2年9月3日(木)
《阿蘇海環境学習会》

1年生では、1学期に京都府立丹後海と星の見える丘公園にて「京都自然塾」を受講し、地球や生物誕生の奇跡について学習しました。そして、8月28日()は与謝野町住民環境課の方を講師に招き、より身近な阿蘇海、野田川、大江山の現状と環境保全のための与謝野町の取組について学びました。

また、与謝野町長様、宮津市長様からの2・3年生へ向けたメッセージの中には、1年生に考えてほしい内容もたくさんありました。今後の学習に活用させていただき、より良い未来、そのために今を全力で生き抜くことを、一人ひとりが前向きに考えていくことに繋げていきましょう。

今回の学習を通して、自分たちにできる環境保全・改善のための方法を考え、今できることを実践してほしいと思います。このままだと2050年には大型海洋生態系全体の20%が汚染と富栄養化によって海の環境が劣化してしまうと予測されています。全世界で直面する諸課題の解決を目指した持続可能な開発目標(SDGs)。レジ袋の有料化も「海洋と海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」ための取組の一つです。身近にある取組から、豊かな未来を創っていきましょう。すべての人がその担い手であり、今の中学生のみなさんもその担い手の一人なのです。



令和2年9月2日(水)
《首長対談》

 3年生を対象に、与謝野町長 山添様 宮津市長 城﨑様による対談を実施しました。

 1学期に「総合的な学習の時間」でふるさとに関する学習を行い、ふるさとの良さや課題、発展していくために必要なことなどをそれぞれが考え、それをもとにグループで話し合い、まとめ発表をしました。

 本日の対談は、学習してきた内容をさらに深めることができる絶好の機会となりました。町づくりやこれからを担う中学生たちに「どのようにふるさとに関わってほしいか」など多くの学びがあったと思います。

 本日学んだことを、修学旅行でのふるさと発信や今後の生活の中に生かすことができればと思います。



令和2年8月27日(木)
《体育祭に向けて》

 3年生のリーダーを中心に、体育祭に向けた取組を行っています。今週は、1、2年生のダンスリーダーも加わり、一生懸命ダンスの振り付けを覚えています。密を避けながらの練習となりますが、リーダーが練習方法や声掛けを工夫して行っています。今年度は、新型コロナウイルス感染防止のために、集団演技の中での声出しやペアダンスは取り入れないようにしました。与えられた条件の中で、「できること」を探しながら良いダンスにしようと頑張っています。来週からはいよいよリーダー以外の生徒も参加しての活動になります。水分補給をしっかりとしながら、力いっぱい頑張りましょう。



令和2年8月26日(水)
《与謝野町長 山添藤真 様による講義》

 23年生を対象に、町長様による講義を実施しました。

昨年度の末、コロナウイルス感染拡大防止に係る臨時休業時に、町長様より生徒一人一人に様々な「問い」の入った手紙をいただきました。

本校では、その「問い」に対して、4月の臨時休業時に「テーマ作文」の課題として取り組みました。そして、その「テーマ作文」を町長様にご一読いただき、それに対する感想や、なぜこのような「問い」を出されたのかなどをお話しいただきました。

町長様からは、考えることの大切さを説いていただき、一人で考えそれをもとに仲間と議論することで考えを深めていくことが、これから社会では重要になってくることなど、実際に頂いた「問い」をもとに、お話しいただきました。

生徒にとって、今回の講話は自分の考えを深める良い機会になったと思います。



令和2年8月22日(土)

《生徒会主催「資源回収」》

炎天下は免れましたが、暑い中、資源回収を実施しました。

 大変多くの保護者の皆様にもご協力いただき、多くの資源を回収することができました。

 1学期に予定していた、小学校単位の資源回収が中止されていたため、大変多くの資源を回収することになりました。その分時間がかかり、労を強いることとなりましたが、生徒たちは自分たちの活動のためにと、多くの汗を流しました。

 ボランティア・労働の価値を知り、それをこれからの学校生活に生かすことができればと思います。

 皆様、お疲れさまでした。ご協力いただき、ありがとうございました。



令和2年8月20日(木)
《始業式》

 本日より2学期がはじまりました。例年になく短い夏休みでしたが、登校したみなさんの表情を見ると充実した夏休みを過ごせたようです。

 2学期は、体育祭に始まり、文化祭や各学年の行事などたくさんの取組があります。校長講話の中で「多くの行事を通して、心の財産を増やしていきましょう」とありました。一つ一つの取組を大切にして、心の財産を増やし自分磨きの学期にしていきましょう。

頑張れ!橋中生!


令和
2 年 8 月 1日(土)・ 2 日(日)

《燃えた!泣いた! 丹後ブロック総体》

 過日、丹後ブロック総体が開催されました。全国大会から下部大会まで軒並み中止となる中で、何とかこの大会だけが開催されました。

 休校期間が長く、自宅での自粛が続いていたので、体力的にも技術的にも苦しい思いをした 3 年生が多かったようですが、この大会で一区切りをつけ、次の目標に向かう大きな機会となったようです。

 得点を決め、燃えた夏! 最後の試合に涙した夏!

 みんなの夏は、ちゃんとありましたよ。


【結果】
ソフトテニス女子個人戦準優勝林・小笹ペ ア

ソフトボール団体の部準優 勝

卓球女子団体第 3位

バレーボール団体の部第 3位

他は、惜敗しました。応援、ありがとうございました 。


令和2年7月31日(金)
《1学期終業式・壮行式

 本日、1学期の終業式と明日からの丹後ブロック総合体育大会に向けての壮行式が行われました。休校期間を挟んだ1学期でしたが、前向きに、みんなで乗り越えることができました。ご家庭でもぜひ1学期の振り返りをしてください。自分の成長したところや、課題を見つめ、2学期以降の生活・学習に生かしましょう。

 3年生の運動部にとっては、明日、明後日の大会がこれまでの活動の集大成となります。「もう今から緊張してる!」と、朝何人かの人が言っているのを聞きました。緊張もするし、プレッシャーもかかるとは思いますが、それはどのチームも同じです。最高の笑顔と、粘り強いプレーと、感謝の気持ちを忘れずに頑張ってきてください。

 みなさんにとって「成長の夏休み」になることを願っています。充実した夏休みを過ごしましょう。

いつも集合がとても早いです。運動部へ、校長からの激励です。
部長からの一言。保健委員の「ハンカチ・タオルチェック」の表彰




令和2年7月28日(木)
《1年生1学期を締めくくるために

先週に生徒会体育委員主催の「部活 Go! Go! キャンペーン」を3日間頑張りました。その取組に手応えがあり、1年生の体育委員が「まだ続けよう」と今週も放課後の時間を大切にするための取組を継続しています。

年度当初より、「時間は命」であり、大切に時間を過ごし、豊かな人生にできるよう、仲間同士で声掛けを続けてきました。朝練習に意欲的に参加する姿や、放課後のチャイムとほぼ同時に移動する姿は、さらなる成長を予感させてくれます。

自分たちで「良い」と思ったことを取り入れ、より良い学校生活に変えようと努力することが主体的な活動に繋がります。良い取組が習慣になり、前向きに努力できる集団に成長できるよう、まずは「継続Go! o! キャンペーン」を自分たちの力でやりきり、1学期を締めくくりましょう。


令和2年7月22日(水)
体育祭ブロック・色抽選

 22日の授業後、体育祭のブロック、色抽選を行いました。体育祭は1年、2年、3年の1学級ずつの縦割りのブロックで行います。「ブロックはばらばらだけど、全員が笑顔になれるようにがんばりましょう!」というブロック長の言葉通り、全員の力で体育祭を成功させましょう。

 色抽選では「色決めの神様」も登場し、抽選を盛り上げていました。抽選の結果、

 赤ブロック:3年1組、2年2組、1年2組

 青ブロック:3年2組、2年3組、1年3組

 黄ブロック:3年3組、2年1組、1年1組

という組分けになりました。ブロックとしての成長、学級としての成長、個人としての成長を目指し、「チーム橋中」として体育祭準備に臨みましょう。

1、2年生の代表者による抽選です。 3年は副ブロック長が抽選を行いました。
色決めの神様登場! ブロック長が盛り上げていました!


令和2年7月21日(火)
《3年ふるさと発信発表会》

 3年生は6月から総合の時間に「ふるさと発信」に取り組みました。自分たちのふるさとの良いところを考え、それを他の地域の人々にどうやって伝えていけるか、また、さらにふるさとを発展させていくには何が必要か、などを班員と話し合いながら発表原稿を作りました。ご当地ゆるキャラ作りや廃校をお店にするというアイディアなどたくさんの案が出ました。

 火曜日は学級の代表1班ずつが体育館で発表をしました。発表者も聞いている人もとても良い態度でした。

 今後も、一番近くにあるけれどなかなか見つめる機会の少ないそれぞれの「ふるさと」を大切にしていきましょう。

グラフも用いて説明中! ふるさとの良いところをたくさん見つけました。
今後もふるさとを大切にしていこう!


令和2年7月19日(日)
《炎天下でもコロナに負けない!》

 いつの間にか梅雨が終わってしまったかのような炎天下、陸上記録会が開催されました。練習会と並行して行われましたが、久しぶりに他校の選手たちと顔を合わせ、互いの存在を再確認していた選手が多かったです。

 好記録に恵まれた選手もいましたが、振るわなかった選手も多かったようです。ここ数か月の異常事態を考えると当然とも言えます。今は、コロナ禍に負けないように我慢をしながらの生活ですが、みんなで励まし合って頑張りましょう!



令和2年7月17日(金)

《期末テスト》

 15日(水)から本日までの3日間、期末テストを実施しました。臨時休業に伴う授業時数確保のため、テスト後には通常授業を実施しました。どの学年もよい緊張感の中、一生懸命問題に向き合っていました。しっかりと積み重ねた学習の成果が出ることを期待しています。

 テストが終わると、1学期もラストスパート。良い締めくくりが出来るよう、最後まで気を抜かずに頑張りましょう!



令和2年7月16日(木)
《挨拶運動2》

 2日間に渡って実施した「いじめ非行防止キャンペーン」でしたが、生憎の天気にもかかわらず、延べ70名もの皆さんに参加していただきました。昨年度並みの参加者の数となり、大きな協力を得られたと感じています。

 今回は、コロナ禍と呼ばれる中での実施となりましたので、一堂に会して趣旨説明をさせていただくなどの準備ができませんでしたが、地域の皆様も保護者の皆様も快くご理解を示していただき、生徒も安心して登校することができたようです。

 早速いただいた感想の中には、「生徒たちが、大変爽やかで、気持ちの良い朝でした!」「大きな声での挨拶は、控えているようですが、目礼だけでも十分に伝わるものです。その場に合わせた対応が大切だと思いました!」などと、好感を寄せるものが多かったです。

 また、ご自身の中学生時代を振り返り、大人が今できることを考えなければ…と、自らを振り返るようなものもありました。

 教員も学ばせていただいた感想でした。

 みなさん、ご協力をいただきありがとうございました。


令和2年7月15日(水)
《挨拶運動》

 PTA主催のいじめ非行防止キャンペーンを実施しました。

 京都府下全域で同様の活動が行われており、登下校中の挨拶運動を通して、児童生徒の健やかな成長を見守る運動です。

 715日は、生憎の小雨模様でしたが、保護者の皆さんや地域の皆さんに参加していただきまして、生徒の登校の様子を見守っていただきました。

 マスクをしている生徒が多く、あいさつの声の大きさなども考えている生徒が多い様子が、よく分かりました。



令和2年7月13日(月)

《橋立中学校1年生人権宣言採択》

「自分と他者との違いについて理解する」ことと「より良い学校生活と、自分たちの責任について考える」ことをテーマに第一学年では人権学習をしました。今回の学習を通して学んだことを生かし、日々の学校生活の中で

①正しいことを知ろうとする「学ぶ力」

②何が守られていないのかを見抜く「気付く力」

③学んだことを行動に移し、仲間と共に解決しようとする「許さない力」
  
を身に付けられるように意識を高めてほしいと思います。

この人権学習では、人権とはということから、理想のクラスとはという身近なテーマまで、幅広い分野について一生懸命考えました。そして、世界人権宣言について学び、身の回りの人権、さらには教室の人権について学びを深めることで、自分自身のこととして考える学習になりました。

「つもり違い」で人は傷ついたり、傷つけたりしてしまいます。誰もが人を傷つけないつもりで言動できる優しい心をこれからも大きくしていきましょう。

各クラスで人権が守られた理想の学級について話し合い、3クラスごとの思いの込められた人権宣言を作成しました。どの項目も、みんなの「当たり前を守る」ために必要なもので、この人権宣言を意識することで、さらに素敵な大人へ成長してくれることを楽しみにしています。

 

令和2年7月9日(木)

《ゆっくりすてきな大人になろう》

 本日、3年生は木村診療所の助産師の木村先生をお迎えして、「ゆっくりすてきな大人になろう」というテーマで講演をしていただきました。

 「命」はかけがえのない尊いものであることや、人を好きになること、相手を大切にすることなど、とても大事なことを考えるきっかけになりました。

 「性別に関係なく、体のつくりを知ることは必要だと感じた。」「嫌われるのが嫌だからきちんと自分の気持ちを伝えることができるか不安だったけれど、アンケートの結果を見て、自分が思っているほど、素直になっても嫌われることはなさそうだと感じて安心しました。」など、終わった後もしっかりと感想を書いていました。

 自分の命も、相手の命も、まだ見ぬ命も大切に。心にしっかりと留めて生活していきましょう。

 木村先生、すてきなお話、ありがとうございました。

みんな真剣に聞いていました。心臓の音を聞きました。
YES・NOクイズ、盛り上がりました。


《"Study Street"が賑わっています》

いよいよ1学期期末テストが近づいてきました。学級委員長がカウントダウンアーチを作成し、前向きな雰囲気作りをしています。学年への階段を上ると、「定期テストまであと何日」というメッセージが1年生を迎えてくれています。

また、学年のフロアには、学年の仲間が休み時間を使ってテスト対策ができるよう、学習係が一問一答形式の予想問題を作成し、掲示しました。隙間の時間を有効に活用することで、一人ひとりの理想の自分に一歩ずつ、着実に近づいています。

1年生では、「道具を正しく使うこと」が大切だと話をしています。「テスト」という言葉は、ついマイナスのイメージになりがちです。しかし、準備がしっかりと出来た人にとっては、「よし、準備できた。今回はできる」という、自分に自信を持つことができる道具にテストがなると考えます。結果を目標にするのではなく、テストを使ってどんなことをできる自分になりたいのかということを目標にすると、テストを使って、今までの学習の振り返りだけでなく、この期間の努力で自分自身を成長させることができます。

一人ひとりがテストへの意識を変え、当日までにしっかりと準備ができるような計画性と実行力を身に付けましょう。そして、なりたい自分になるために自分を磨いていきましょう。


令和2年7月8日(水)
《喫煙防止教室》

 本日、2年生を対象に「喫煙防止教室」を実施しました。

 タバコフリー京都(NPO法人 京都禁煙推進研究会)会員の内科医土井先生、与謝野町保健課の保健師さんにお世話になり、「タバコが体や脳に与える影響」についての講話を聴きました。また、体験学習として、喫煙防止に関わる川柳を書いたり、実際にタバコの誘いを受けたときの断り方を考えたりしました。

今回の講演で学んだことを、自分だけではなく家族や周りの人たちとも共有できるようにしてほしいと思います。


令和2年7月7日(火)
《星に願いを》

 7月7日は七夕でした。給食も「お星さまハンバーグ」や「七夕そうめん汁」・「七夕ゼリー」など季節感のある献立でした。

 生徒昇降口と、1年生の廊下にとても素敵な七夕飾りができました。「何事も笑顔で終われますように。」「仲間のために頑張れる学校になりますように。」「最後の大会、優勝して笑顔で終われますように。」などの願いが掲げられていました。

 1年廊下の七夕飾りは、1年生らしいかわいいものがたくさんありました。勉強のことはもちろん、部活動を頑張りたいというような短冊が多くありました。

 雨の日が続きますが、橋中パワー全開で元気よくがんばりましょう!!

短冊以外の飾りも作りました!生徒昇降口になるので是非見てください!
1年生の七夕飾りは3階廊下にあります。みんなで協力して飾りつけをしました。

《校外体験学習の集大成「壁新聞」》

校外体験学習を振り返り、一人ひとりがまとめた資料を活用し、壁新聞を作成しました。どの班も個性あふれる作品に仕上がっています。この壁新聞の作成で校外体験学習の取組を一区切りとし、いよいよ1学期期末テストに向け、学年として前向きに努力ができる雰囲気を高めていきたいと考えています。

誰かの前向きな姿勢や言動で雰囲気が高まり、誰かの何気ない、消極的な姿勢や言動で一気に雰囲気が崩れてしまうのが集団です。一生懸命な姿が仲間を勇気づけ、支えていることを忘れず、一人ひとりが「優しさ」や「明るさ」を大切に「メリハリ」のある学校生活にできることを期待しています。

校外体験学習や学年・学級の取組の成果として「みんなで頑張ろうと努力できる集団の雰囲気」を大切に、「授業でわからないところを仲間同士で教え合うことができる」集団に成長しています。




令和2年7月6日(月)
《これまでの学校生活を振り返って》 

 校外体験学習を終え、学級委員長が各クラスの現状を振り返り、「私語」「マイナス発言」「暴言」の課題がみえました。意識しないとマイナスの部分が見えてしまいますが、それ以外のクラスの良さに目を向けることができるよう「クラス対抗 言葉遣い選手権」の取組を行いました。クラスメイトの一日の様子を次の3つの項目でチェックしました。

1.授業中に私語をするのではなく、発言や挙手をしようと努力できたか

2.学校生活を通して、自分へのマイナス発言ではなく、仲間への声掛けができたか

3.学校生活を通して、仲間を傷つける暴言ではなく、優しい言葉掛けができたか


 学級委員長の振り返りも前向きな言葉が多く、仲間を勇気付けるものとなりました。つい、見逃してしまう仲間の良い部分に気付き、相手を大切にできる優しさ。そして、それぞれの課題を、仲間の力を借りながら克服しようと努力できる強さ。どちらも兼ね備えた素敵な中学生、大人に成長してほしいと思います。



令和2年7月3日(金)
《3年生授業改善の取組》

 3年生は、学級委員長会を中心に授業点検を行っています。初めての共通テストを終え、自分の進路をみつめたり、学習の仕方を振り返ったりと、変化がみられる人がたくさんいます。授業点検では、提出物などの忘れ物がないか、積極的に発言しているか、私語はないかなど5つの項目について授業終わりに教科担当の教員が〇×でチェックしています。学級ごとに、リーダー会で改善策を話し合い、工夫を凝らしながら取り組んでいます。5つの項目があるので、なかなかパーフェクトを出すのは難しいですが、徐々に〇の数が増えてきています。

 「受験は団体戦!」という言葉を胸に、一致団結する時です。もう期末テストまで2週間です。定期テストと受験勉強を並行して頑張りましょう!

工夫を凝らして授業改善を目指しています。担任も真剣に、ともに頑張っています。
厳しいジャッジに負けずに頑張ろう!

令和2年7月2日(木)
《部活動の朝練習本格化》

 71日より1年生も部活動の朝練習に本格参加することになりました。

 もちろん学習活動に支障が出てはいけませんので、睡眠をしっかりとって規則正しい生活をした上での参加となります。

 それに伴い、登下校時に体操服での登校も認めています。生徒たちからの意見もあり、更衣室等での密集を避ける目的があります。

 これまでとは少し異なる生活様式となりますが、随所随所に工夫を凝らし、みんなが少しでも安心安全に生活できるように努めていきたいと思います。



令和2年7月1日(水)
《講和学習(障害者理解)をしました》

今回の講話は、与謝の海支援学校の先生による障害者理解でした。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため密集を避け、2・3・4時間目に2年生の各教室で開催しました。

与謝の海支援学校の生徒の皆さんが、どんな日常を過ごされているのか、どんな行事やイベントを開催されているのか、知りました。障害について学び、与謝の海支援学校を身近に感じ、秋の交流会が早く来ないかと思う生徒もいました。

講師の先生がお帰りの際に、2年学年委員長・副委員長からみんなが作った紹介新聞とメッセージビデオを渡しました。



令和2年6月30日(火)
《橋中部活動13箇条!》

 過日掲載しました「橋中部活動13箇条」ですが、各部活動とも日々日々改良を加えながら、活動を行っています。

 感染者が増えつつある地域があるとの報道もありますが、本校でも気を抜かず、安全安心な学校生活が送れるよう、みんなで協力しています。

【橋中部活動13箇条】

その1 人との距離を保ち、人の心とは密になる。

    ~仲間を守るために距離をあける~

その2 どんな状況でもポジティブ思考を忘れるべからず。

  ~コロナウイルスに気持ちで負けないように。「頑張れない言い訳」にしない!~

その3 橋中全体でコロナ感染予防を心がけるべし。

その4 集団としての向上・技術向上に励むべし。

    ~部活ができることに感謝しよう~

その5 プレー中以外はマスクを着用すべし。

その6 換気・消毒・手洗い・水分補給を忘れずに行うべし。

その7 声かけがなくてもダラダラするべからず。

    ~けがをしないように、集中してテキパキ動こう~

その8 モチベーションはチーム全体であげ、一つ一つの練習に全力で取り組むべし。

その9 礼儀を重んじ、きれいな礼で敬意を表すべし。

その10 しんどいときは我慢せずにすぐに言うべし!

その11 応援は拍手等工夫して気持ちを表そう!

その12 道具の貸し借りや水の回し飲みはするべからず。

その13 私たちにしか作れない「伝説」を作ってみせる!



令和2年6月23日(火)
《与謝の海支援学校との交流会》

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年実施している2年生の交流会は、実際に対面して行うことは中止となりました。与謝の海支援学校の生徒の皆さんとの交流を行い、互いの違いを学んだり、できることは何かという大きなテーマを考えたりする絶好の機会ですので、本年度は形を変えて交流を図ることとしました。

 今は、壁新聞づくりに励んでいます。グループの写真を載せたり、文字の大きさや文章表現についても多角的に考え、「伝わりやすい」新聞を目標にしています。

 今はやりの「リモート交流」ができればと考えています。


令和2年6月22日(月)
《高校説明会を実施しました》

622日に公立高校説明会を実施しました。615日の私立高校説明会に引き続き、3年生の生徒はとても真剣に話を聴いていました。説明会を終えての感想をいくつか紹介します。

「それぞれの高校に色々な良さがあることがわかりました。『友達が行くから。』とか『親に言われたから。』とかではなく、しっかり『自分が』行きたいところを選ぶのが大事だと思いました。」

「似ているところも、違うところもそれぞれあるので、自分の目的や夢に合わせて志望校を決めていきたいです。」

3年生になり、自分の進む道について考える機会が増えました。半年後の自分が、どんな決断をしても良い様に、しっかりと学力を貯めていきましょう。

保護者の皆様もたくさん来ていただき、ありがとうございました。ご都合がつかなかった保護者の方も、生徒が各校のパンフレットを持って帰っていますので是非たくさんお話をしてください。

高校の先生方、熱のこもったお話をしていただき、ありがとうございました。

 距離はあっても熱は届きます!! 

《理想の集団へ大きく前進、校外体験学習》

「仲間のことを、今よりも大切にできる関係作り」ということを最大の目標とし、今だからできることに全力で取り組み、今だからこそ守るべきルールやマナーをしっかりと守り、今しかできないことを目一杯楽しみながら、活動することができた一日でした。

また、「誰にも嫌な思いをさせないつもり」で発言や行動をできるよう、一人ひとりが自分の言動に責任を持つ機会となり、仲間を気遣う姿勢が多くみられました。普段の学校生活では感じられない、仲間の良さを発見できた一日でもありました。

今回の経験を生かし、小学校とは違う、橋立中学校の生徒として、ふさわしい行動や態度で、先輩方が築いてきた伝統を守り、より誇りを持てる学校にするため、まずは誰もが安心・安全に生活できる学年、そして挑戦し続けられる学年になってくれるはずです。


令和2年6月19日(金)
《頑張る先輩の姿に》

61日から本日までの3週間、未来の教師を目指して本校の卒業生3名が教育実習を行いました。初めての経験の連続で、戸惑いもあったと思いますが、一生懸命に頑張る姿が印象的でした。生徒にとっても、身近な先輩の夢に向かって頑張る姿から大いに刺激をも受けたことと思います。
夢に向かって、頑張れ!橋中生!


《1年生 校外体験学習》

天候が心配される中、なんとか校外体験学習を実施することができました。

丹後海と星の見える丘公園にバスで向かい、環境や自然について学習しました。快晴!とはいきませんでしたが、気持ちは晴れ晴れ。

現地のガイドの方からの話に耳を傾け、昆虫や植物に目を奪われ、肌寒いくらいの風を感じた1日でした。「新しい生活様式」を取り入れながらも、また一歩日常を感じることができた1日でした。

たくさんの皆様にご協力いただき、校外体験学習を実施することができました。本当にありがとうございました。


令和2年6月17日(水)
《いよいよ校外体験学習》

5月21日に学校が再開してから今まで、仲間との時間が、どれほど大切かが実感できた1年生。学級委員長が学年の理想の姿をイメージし、学年目標を完成させ、その目標を達成するために一歩ずつ成長してきました。

いよいよ、環境学習と集団作りのために、京都府立丹後海と星の見える丘公園にて校外体験学習を行います。この校外体験学習では、各小学校の枠を越え、仲間と共に学び合い、支え合うことで、学級や学年の仲間と絆を深めてほしいと思います。

準備は万端です。後は天候を祈るばかりです。どんな天候の中でも全員が前向きに取り組むことで、目標を達成でき、良い思い出になればと思います。



令和2年6月16日(火)
《橋中部活動13箇条!》

 先日、校長が「部活動の新しい様式」について話をしました。

それを受けて部活動の部長会を開き、「橋中部活動13箇条」を作成しました。

始めは新しい様式に戸惑う様子もあった部長たちですが、話し合う中で「できないこと」「やってはいけないこと」だけではなく、「自分たちが大切にしたいこと」「形を変えて続けていけること」について議論することができました。

 みんなで考えた「橋中部活動13箇条」は、生徒昇降口付近に、生徒会本部役員の人たちがレイアウトにもこだわり掲示しました。

 みんなでこの橋中部活動13箇条を守りながら部活動に励みましょう!

 橋中部活動13箇条! 保健委員も啓発ポスターを作りました。


令和2年6月15日(月)
《私立高校説明会》

 今週は私立高校の説明会がありました。暑い中でしたが、みんなとても真剣に話を聴いていました。来週は公立高校の説明会や共通テストが実施されます。3年生にとって、今年1年は自分と向き合い、自分の未来を考える大切な「時」です。他人の話からも積極的に「知識」を吸収し、自分を育てていきましょう!

 ご来校いただきました高校の先生方、分かりやすい説明をしていただき、ありがとうございました。



令和2年6月11日(木)
《朝練習も再開!》

本日より部活動の朝練習を再開しました。自主活動ではありますが、多くの生徒が朝から元気に頑張りました。

朝練再開にあたり、昨日部長会を持ちました。校長から「新しい生活様式を意識し、各部活動の新しい伝統を築き上げて下さい。」と伝えました。それを踏まえ、各部活動で「新しい伝統」を築くべく、話し合いを繰り返しながら部活動が進められています。

少しずつかもしれませんが、日常が戻ってくる喜びを感じながら、活動してきましょう。頑張れ!橋中生!



令和2年6月9日(火)
《中間テスト!》

学校再開から約3週間。本日より中間テストです。

静かな空間にペンの音だけが響いています。集中してテストに取り組んでいる姿がとても素晴らしいです!

臨時休業中もそれぞれが学習に励み、学校再開後も授業や家庭学習を頑張ってきたことでしょう。その成果を十分に発揮してください。

頑張れ!橋中生!



令和2年6月8日(月)
《中間テストに向けて》

中間テストが6月9日と10日に行われます。それに向けて、各学年学習係が中心となり学習意欲を上げる取組を行っています。

3年生は、各教科の学習係が一問一答形式で問題を作成し、廊下に掲示しています。休み時間や歯磨きの時などに「これわかる!」「えー、なんやったっけなぁ…」とみんな楽しそうにチャレンジしています。

長い休校期間を挟んでの1学期中間テストです。学習してきた成果が十分に発揮されることを期待します。

 きちんと覚えているかチェック!!昼休みに歯磨きをしながら… 
 5教科あります! 


《コロナ禍であっても、学校生活に潤いを!》

 過日、与謝野町婦人会の皆様からプランターを寄贈していただきました。毎年のようにいただいておりますが、本年度は特に心に染みます。

 通常通りの生活がままならない状況に潤いを与えていただき大変感謝しております。

 目で見て、心で感じて、人に優しく…。そんな生徒たちとともに楽しませていただいています。



令和2年6月5日(金)
《楽しい給食!》

これまでであれば、生活班ごとに机を合わせてワイワイとお話をしながら給食を食べていましたが、学校再開後は、感染拡大防止のためし、全員前を向いて静かに食べています。

これもまた「新しい生活様式」ですね。

楽しさは、少し減ってしまうようにも感じますが、通常に近い生活ができることに感謝ですね。


令和2年6月3日(水)
《新しい生活様式を考えながら…》

 学校が再開され2週間程経ちました。

 『3つの密』を避ける工夫を行いながら教育活動を行っています。

 スクールバスは、学年ごとに乗車するなど分散乗車をしています。そして、運転手さんの許可を得て、窓を開けての換気に努めています。

 部活動の際は、更衣場所を増やすことによって密集しないように工夫をし、徒歩通学の生徒は、活動後は更衣をせずに体操服のまま下校しています。

 今後も様々な工夫をしながら教育活動を行っていきたいと思います。


令和2年6月1日(月)
《独唱?いやいや合唱の練習です!》

音楽の授業では歌唱指導が必須です。肩が触れ合うほどの距離で、大きな声を出し…。そうすると、感染症の心配が!

このような場面でも密集を避けるために、音楽の授業ではありますが体育館で行いました。
 十分にSocial Distanceを取りながらピアノの伴奏に合わせて、練習が始まりました。隣の人や後ろの人の声が聞こえにくく、まるで独唱しているように感じる生徒もいたようですが、「できない」と考えてしまいがちなことでも、工夫をすれば「できるかも!」と考えることが大切だと思います。

苦境に立たされているからこそ出てくる工夫を大切に学校生活を充実させていきたいと思います。


令和2年5月28日(木)
《新しい生活様式》

 全国的に緊急事態宣言が解除されましたが、すぐにこれまで通りの生活ができるわけではなく、「新しい生活様式」を求められています。

 学校においても、様々な工夫を求められる場面があり、少しでも感染リスクを軽減できるように工夫を凝らしています。

 校内に様々な励行ポスターを掲示しており、お互いに気を付けられるようにしています。また、授業中でもマスクをしたまま同じ方向で授業を行ったり、グループワークの時にも、席をわざと離して向かい合わせたりと、できる工夫が見受けられます。

 『模範解答』は、なかなか見つからないかもしれませんが、より良い解答になるよう、生徒たちとも知恵を絞り合って難を乗り切りたいと思います。

 頑張っていますよ!橋立中学校!!

 手洗いを30秒かけてしましょう!「三密」を避けて 
 歌唱指導も、マスクをして… グループワークも机を離して…


令和2年5月25日(月)

《授業再開!》

 緊急事態宣言が解除され、徐々にではありますが日常が戻りつつあります。

 本校においても、先週の木曜日(521日)から、授業が再開されました。

 これまでとは異なる生活様式が求められており、「すべてが今まで通り…」とはいきませんが、3つの密を避けながらの教育活動を再開しています。

 体育の授業においても、集合時でさえ、Social Distance(社会的)に注意しながら指導・指示をしています。

 ちょっと寂しい気もしますが、今は仕方のないことと受け止め、社会生活を営むことができることのありがたさを実感しているところです。


令和2年5月21日(木)

《頑張ろう、橋立中学校!》

  本日より学校が再開され、非日常的な状況ではありますが、改めてスタートを切った感じです。

 臨時休業中の登校日に3年生の生徒を中心に、橋立中学校を自ら応援しようと、全校生徒に向けて掲示物を作成しました。

 体育館への廊下に掲示しており、日常を取り戻せていない中ではありますが、笑顔を忘れず、頑張っていこうとみんなを元気づけています。

 心に抱いている思いを表現し、互いが互いに元気づけられるようになってほしいと思います。

 みんなで笑顔を取り戻しましょう!



令和24月21日(火)

《休校になるけど、がんばろう!》

 全国に緊急事態宣言が出されて、本校でも明日から休校となります。

 とっても残念なことは確かですが、残念がるだけでは何も生まれないので、この機会に自分自身を振り返り、自分の住んでいる環境を振り返り、地域に支えられていることを再認識し、生徒会としてみんなの一致団結を促すような看板を作りました。

 限られた時間での制作でしたが、グラウンド横のネットのところに掲出していますので、見ていただけると幸いです。



令和249日(木)

《部活動の環境整備》

 まだまだ予断を許さない状況ですが、懸命に日常を取り戻そうと、少しずつ学校生活を回復させています。

 今日は、部活動の時間を利用して環境整備に努めました。グラウンドは勿論のこと、グラウンド外の溝掃除まで。活動できることをありがたく思い、少しでも社会貢献をすることの大切さを学ぶ機会となりました。

 


令和2年4月2日(木)

《部活動、再始動!》

 長らく休止をしていた部活動を再始動させました。

 体育館で活動する部活動数に制限を加える等、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながらではありますが、久しぶりにみんなで体を動かしたり、心を通わせたりすることができました。

 終始和やかな雰囲気で、顧問の先生にも笑顔がこぼれていました。
  まだまだ油断してはいけない状況ですが、少しずつでも「日常」が取り戻せるようみんなで協力していきましょう!