社会に貢献できる人間の育成を使命とし、" 真の自己実現にTRY をスローガンに、「質の高い学力」と「信頼される人間力」を育むキャリア教育を推進しています。                                                                                                                          
                                                                                                              TEL. 075-572-2323   FAX 075-572-2317 
 〒601-1326 京都市伏見区醍醐新町裏町
25-1                            

 

設置コース及びボランティア活動



       
 



     


     


    



        


    
      



 
 
 
 
   
          
QRコード
     
    
携帯からも本校
    のHPが見られます!
 
126169アクセス数

2016/03/11

ヒューマン&サイエンスリサーチ「文明と環境」特別講義

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務部
ヒューマン&サイエンスリサーチシリーズ合同で、講師に立命館大学古気候学研究センター長の中川毅先生をお迎えして、「文明と環境」の特別講義を実施しました。
中川先生は福井県水月湖の湖底堆積物から得られた「年縞」を日英独らの研究者と分析をすすめ、52,800年前まで正確に遡れる地質年代測定の世界標準をつくられました(2012年7月13日;第21回国際放射性炭素会議@フランス・ユネスコ本部にて決定)。その内容は論文としてSience2012年10月19日号に"A Complete Terrestrial Radiocarbon Record for 11.2 to 52.8 kyr B.P."のタイトルで掲載されています。
特別講義の前に本校生徒有志らとビジネスランチを取り、ヒューマンリサーチシリーズ担当者による「文明と環境」に関するブリーフィングの後、「荒ぶる時代とおだやかな時代~人類は気候の激変期をどのように生きたか~」のテーマで特別講義をしていただきました。
水月湖の年縞データは、地質学年代の物差しになっただけでなく、火山噴火、地震、洪水等の痕跡をとどめ、また花粉化石等から劇的な気候の変化も読み取ることができます。あらゆる自然災害と気候変動が発生した過去を知ることにより、将来起こりうる事象に対応できる備えをすることができます。それらの実践には、世界中のあらゆる「多様性」を認め合うことの重要性も中川先生は生徒たちに強くうったえらえました。
特別授業の後、活発な質疑応答もあり、2時間の授業時間はあっという間に過ぎてしまいました。
  
  
  
   
  
17:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ヒューマンリサーチシリーズ

お知らせ

スクールライフ2015については、手続等の関係により遅れてアップロードされることがあります。
あらかじめご了承ください。