本校の概要

【校 区】

 本校の校区である豊里地域は、昭和24年7月、以久田、小畑両村合併により豊里村となり、昭和30年4月、綾部市に合併した。綾部市の西部に位置し、西は福知山市に隣接し、南には由良川が流れている。東西6.4㎞、南北3.6㎞で、面積は19.67㎞2である。人口(平成24年4月1日現在)は1,310世帯3,944人で一円に田畑や茶園が広がる農村地帯である。
 校区内の舘町には、からす寺で知られ、国指定・府登録の文化財を多く所蔵する18世紀に中興された「楞厳寺(りょうごんじ)」がある。私市町には、「胡ろく」と呼ばれる金銅張りの珍しい矢袋や鎧(よろい)、兜(かぶと)などたくさんの副葬品が見つかった古墳時代中期とされる史跡「私市(きさいち)円山古墳」、位田町以久田野丘陵には、家畜とのふれあいや市民の憩いの場「綾部ふれあい牧場」、さらに、「京都府立農業大学校」や「京都府畜産研究所」の教育研究機関がある。また、鍛治屋町には、小学校跡地を活用して整備された市内外の交流の場「里山ネット」の施設がある。地域の教育への関心は高く、公民館活動も活発である。
 本校は、舞鶴自動車道の南の豊里町にあり、昭和22年に開校した。昭和20年代には、村の合併、分村で校区や校名が変遷した。豊里地域にも少子化の傾向が見られ、平成元年度以降では、各学年2学級と特別支援学級1学級で推移していたが、平成17・18・20・21・24年度は1年生が1学級に減少した。今年度は1年生が35名であるが、京都式少人数教育を取り入れ、全学年2学級編制で特別支援学級を含め7学級である。生徒は純朴であり、三宅野の落ち着いた雰囲気の中で、学習や生徒会活動、部活動に意欲的に取り組んでいる。また、合唱活動や職場体験活動等、地域と密着した教育活動を行っている。
 平成27年度からは綾部市小中一貫教育基本構想「あい紡ぎプラン」に基づき、豊里小学校と施設分離型の小中一貫教育校として新たなスタートを切った。



【学校の沿革】

昭22. 5  創立開校 京都府何鹿郡組合立以久田中学校と称す。分教室を小畑小学校内に、本校は以久田小学校に設置
   23. 9  現在地に校舎第1期工事竣工(平屋2棟)           
   24. 4  何鹿郡佐賀村立佐賀中学校を合併            
   24. 7  以久田、小畑両村合併、豊里と称し、豊里村外一ケ村組合立豊里中学校と校名を変更 
   24. 7  初代 四方竹治郎校長着任                            
   24. 9  校舎第2期工事竣工                               
   27. 4  佐賀村分村により上私市以東は本校に、下私市以西は福知山市立成和中学校に通学 
   29. 2  完全給食開始                   
   30. 4  綾部市に合併したため、綾部市外一ケ村組合立豊里中学校と改名          
   31. 9  佐賀村分村合併により、綾部市立豊里中学校と改名                
   32. 4  第2代 佐々木治一郎校長着任                         
   35. 7  体育館及び給食室の改築竣工                                                     
   37. 4  第3代 内田修一校長着任                                                       
   37.11  文部省指定産業教育研究発表(昭和36・37年度)               
   43. 4  第4代 足立正一校長着任                           
   45. 4  第5代 今川幸也校長着任                           
   45.10  文部省指定道徳教育研究発表(昭和44・45年度)               
   49. 4  第6代四方弘一校長着任                            
   51. 3  校舎改築第1期工事竣工(普通教室6 鉄筋3階建)              
   52. 4  障害児学級1学級併設                             
   54. 4  第7代 細井正夫校長着任                           
   57. 4  第8代 芦田哲郎校長着任                           
   59. 5  校舎改築第2期工事完成移転  8月竣工                    
   60. 4  第9代 塩見健校長着任                            
   60.11  文部省指定生徒指導研究発表(昭和59・60年度)               
平  元. 4  第10代 小村一郎校長着任                          
   元. 4  障害児学級2学級併設                                                           
    2. 4  第11代 高野俊道校長着任                          
    2.11  京都府教育委員会指定道徳教育実践推進校発表(平成元・2年度)         
    3. 4  第12代 塩見幸信校長着任                          
    5. 4  第13代 森本浩明校長着任                                                     
    5. 5  コンピュータ教室新築竣工                                                     
    6. 4  第14代 赤井信吾校長着任                          
    7. 9  体育館床面改修工事竣工                            
    8. 9  体育館屋根改修工事竣工                            
    9. 4  第15代 河北哲郎校長着任                           
  10. 8  給食室整備工事完成                                                         
  11. 9  ニュージーランド中学生学校訪問                                             
  12. 4  第16代 永井忠喜校長着任                          
  13. 9  教室床改修工事完成                             
  13. 3  ピアノ開き                                                                   
  13. 8  コンピュータ入替及び導入(29台)                          
  14. 4  文部科学省指定「豊かな体験活動」の取組(平成14・15年度)         
  15. 4  第17代 仲田隆校長着任                                                       
  16. 8  教室棟外壁塗替塗装工事竣工         
  17. 4  第18代 牧孝年校長着任
  17. 9  生徒棟トイレ改修工事竣工
  17.11 京都府教育委員会指定京都夢・未来校(平成16・17年度)・綾部市教育委員会研究指定校(平成17年度)「人権教育」研究発表
  18.11 日本PTA全国協議会 会長表彰受賞
  19. 3  第8回全国中学校選抜卓球大会出場
  20. 1  体育館用演台の新調                  
  20. 4  文部科学省委託、綾部市教育委員会指定「学校評価の充実・改善のための実践事業」実践研究校 
  21. 4  第19代 波多野芳雄校長着任

  22.12 体育館改築工事竣工

  23. 4  第20代 竹林敦史校長着任
  25.4  第21代 出野伸校長着任
  27.4 綾部市小中一貫教育基本構想「あい紡ぎプラン」に基づく小中一貫教育校開始
     第22代 出野健資校長着任
 31.4    第23代 高橋直美校長着任
 31.4 京都府教育委員会「学びの深化」プロジェクト研究指定   

 
 

<校 歌>

一 犀川の めぐれる丘べ
  豊里の 学びの園に
  萌えいづる 若き草々
  ああわれら 萌ゆる若草
  みどり葉の きよき生命を
  新しき 光もとめて
  うるわしき 花と薫らむ


二 雲わける 空山の嶺仰ぎ
  遠くゆく 由良川を望みて
  三宅野に 伸びゆく若木
  ああわれら 伸びゆく若木
  こころざし たかく大きく
  いくとせの 嵐をたえて
  たくましき 幹とそびえぬ