本文へスキップ
ホーム 展示案内 文化財セミナー 講演会等 館の概要 利用案内
出前講座
ミュージアム連絡協議会 友の会
いずみの
養生の芝

平成30年度の展覧会

春の企画展 
仏とともに歩んだ画家 穐月 明
平成30年4月21日(土)〜6月10日(日)

穐月明氏は、独自の画風で知られる日本画家です。暖かみのある石仏や木津川流域の風景や寺社も描きました。平成29年度に作品が当館に寄贈されたことを記念して穐月明氏の画業を紹介します。


九体寺
 【主な展示品】
「野の仏」
「二躰仏」
「九体寺」
「雪の山内」
「逝く水」
「那智の滝」
  
 
【文化財講演会】 4月21日(土) 午後1時30分から 

      「画家の仕事と背景−私の見た穐月 明−」 
       講師:一般財団法人 東洋文化資料館山讃頌舎 理事長 穐月大介 氏

【列品解説】 4月21日(土) 講演会終了後 
夏の企画展 
明治150年関連展示 鉄道の開設と南山城の近代
平成30年7月7日(土)〜8月19日(日)

 1868年の明治改元以降の150年、南山城地域は大きな変貌をとげました。特に木津川水運が終わりを告げ、現在のJR奈良線や関西本線、学研都市線など鉄道網が整備されたことで、人々の暮らしもかわりました。地域のうつりかわりを、鉄道敷設、学校教育、戦争と生活、観光や文化などの視点から紹介します。


関西鉄道大仏線 赤橋(木津川市鹿背山)
【主な展示品】
 関西鉄道汽車発着時刻表(明治30年)
 奈良鉄道免許状写
 日露戦争協力記念相楽郡金杯・銀杯
 地租改正関係資料 標柱・地券など
 山城缶詰会社関係資料
 軍隊日誌・慰問状綴など
 山本空外筆「光」額字(精華町光台街開き記念)
  など
 【文化財講演会】 7月7日(土) 午後1時30分から

     「関西鉄道加茂奈良間の構造物から『大仏鉄道』の実像に迫る」 
      講師:大仏鉄道研究会員 内田照男 氏

 【列品解説】 7月7日(土) 午前11時から
発掘された京都の歴史2018 いにしえの技とデザイン
 平成30年9月5日(水)〜9月23日(日)
 本展覧会は、発掘調査の速報展示「発掘された京都の歴史2018」と企画展示「いにしえの技とデザイン」の2部構成になっています。  
 速報展示では、平成29年度に京都府内各地で行われた発掘調査の成果を紹介します。  寺町旧域から出土した禁裏注文品の粟田口焼茶道具一式や府内初出土の琉球銭「世高通宝」など注目の逸品があります。
 企画展示では、昨年度に「暫定登録文化財(考古資料)」に登録されたもののうち約35点を展示し、当時の技術とデザインを間近で堪能していただきます。
 ※「暫定登録文化財」は、平成29年度に京都府が歴史的に価値がある文化財の早期保護を図るため全国で初めて創設した制度です。

  【主な展示遺跡】

 
     丹波丸山古墳群            美濃山遺跡            下水主遺跡
   【主な展示遺物】
 
     芝山遺跡出土鏡        北大塚古墳出土須恵器      寺町旧域出土禁裏注文茶道具一式

  【講演・展示解説】 9月8日(土) 午後1時30分から
     「発掘された京都の歴史2018」
      講師:(公財)京都府埋蔵文化財調査研究センター 
            調査課企画調整係長 筒井崇史氏
     ◎講演終了後、展示解説を行います。
  ※講演会は、当館の第3回文化財連続講座として実施します
秋の特別展
文字のささやき〜京都府出土の文字資料〜
 平成30年10月13日(土)〜12月9日(日)

 文字を受け入れ使いこなしてきた先人たちの足跡は、発掘調査で出土した資料にもみられます。この展示では、京都府内で出土した漢字・ひらがな・ローマ字などさまざまな文字資料を通して、昔の人々の暮らしを垣間見てみたいと思います。

【主な展示品】
 大田南5号墳出土青龍3年銘鏡【重要文化財】
 広峯15号墳出土景初4年銘鏡【重要文化財】
 園部垣内古墳出土擬銘帯鏡【重要文化財】
 山崎廃寺出土文字瓦【府指定文化財】指定後初公開!
 恭仁宮跡出土文字瓦
 長岡京跡出土木簡、墨書土器
 平安京跡出土木簡、墨書土器
 神雄寺跡出土木簡、墨書土器
 上狛北遺跡出土木簡、墨書土器
 京都盲唖院関係資料【重要文化財】指定後初公開!         
  など 
         
       青龍三年銘鏡             「いろは歌」墨書土器            将棋駒「歩兵」
(所蔵:京丹後市、写真提供:           (所蔵:京都市考古資料館)       (所蔵:京都市考古資料館)
  京丹後市教育委員会)
      
   山崎廃寺出土文字瓦        ローマ字が書かれた木簡          凸字点字資料
(所蔵:大山崎町、写真提供:                                (保管:京都府立盲学校)
大山崎町教育委員会)                 
 【文化財講演会】 
   10月20日(土) 午後1時30分から
     「仮名文字資料としての木簡と墨書土器」
     講師 富山大学教授 鈴木景二氏
  
   12月8日(土)  午後1時30分から
     「京都盲唖院と凸字点字資料」
     講師 京都府立盲学校非常勤講師 岸 博実氏
 【文化財連続講座】
   11月3日(土) 午後1時30分から
     「古代の木簡・墨書土器〜山城を行きかふひとびと〜」
     講師 三重大学非常勤講師 清水みき氏
 【列品解説】 10月13日(土) 午前11時から 
冬の企画展  
 暮らしの道具 いまむかし
 平成30年12月22日(土)〜平成31年3月21日(木・祝)

 明治・大正・昭和30年代ごろまでの暮らしの道具を展示し、衣食住の変化を振り返ります。小学校の社会科授業
 と連携できる内容です。


明かりの道具
 
戦前の食事
 
戦後の茶の間
【主な展示品】
 衣   着物と道具  裁縫箱、足踏みミシン、炭火アイロンなど
 食@ 台所の道具  かまど、羽釜、氷冷式冷蔵庫など
 食A 食事の道具  箱膳、飯びつ、飯ふご
 住@ 明かりの道具 燭台、行灯、提灯、ランプなど
 住A 暖房の道具  火鉢、湯たんぽ、こたつ、練炭ストーブなど
 住B 洗濯の道具  たらい、洗濯板、伸子、張板など
 住C 風呂の道具  五右衛門風呂、手桶、金だらい
 さわって学ぶ暮らしの道具アレコレ 綿繰機、糸車、棹秤など

昭和のころの道具が
いっぱい!

みにきてね!