本文へスキップ
ホーム 展示予定 文化財セミナー 講演会等 館の概要 利用案内
出前講座
ミュージアム連絡協議会 友の会
いずみの会
養生の芝

平成28年度の展覧会

春の企画展 
寺小屋から学校へ 南山城の学びの世界
平成28年4月23日(土)〜6月26日(日)

南山城地域では、江戸時代の寺子屋や明治以降の学校で、多彩な教育が行われました。寺子屋の手習い手本や戦前の小学生の教科書や作文集など、特色ある学びの姿を展示します。

  【主な展示品】
 寺小屋の手習い手本類
 女子教育の手本『女大学』
 蘭学者藤林普山の『訳鍵』
 城南囲碁の番付表
 児童の作文集『いづみ』 『いずみ』など
 
 
 寺小屋手習い帳
女大学宝箱
「いずみ」第1集
【文化財講演会】 講演会:5月21日(土)午後1時30分から 

      「南山城の学びの世界 戦前戦後の小学校を中心に」 元山城町教育委員会教育長 中津川敬朗 氏

【文化財連続講座】 第2回 6月11日(土) 午後1時30分から 
      「南山城の学びの世界」 当館資料課 田中淳一郎
【列品解説】 4月24日(日)、5月29日(日) 午前11時から 
夏の企画展 
相楽木綿10年のあゆみー復元と伝承の取り組みー
平成28年7月9日(土)〜9月4日(日)

明治時代から昭和10年代にかけて木津川市相楽地区で生産されていた「相楽木綿」、その復元と伝承に取り組んで
きた「相楽木綿の会」の10年間の活動と作品を紹介します。

 相楽木綿
 【文化財講演会】 7月16日(土) 午後1時30分から

     「相楽木綿と大和機-そのルーツを求めて-」 帝塚山大学名誉教授 植村和代 氏

 【列品解説】 7月10日(日)、7月31日(日) 午前11時から
 【文化財連続講座】 第3回 7月9日(土) 午後1時30分から
     「相楽木綿の会のあゆみ」 (仮題) 当館資料課 横出洋二 
京都発掘だより2016
 平成28年9月17日(土)〜10月2日(日)

平成26・27年度に京都府内で行われた発掘調査の成果を紹介します。

秋の特別展
山城の二大古墳群〜乙訓古墳群と久津川古墳群〜
 平成28年10月15日(土)〜12月4日(日)

乙訓古墳群と久津川古墳群は巨大古墳を有する山城の代表的な古墳群です。
今回の展示では、両古墳群の変遷や山城における歴史的意義について紹介し、古墳に埋葬された首長たちの
動向を探ります。

 
 史跡整備された恵解山古墳
 
  【文化財講演会】 10月22日(土) 13:00〜
     講師 大阪市立大学准教授 岸本直文 氏
         城陽市教育委員会 小泉裕司 氏
         公益財団法人向日市埋蔵文化財センター 梅本康広 氏

  ※詳細については、決定次第HP等でお知らせします。     
 【列品解説】 10月16日(日)、11月13日(日) 午前11時から 
冬の企画展
 暮らしの道具 いまむかし
 平成28年12月23日(金・祝)〜平成29年3月20日(月・祝)

 明治・大正・昭和30年代ごろまでの暮らしの道具を展示し、衣食住の変化を振り返ります。小学校の社会科授業
 と連携できる内容です。

炭火アイロン 洗濯板とたらい 氷冷蔵庫
主な展示内容
 衣   着物と道具  裁縫箱、足踏みミシン、炭火アイロンなど
 食@ 台所の道具  かまど、羽釜、氷冷蔵庫など
 食A 食事の道具  箱膳、飯びつ、飯ふご
 住@ 明かりの道具 燭台、行灯、提灯、ランプなど
 住A 暖房の道具  火鉢、湯たんぽ、こたつ、練炭ストーブなど
 住B 洗濯の道具  たらい、洗濯板、伸子、張板など
 住C 風呂の道具  五右衛門風呂、手桶、金だらい
 さわって学ぶ暮らしの道具アレコレ 綿繰機、糸車、棹秤など
 
 守り育てようみんなの文化財
平成29年2月18日(土)〜3月20日(月・祝日)
平成27年度に新たに指定・登録された京都府の文化財を、写真パネルで紹介します。