本文へスキップ
ホーム 展示予定 文化財セミナー 講演会等 館の概要 利用案内
出前講座
ミュージアム連絡協議会 友の会
いずみの会
 
トピックス
 
文化財連続講座第2回「寺小屋から学校へ 南山城の学びの世界」を開催します! 6月11日(土)13:30~ 詳細はこちら
 
  初公開の館蔵品!!~古墳時代の謎の青銅製品:筒形銅器~

平成28年1月5日から常設展で城陽市尼塚古墳出土の筒形銅器を展示しています。 

筒形銅器は4世紀後半~5世紀の古墳から出土する銅製品です。

京都府内での出土例は5例しかなく、全国的にも貴重な資料です。
 
ニュース
 開催中の企画展
寺小屋から学校へ 南山城の学びの世界
会  期:平成28年4月23日(土)~平成28年6月26日(日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:午前9時~午後4時30分
入館料:個人(一般)200円・(小・中学生)50円
      団体(一般)150円・(小・中学生)40円
 
 
南山城地域では、江戸時代の寺子屋や明治以降の学校で、多彩な

教育が行われました。寺子屋の手習い手本や戦前の小学生の教科書

や作文集など、特色ある学びの姿を展示します。


※団体観賞や展示解説を希望される方は、事前に日程等を
お知らせください。
 
 

 詳細はこちら 
 
平成28年度催し物案内チェック
 

山城文化財アーカイブ

 山城文化財アーカイブをご利用ください
 古代の都、平城京と平安京に挟まれ、恭仁京・長岡京が置かれた山城地域には、古代以来の数多くの優れた文化財があります。また、地域を貫流する木津川・宇治川・桂川は有史以前から地域間の交流に重要な役割を果たし、流域には多くの遺跡が営まれました。

このサイトでは、当館の普及活動の一環として、山城地域の文化財の基本情報を発信して行きます。

右上のバナーからお入りください(別ウインドウで開きます)。

 
箱織り
竹の子の里 竹林
常設展  南山城の歴史と文化
資料館2階展示室では考古・歴史・民俗の各分野にわたる南山城の特色ある文化財を、1階展示室では宇治市の永谷家から寄贈された煎茶・碾茶の製茶機械を紹介しています。
 
 リンク集
 
 

最終更新日 平成28(2016)年5月14日

あなたは番目の訪問者です。
平成23(2011)年4月1日から