本文へスキップ
ホーム 展示予定 文化財セミナー 講演会等 館の概要 利用案内
出前講座
ミュージアム連絡協議会 友の会
いずみの会
万葉歌碑

館の概要

設置目的
山城郷土資料館は、南山城地方の特色ある歴史と文化を、考古・歴史・民俗の各分野で調査研究し、こうした風土と文化がつくられた歴史的背景と変遷を明らかにするとともに、その成果を体系的に展示・公開していくことを通じて府民の歴史学習を深める場とし、また、貴重な文化遺産を永く保存することを目的としています。
山城郷土資料館外観
業務
主な業務

1 資料の調査、研究、収集、整理、保存(考古、歴史、民俗)

2 資料の展示及び利用  常設展示、特別展示(年1回)、企画展示

3 普及活動  文化財セミナー、体験歴史教室、文化財相談、友の会

京都府立山城郷土資料館友の会
本会は山城郷土資料館の事業の普及に寄与し、あわせて会員の教養の向上を図ることを目的として、郷土資料の調査、研究、鑑賞、研究会・講演会の開催等の事業を行っています。
 会費:2,000円(前納制、入会年4月1日から翌年3月31日まで有効)
 入会随時。ただし、年度途中加入の場合も会費は全額いただきます。
 入会申し込み、お問い合わせは資料館友の会事務局(Tel.0774−86−5199)まで。
 会員の特典

1 会員証の発行  会員証で無料入館することができます

2 催し物等の案内  館主催の特別展・企画展・講演会・セミナー等を案内します

3 「友の会ニュース」の送付  会員の研究や近況・活動内容などを掲載しています

4 図録の贈呈  館の展示図録をさしあげます

5 見学会の実施  優れた文化財や博物館・資料館を見学します

6 会員研究交流会の開催  研究発表や聴講をすることができます

山城郷土資料館ボランティア「いずみの会」
本会は自主的なボランティア活動をとおして山城郷土資料館の活動に協力し、もって南山城地方の歴史と文化に対する理解と関心を深め、地域文化の向上と振興に寄与することを目的として、来館者に対する展示案内・解説・南山城地方の歴史および文化財の紹介、資料館の普及活動への協力、図書・新聞等各種資料の整理、館内外の環境美化活動、友の会活動への協力、会員相互の研修等の活動を行っています。
 年会費:1,000円(年度途中(10月1日以降)に会員となった者は半額)
 入会には、資料館の実施するボランティア養成講座の修了が必要です。
 お問い合わせは資料館いずみの会事務局(Tel.0774−86−5199)まで。