南丹市立園部中学校  
〒622-0051 京都府南丹市園部町横田3号51番地
TEL:0771-62-0222 FAX:0771-62-0096



 
言語の選択:

お知らせ

家庭学習課題等に関するメッセージ動画
保護者の皆様へ

http://www.kyoto-be.ne.jp/sonobe-jhs/pta/

※生徒・保護者限定のページです。
5/27 近日 3年授業動画更新予定
【注意】
iPhon(iOS)をご使用の方で上記URLに入れない場合、【safari】を使うとページに入れます。(視聴できない場合は中学校へ相談して下さい)
 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症蔓延予防のため、
残念ながら今年度の
以下の大会・コンクールが
中止となりました。
・全国中学校体育大会(夏季大会)

・近畿中学校総合体育大会(夏季大会)
・京都府中学校総合体育大会(夏季大会)

・全日本吹奏楽コンクール
・全日本吹奏楽コンクール関西支部大会
・京都府吹奏楽コンクール
 

お知らせ

臨時休校期間延長のお知らせ


5月6日(水)迄としておりました臨時休校期間を、5月31日(日)迄再度延長することとなりました
詳しくは、以下にあります「保護者様宛文書」をご覧ください。保護者の皆様方には、休校期間の長期化により、
大変ご心配をおかけしております。何卒、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

保護者様宛文書はこちら → 保護者の皆様へ.pdf


 

お知らせ

南丹・船井中学校陸上競技選手権大会の中止について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在、加盟各校とも臨時休校中です。このような中、各校の大会に向けた取組を行うことができません。こういった状況を踏まえ、5月30日()に予定されていた「南丹・船井中学校陸上競技選手権大会」については、南丹・船井中学校体育連盟により中止の判断がされました。
 ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

お知らせ

昨年度「北方領土と私たち作文コンクール」の結果
京都府知事賞       
 米谷カヤさん
京都府教育委員会教育長賞 
 津田咲登さん

昨年度「北方領土に関する
スピーチコンテスト」の結果

ベスト10に 
 米谷カヤさん(当日欠席)
 上山莉奈さん 
  審査員特別賞(全国4位)

北方領土作文.pdf
 

新着情報

 
久々の登校日日誌05/27 10:33
学校運営協議会日誌05/26 13:55

H31 いじめ防止基本方針

部活動指針

国際理解教育

国際理解教育


国際理解教育部の取り組み
 

お知らせ

学校再開等のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症蔓延予防のため、長期にわたり臨時休校としておりましたが、京都府の緩和基準に基づく段階的緩和を受け、次の通り学校を再開することとなりましたので、お知らせします。

学校再開:令和2年6月1日(月)より

 そのための準備等のため、次のとおり登校日を設定します。
        ① 令和2年5月26日(火)
        ② 令和2年5月29日(金) ※いずれも午前中
 ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。     
           詳しくは、こちら →  
学校再開等のお知らせ.pdf
 

お知らせ

臨時休校期間延長にあたって
校長より                            生徒指導より
 

お知らせ


気づきがあって 思いがあって 頑張れる あの 園部中学校

 


  
 

お知らせ

今後とも「チーム園中」として、教育活動に、ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。
                  
 

お知らせ

園部中日誌
12345
2020/05/27new

久々の登校日

| by sonobe-jhs

久々の登校日!

緊急事態宣言が解除され、6月1日(月)からの学校再開に向けて、2日間設定された登校日の初日となる5月26日(火)、久しぶりに生徒の皆さんが学校に登校しました。

校内からは生徒の皆さんの元気な声が聞こえてきました。学校で友達と会って会話をする、という当たり前だったことが、こんなに楽しいことだったんだと実感する人も多かったのではないかと思います。

  
学年集会の様子                    学級活動の様子
 

 

 

 

 しかし、新型コロナウイルス感染症の危険性がなくなったわけではありません。今後は予防対策をふまえた新しい生活様式による学校生活を送ることとなります。

学校では、生徒の皆さんにマスクの着用やマイハンカチの携行、手洗い・うがいの徹底をするように声をかけています。先生たちを含め、学校生活を共にする1人1人の心がけが安心、安全な学校生活につながります。6月からの学校再開に向けて、それぞれが意識した行動をとっていきましょう。


10:33
2020/05/26new

学校運営協議会

| by sonobe-jhs

学校再開(6月1日)に向け、
 学校運営協議会委員による清掃活動
              が行われました



 

 新型コロナウイルス感染拡大防止休校中に、園部中学校の生徒を支えようという動きがあり、学校運営協議会による清掃活動が行われました。
 本校生徒のためにできることはないかと検討していただき、校庭内の草刈りをお世話になりました。当日(5月24日)は天気も良く、暑い中でしたが、生徒が登校する前に綺麗な環境をつくろうと熱心に取り組んでいただきました。
 地域に住む園部中学校生への温かい気持ちに感謝申し上げます。




【参加していただいた皆さん】
地域コーディネーター 松本 健 様
会長 井上  馨 様 ・ 副会長 片山 智文 様
委員 阪本  満 様 ・ 田中 一朗 様 ・ 橋本 貴弘 様
   樋口 佑紀 様 ・ 廣戸 美智代 様    
( 学校 湯浅裕晃 ・ 松梨克也 ・ 人見憲佑 )       

以上の皆様です。


13:55
2020/05/19

あおぞら食堂 開店

| by sonobe-jhs

 

あおぞら食堂 開店!

 

 

臨時休校が続く中、本校HPにて「食育だより つくってたべよう!①」を掲載したところ、心がほっこりするとともに、勇気づけられる出来事がありましたのでお知らせします。

 それは臨時休校中に家庭訪問を行った際、本校生徒が休校中に取り組んだ自主学習「あおぞら食堂の報告」でした。

 休校生活を送る中でみんなと会えない寂しさを感じ、当たり前だった日々の自分が、家族や友達、先生にどれだけ支えられていたかを痛感し、そんな大切な人を勇気づけようと考え自主学習に取り組んだということです。慣れない料理に挑戦し、作ったオムそばの上には、ケチャップでクラスの仲間に向けた応援メッセージを書き、エールを送っています。

 家庭訪問でこの報告を受けて、教職員一同大変勇気づけられました。休校期間はまだ続きますが、みんなで「 気づきがあって 思いがあって 頑張れる あの 園部中学校 」を目指せる日が来るよう、一日一日を大切に過ごしましょう。

               

↓クリックしていただくと、拡大して見ることができます
あおぞら食堂.pdf
12:39
2020/05/14

国際理解教育部の取組

| by sonobe-jhs

国際理解教育部の取組!

 園部中学校国際理解教育部の最近の取組をまとめました。これからより一層グローバル化が進み、世界がつながっていきます。英語を身に付けるだけでなく、世界のさまざまな問題に対して、自分の意見を持ち、深く考えていくことも大切です。1つの地球に70億人以上の人が住んでいます。多様な文化が共生し、持続可能な社会を実現するために、視野を広め、学びを深めていきましょう。

 

*「SDGs」とは…

「持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指ためのす国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。


13:18
2020/05/11

アクティオ手帳

| by sonobe-jhs

 

アクティオ手帳の活用 できていますか?

 

 

新学期の登校日には、全学級にアクティオ手帳を配布しています。本来学校があれば、授業や部活動の予定表やテストに向け家庭学習の計画表を記入していますが、休校期間が長引き、なかなか活用出来ていないのではないでしょうか。この期間、毎日の記録表を記録してくれているとは思いますが、ぜひアクティオ手帳を活用し、1日や1週間の予定を立ててみてください。目標をきめ、それを達成させるための1日の予定を考えてみましょう。また、アクティオ手帳には、様々な工夫がされています。1日の振り返りや日記を書いたりして、自分だけのアクティオ手帳にしてみましょう。

「知識より意識」

 

 

 

3年生のフロアより~ 
               

 

 


12:04
2020/05/08

吉田君の作品

| by sonobe-jhs

吉田悠太君が校長室を訪問

本校3年生の吉田悠太君が、新型コロナウイルスへの厄除けの思いを込めて、5月8日に魔除けの神様「鍾馗」を持ってきてくれました。職員室でしばらく展示することとしました。



10:28
2020/04/28

学校運営協議会

| by sonobe-jhs

1回学校運営協議会を開催しました

 

423日(木)に第1回目となる学校運営協議会を開催しました。学校運営基本方針が承認され、課題や目標が共有されました。

以下は協議内容です。

○あいさつが当たり前の文化・環境をつくっていきたい。

○大人でも知らない人にはあいさつしにくいこともある。しかし、レジ等で「ありがとう」を言うことを意識していると会話が生まれる。習慣化が大切だと思う。

○臨時休校中の生徒たちに、何かできることはないのか。

○地域と学校で見守る体制をつくりたい

子どもを軸に、それぞれの立場からの様々な意見が出る、充実した熟議となりました。今後も運営委員を中心に「気づきがあって思いがあって 頑張れる あの 園部中学校」を共に創っていきたいと思います。

 

 

 

「地域とともにある中学校づくり」を目指して




本校では、平成2728年度文科省事業「首長部局等との協働による新たな学校モデルの構築事業」、平成29年度の南丹市教育委員会の指定事業を経て、「園部中学校の未来を考える会」を立ち上げ、地域とともにある学校づくりに取り組んできました。熟議では地域の方や行政の方、学校関係者で構成し、勤労体験学習や防災に関する学習について、ねらいやそれぞれの立場からできることや困り感などを共有し、様々な提案を出し合い取組を継続させています。この取組をより充実させるため、今年度よりコミュニティ・スクール(学校運営協議会)を導入しています。



12:42
2020/04/24

マスクの寄付

| by sonobe-jhs

      こんな時だからこそ 温かい心が『何か』をつくります

 
 
 新型コロナウイルスに関しては、まだまだ予断を許さない状況下にあり、緊急事態宣言も発令されたことにより、いろんなことが制限をされています。
 誰もが内(家・うち)に閉じこもっている今、それでも“つながり”というものは時に人の心を和ませ、温かくし、勇気づけてくれるものだという出来事がありましたのでお知らせします。
 それは、4月23日(木)のことです。本校を平成12年度に卒業されました高屋裕樹さんから、マスクを寄付したいとのことでご来校いただきました。 
 すると! なんと『600枚』という枚数の不織布マスクをお持ちいただいたのです。本当にありがたい寄付でしたし、いろんな驚きと喜びに包まれながら、短時間でしたが感謝の思いと在学当時の思い出話なども交え、校長先生とともに受け取らせていただきました。
 「STAY HOME!」 引き続き家にとどまることは変わりませんが、在校生の皆さんも心は常につながりの中で外へ発信できる自分をつくり出しておいてください。
 心温まる先輩の思いを受けながら、この園部中学校は成り立っています。
 地域の方々含め、大変な状況ではありますが、引き続きよろしくお願い致します。




14:48
2020/04/21

英字新聞

| by sonobe-jhs

英字新聞!

 

  英語科の先生とクリスさん(ALT)で英字新聞を作成しました。臨時休校の関係で、昨年度中に配布することができませんでしたが、是非ご覧ください。内容は「charity」についてです。園部中学校でも、服の「チカラ」プロジェクトやアルミ缶回収などの社会貢献活動をしています。英語での文章に親しみ、グローバルな時代を生き抜く力を身に付けていきましょう!



English Newspaper①(2020).pdf
08:13
2020/04/14

ごあいさつ

| by sonobe-jhs

ごあいさつ

「 気づきがあって 思いがあって 頑張れる あの 園部中学校 」
を目指して


 平成29年度の4月に南丹市立園部中学校校長に就任し、本校では、14年目を迎えることとなりました。
 4月10日の入学式で135名の新入生を迎え、全校生徒382名の令和2年度がスタートしました。
 今年度も、校訓である『自主敬愛』の精神のもと、教育目標に『基本的人権の尊重を基盤とし、学びを深め、主体的に行動する生徒の育成』を掲げ、教育を推進していきます。
 私の教育理念の背景には、教育基本法第1条第1章があります。全ての生徒に保障されている義務教育を担う者として、「子どもは生まれる場所も環境等もえらべない。だから中学校教育(義務教育)で『生きる力』を育む必要がある」という理念を元に教育を推進しています。
 生徒の捉え方としては、過去の経験を元にした考え方があります。過去、様々な背景にある課題により、生徒は自分本位になり、周りに迷惑をかけていることや大切に思う人の思いに気づかず誤った行動に奔るなど、生徒指導で大変な時期がありました。しかし、当時の教員は、課題解決に向けて粘り強く取り組んでいました。この経験から、生徒が逞しく健やかに育つための教育のキーワードは「気づき」だと考えるようになりました。生徒に「気づき」を大切にした教育を推進することができれば、生徒は自らを大切にし、自らの可能性に取り組もうとし、学習や部活動に前向きに取り組むと考えるようになりました。
 昨年度までの「地域と共にある中学校」や今年度からの「コミュニティスクール」の導入を教育の1つの柱として位置づけているのもこの考え方からです。多くの地域の方に学校に足を運んでもらい、教職員からだけでなく地域の方からも学ぶ機会を設けるなど『開かれた教育課程』を実施しています。この取組によって、学校と地域が協働することで信頼が生まれ、園部中学校生を思う地域の人の気持ちに生徒が気づき、自己有用感にもとづいた自尊感情が育まれると考えています。結果として、生徒が充実した学校生活を送れると考えています。
 これらの考え方から、生徒への教育メッセージとして「 気づきがあって 思いがあって 頑張れる あの 園部中学校 」を提示しています。
 生徒が多くの事に気づき、一人一人に寄せられる思いを理解し、自己有用感にもとづいた自尊感情が育まれ、何事にも頑張れるようになることを願っており、園部中学校と聞けば、


 「 あの 人を思いやれる 園部中学校 」
「 あの 学習にがんばる 園部中学校 」
「 あの 部活動にがんばる 園部中学校 」


を常に目指そうと呼びかけています。

 また、「どの生徒も勉強が分かりたい。」という気持ちが心の奥にあるということに寄り添える教育を実践するというもう一つの視点があります。生徒の心の中にあるこの気持ちに寄り添い、粘り強く教育を推進することが大切だと考えています。そのために、多くの大学教授や京都府教育委員会(南丹教育局)、南丹市教育委員会からご指導をいただき、教育の内容充実に取り組み、学びに責任を持てる学校でありたいとも考えています。
 昨年度まで、生徒に「3つの力」をつけようと呼びかけ取り組んでまいりました。その力とは、「傾聴の姿勢を大切にできる力」、「自らの意見を発表できる力」、「相手の顔を見てあいさつができる力」の3つです。
 昨年度は、文部科学省指定「学力定着に課題を抱える学校の重点的・包括的支援に関する実践研究指定」の研究発表会を令和元年11月19日(火)に実施し、学力定着に向けた2年間の研究の成果を発表しました。また、上記の3つの力が身についているかを見ていただくため、公開授業と全体会での3年生による学年合唱も行いました。そして、記念講演では、2年間お世話になった溝上慎一教授による記念講演会も開催しました。研究発表会には、180名を超える来校者を迎えることができ、多くの来校者から、生徒の様子や研究の成果について良い評価をいただきました。研究発表会後にも他府県より多くの先進校視察を受け入れる事もできました。これらの成果を得られたことは、本校にとって大きな教育財産を得たこととなり、更なる教育の推進への意欲へと繋がりました。
 そして、今年度も、「主体的・対話的で深い学び」について更に研究し、発表会を11月20日(金)に計画しているところです。研究発表会では、研究成果を発表する為の公開授業と研究報告、東北大学の堀田龍也教授による基調報告と桐蔭学園理事長の溝上慎一教授による記念講演を企画しています。今年度も研究発表会を柱として、「生徒に寄り添う園部中学校学力向上システム」を充実させ、生徒の学力向上を含め、「生きる力」を育みたいと考えております。
 この他にも、1年間を通して、京都教育大学の谷口和成教授に理科教育の推進に向けたご指導をいただくこととなっています。また英語科教員の指導には、鈴木寿一教授からもご指導いただくこととなっています。
 これら多くの方からのご指導により、教師力の中でも最も大切な授業力の向上を学校体制でめざし、令和2年度も「お互いの違いを認め、お互いを大切にし、できるできないではなく、やろうとする姿勢を大切にできる学校」を目指して生徒のための教育を推進して参りたいと考えております。
 保護者や地域の皆様をはじめ、関係各位の皆様のご支援・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

                       

南丹市立園部中学校 校長 國府常芳



13:46
12345

お知らせ

京都府教育委員会からの挑戦状
 学校臨時休業中に生徒の皆さんに取り組んでほしい課題を、京都府教育委員会が作成しました。
 詳しくは、こちら →  http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?page_id=220
 

お知らせ


PTA活動関連各種会議の延期 及び PTA総会の中止
について

   

 1 PTA活動関連各種会議等について

(1)学年委員会の開催について

 ・学年委員会の開催につきましては、当面の間見合
   わせます。
  ・今後の開催につきましては後日連絡いたします。 
 (2)地区委員会・運営委員会について

 ・当面の間、開催を見合わせます。

 ・開催につきましては、後日連絡いたします。

 ・PTA会費の徴収につきましても、当面の間、
   見わせ
ます。

 

 2 前期PTA総会について

(1)開催について

  ・総会は「中止」します。

(2)PTA活動等の承認について

議案書(案)の内容を各会員様各自で御確認いた
   だいた上で、「書面による審議」を行い
ます。

・「書面による審議」の方法等に関しましては、議
   案書(案)とともに、21日及び22日に家庭訪問で
   配布します。

 

お知らせ

『なんたん子どもホットライン』 を開設しました。
 事前に登録いただいた保護者の方等に、学校からの連絡事項をタイムリーにメール送信にてお知らせするシステムが南丹市内全小中学校に導入されることとなりました。
 

お知らせ


令和2年3月2日(月)に、園部中学校で大切に歌い続けてきた「いのちの歌」を全校合唱しました。多くの人の心に届くよう、天まで届くように願いを込め、本校で初めて全校合唱を行いました。
 

お知らせ

子供の学び応援サイトの紹介
子供の学び支援サイト


自宅学習教材の紹介
自宅学習について.pdf
 

お知らせ

昨年度、令和元年11月19日(火)研究発表会
研究主題

『主体的・対話的で深い学びを実現する授業実践』~生徒に寄り添う「園部中学校学力向上システム」の構築をめざして~
参加者 約180名

研究発表会後の訪問校

【12月16日】 
       佐賀県神埼市立千代田中学校

【 2月 5日】 
     愛知県豊川市立中部中学校

【 2月26日】来校予定 
     山口県下関市立長成中学校
     熊本県長洲町立長洲中学校

 

来年度(令和2年度)の研究発表会について
【日時】 令和2年1120日(金)
【授業公開】午前中(3・4校時)
【講演会について】
 講師
 東北大学大学院
   情報科学研究科
東北大学大学院情報科学研究科
教授  
                堀田 龍也 氏
 講師
 学校法人桐蔭学園理事長
 桐蔭横浜大学教授・学長  
                溝上 慎一 氏

 

 

生徒指導より

お知らせ

令和元年 4月18日実施
3年生 全国学力・学習状況調査の分析


全国学力・学習状況調査テスト結果について
 

お知らせ(25/4/16)

アクセス数1082539

平成23年度から新しいサイトを開設しました。
これからも学校の様子をたくさん
掲載いたしますので、どうか
よろしくお願い致します。