Jアラート情報発信時の対応について


Jアラート等を通じて「京都府」に緊急情報が発信された場合の行動につい

 

弾道ミサイルが日本に飛来し緊急に対応すべき事態が生じた場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)が使用され、テレビ・ラジオ・スマートフォン等を介して情報が伝達されます。

この度、国並びに京都府教育委員会の通知を受けて、Jアラート等を通じて「京都府」に緊急情報が発信された場合の行動について、児童生徒に下記のことを指導しましたので、ご協力をお願いいたします。 

 

 

 

 

1 登校前の場合は、自宅で待機する。

(再登校等の連絡は、学校ホームページ、お知らせメール、必要に応じて電話で行います。)

 

2 校内や家の中にいる場合は、窓から離れる。

 

3 グラウンドや登下校中など屋外にいる場合は、できる限り建物に避難する。

建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

 

4 車内にいる場合は、車両から降り建物や地下などに避難する。

周囲に建物や地下などがない場合は、車両から離れて地面に伏せ頭部を守る。

 

 

※各家庭におかれましては、児童生徒が必要以上に不安を感じることがないようご配慮いただきますようお願いいたします。