学校長挨拶


学 校 長 挨 拶


               
  
多賀小学校は、明治6年6月開校、今年で創立146年目を迎える歴史ある学校です。
校区には、夏に多くのホタルが乱舞する「南谷川ホタル公園」やみかん・栗・梨などで有名な「多賀フルーツライン」、また、山頂からの眺望が素晴らしい「万灯呂山」などがあり、自然豊かで素晴らしい環境にある学校です。

 

本校の教育目標は、「強く」「明るく」「すこやかに」で「強い意志と自己を律する心をもつこと」「明朗快活で、思いやりをもち、めあてをもって自ら学ぶこと」「自他を大切にし、生活習慣の確立や健康の増進に努めること」を大切にして教育活動に取り組んでいます。
 また、「まちづくり教育として地域とともに歩む学校づくりを進め、地域の歴史や自然等の学びを通して、郷土を愛する心を育てるとともに学習意欲の向上を図り、地域社会と協働して教育実践を行っています。そして、住民の一人としての誇りと自覚を高め、将来の町づくりを担う人材を育成したいと考えます。
 全校児童87名。保護者、地域の方々のご理解とご支援のもとに、20名の教職員が一丸となって、一人一人に「質の高い学力」と「豊かな人間性」をはぐくむ教育実践に取り組んでいます。

                       井手町立多賀小学校長 中島 禎宏