城陽市立 
西 城 陽 中 学 校

NISIJOYOU Junior High School

 
カウンタ
来訪者数293468人目です。
基本情報
城陽市立西城陽中学校

郵便番号610-0121
住所 城陽市寺田乾出北82
電話 0774-53-1600
FAX  0774-53-0600

最寄り地図 最寄り駅周辺

Email  nisijoyou-jhs@kyoto-be.ne.jp
 
携帯用QRコード
携帯電話からもホームページをご覧いただけます。
下のQRコードを読み取り、携帯よりアクセスください。


 

新着情報

 

お知らせ

表示すべき新着情報はありません。

日誌

ちゃぶ台学習
学年の部屋
05/23 11:22
沖縄体験学習に向けて
学年の部屋
05/22 12:25
校舎にも新緑の季節が
パブリックスペース
05/18 11:11

トピックス

トピックス >> 記事詳細

2019/04/10

入学式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 城陽市立西城陽中学校サイト管理者

                            

  式    辞

                                   
 校庭の満開の桜が、皆さんの入学を待ちかねていました。
 今日、ここに城陽市立西城陽中学校第46回入学式を挙行いたしましたところ、城陽市教育委員会 教育長 北澤義之 様、城陽市総務部長 河合寿彦 様、両小学校の校長先生、地域の皆様など、多数のご来賓のご臨席を賜りましたこと、高段からではございますが、厚くお礼申し上げます。

 さて、ただ今呼名いたしました94名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。在校生並びに教職員一同、心より歓迎いたします。本日から皆さんは、歴史と伝統ある、そして新たな挑戦を続ける西城陽中学校の一員です。

 新入生の皆さんは、今、どんな気持ちでいますか。「よし、頑張るぞ!」という決意もあると思います。また一方で、新しい環境で「うまくやっていけるだろうか。」という不安もあると思います。それでも、大丈夫です。皆さんの後ろにいる2年生、3年生が、皆さんを優しく引っ張ってくれます。熱意のある本校の先生たちが、親身になって関わり、導いてくれます。そして、地域の方々が、温かく見守り支援をしてくださいます。ここにいるすべての人たちが、皆さんを応援しています。どうか安心して、勉強や部活動に打ち込んでください。

 これから皆さんが成長を重ね、やがて自立し、社会に出て活躍するために、中学校で特に身に付けてほしい力が、2つあります。

 1つは、「自分で考える力」です。
 社会はグローバル化し、AIと呼ばれる人工知能や情報機器が驚く速さで進歩しています。みなさんの中にも、既に自分のスマートフォンを持っている人が多いかもしれません。そこにも様々な情報が溢れています。溢れる情報の中で、何が真実かを見抜き、正しい判断をするためには、「自分で考える力」が非常に大事です。
 それと共に、多様性を認め合い、広い視野でいろいろな見方ができることも必要です。
 本校では、普段から「学び合い」による授業を取り入れています。各教室には、次のような言葉が掲示してあります。
「人の話を深く聴きましょう」「わからないときには、仲間に『教えて』と言いましょう」「『教えて』と言われたら、わかるまで教えましょう」というものです。
 まずは、自分でしっかりと考えたうえで、意見を出し合い、考えを深めていきます。その過程で、自分の考えがまとまっていき、考える力が身に付いていきます。
 また、お互いの意見にしっかりと耳を傾け合い、自分の意見が安心して言えることで、学級や学校全体が、誰にとっても居心地のいい場所になります。そのことが、非常に大事なことだと考えています。幸い今年入学したみなさんは、小学校でも「学び合い」を経験してくれています。中学校では、新しい仲間と一緒に、さらに深い「学び合い」をしてください。

 2つ目は、「社会の中で生きていく力」です。
 本校の生徒たちが、日頃からに心掛けているのが「挨拶」です。自分から挨拶することは、少しだけ勇気のいることですが、皆さんがこれから生きていくうえで、大きな財産となる大切な習慣です。「挨拶」から、いろいろな人との出会いが生まれ、世界が広がることを覚えておいてください。
 西城陽中学校では、日々の学校生活はもとより、行事にも率先して取り組み、仲間と協力して問題を解決する、自主的、自立的な姿勢を大事にしています。
  その集大成として、3年生になると沖縄で体験学習を行います。沖縄では、先生の力を借りずに、自分から言葉を交わして人とつながり、自分たちで計画して行動します。

 また、本校の生徒は、部活動にも一生懸命に取り組んでいます。一日一日の「当たり前のこと」を大切にしながら、集中力を高めて練習し、昨年の秋の大会では良い成績を残しました。みなさんの先輩は、毎日の練習をとおして、大会での結果よりももっと大事なこと、人として大切なことをたくさん学んでくれています。
 ここにいる2年生と3年生は、そんなふうにして本校が大切にしてきたことを先輩から引き継ぎ、今の、京都府内にも誇れる西城陽中学校を創っています。皆さんも、その伝統を一つひとつ自分の心と体で確かめ、仲間と一緒になってさらに高めていってください。
 新入生の皆さんが、日々成長していく姿を楽しみにしています。

 最後に、いつも本校を支援していただいている皆さんを、感謝の気持ちを込めて紹介します。地域ボランティアの方々と学生ボランティアの学生さんです。本校の中庭には、いつでもたくさんの花が咲き、美しく整備されています。さらに、図書室の窓には大樹が季節季節に満開の花を咲かせ、廊下にはペーパーフラワーが心を込めて飾られています。私たちが心豊かに学ぶことができるように、すばらしい環境を作っていただいています。
 また、教員を目指す大学生や大学院生の皆さんが、自らも学びながら、生徒たちの支援をしてくれいます。本校は、大学と連携しており、例えると、教員、学生、生徒たちの「学びの道場」といえるような学校です。新入生の皆さんも、この「学びの道場」で、自らを鍛え、自分の可能性を広げてください。

 後になりましたが、保護者の皆様、お子さまのご入学おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。本日から3年間、大切なお子さまをお預かりすることとなります。中学生という時期は、何かと多感な時期でもありますが、様々な経験を積んで、大きく成長する時期でもあります。
 学校とご家庭がしっかりとつながり、地域のお力も借りながら、教職員が全力でお子さまの成長を支援してまいります。どうか信頼いただき、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 それでは、西城陽中学校1年生のみなさん、今日から中学校生活が始まります。皆さんが、仲間とともに学び合い、励まし合いながら、はつらつと学校生活を送る姿を期待し、式辞といたします。

  平成31年4月10日  
                    城陽市立西城陽中学校長 佐古 清


15:31