本文へスキップ
ホーム 展示予定 文化財セミナー 講演会等 館の概要 利用案内
出前講座
ミュージアム連絡協議会 友の会
いずみの
養生の芝

平成29年度の展覧会

春の企画展 
製茶!その技と道具
平成29年4月22日(土)〜5月21日(日)
 平成29年度は、「お茶の京都」と題して南山城各地でお茶関連行事が開催されます。展示では、伝統的製茶道具と製茶機械を展示して、お茶の基本的な違いや製法技術をわかりやすく紹介し、お茶への理解を深める機会とします。
 

手もみ製茶


機械製茶
 【主な展示品】

 ・茶蒸し釜
 ・ジョタン
 ・ヨリバコ
 ・ホイロシ幟
 ・海上安全墨書銘茶壷
  など
【文化財講演会】 講演会:5月20日(土)午後1時30分から 

      「宇治茶の歴史」 
      講師:京都府茶業会議所理事 橋本素子 氏

【文化財連続講座】 第1回 5月6日(土) 午後2時30分から 
      「山城のお茶と商品作物」 
      講師:当館資料課長 横出洋二
【列品解説】 4月22日(土)、5月6日(土) 午前11時から 
夏の企画展 
京都茶器物語−喫茶の考古学−
平成29年6月3日(土)〜7月9日(日)

 中国からお茶が伝わって以来、日本では独自のお茶の楽しみ方が展開しました。お茶を楽しむためには器が必需品です。器はお茶文化とともに変化しました。この展示では、出土品を中心に桃山茶陶から幕末・明治の蓮月れんげつ)焼・鹿背山焼までを紹介します。


 
           天目茶碗
 【主な展示品】
 
・織部、志野、唐津などの桃山茶陶
・京焼
・伊万里などの肥前陶磁器
・蓮月焼
・鹿背山焼
 【文化財講演会】 6月10日(土) 午後1時30分から

     「京焼の創始」 
     講師:大手前大学教授 岡 佳子 氏

  【文化財連続講座】 第2回 7月1日(土) 午後1時30分から
     「喫茶の考古学」(仮) 
     講師:当館資料課 松尾史子 
 【列品解説】 6月3日(土) 午前11時から
発掘された京都の歴史2017
 平成29年9月9日(土)〜9月24日(日)

 平成28年度に京都府内で行われた発掘調査の成果を紹介します。

   【文化財連続講座】 第3回 9月9日(土) 午後1時30分から
     「発掘された京都の歴史2017」(仮) 
     講師:(公財)京都府埋蔵文化財調査研究センター職員
秋の特別展
茶どころ南山城〜茶園景観と歴史〜
 平成29年10月14日(土)〜12月3日(日)

 近年、南山城の茶園等の景観が国の重要文化的景観や日本遺産、京都府文化的景観に選定され、茶どころ南山城の景観が見直されています。展示では南山城各地の茶産地の景観や歴史の特徴について写真と関連資料で紹介します。





丘陵地の茶園(南山城村田山)
 【主な展示品】

 ・南山城の茶どころの茶園景観の写真
 ・茶どころに関する歴史資料
 

木津川河川敷の茶園(城陽市奈島)
 
  【文化財講演会】 
  11月18日(土) 13:30〜
    「南山城の茶園景観と世界遺産」
     講師:京都工芸繊維大学教授 清水重敦 氏
         
  11月25日(土) 13:30〜
    「庶民のお茶文化と製茶技術」
     講師:元静岡産業大学教授 中村羊一郎 氏
    
 【文化財連続講座】 第4回 10月14日(土) 午後1時30分から
     「江戸時代の茶文化と永谷宗円」 (仮)
     講師:当館資料課 田中淳一郎
 【列品解説】 10月14日(土)、11月12日(日) 午前11時から 
冬の企画展
 暮らしの道具 いまむかし
 平成29年12月23日(土・祝)〜平成30年3月21日(水・祝)

 明治・大正・昭和30年代ごろまでの暮らしの道具を展示し、衣食住の変化を振り返ります。小学校の社会科授業
 と連携できる内容です。

明かりの道具  戦前の台所  戦後の台所
主な展示内容
 衣   着物と道具  裁縫箱、足踏みミシン、炭火アイロンなど
 食@ 台所の道具  かまど、羽釜、氷冷式冷蔵庫など
 食A 食事の道具  箱膳、飯びつ、飯ふご
 住@ 明かりの道具 燭台、行灯、提灯、ランプなど
 住A 暖房の道具  火鉢、湯たんぽ、こたつ、練炭ストーブなど
 住B 洗濯の道具  たらい、洗濯板、伸子、張板など
 住C 風呂の道具  五右衛門風呂、手桶、金だらい
 さわって学ぶ暮らしの道具アレコレ 綿繰機、糸車、棹秤など