PTA News >> 記事詳細

2017/07/25

京都府PTA指導者中央研修会

| by project1

京都府PTA指導者中央研修会

 

712日(水)に京都府PTA指導者中央研修会が国立京都国際会館で行われました。

午前中は、開会行事や実践発表などがありました。

三笠小学校PTAが取り組まれている、参加し、互いに協力する環境づくりを目指す支援ネットが、卒業後にも入れて一緒に行われているところがすばらしいと感じました。

午後からは文化発表と講演がありました。

笠置小学校の児童の子たちが落語「時うどん」を発表してくれました。練習を積まれているのがわかり、特にうどんをすする場面がとても上手でした。会場は笑い声であふれていました。

 筑波大学客員教授の江上いずみ氏の講演では、「おもてなしの心」について表すことの大切さや、表し方などを聴きました。第一印象の大切さや相手によって表し方が変わる話など大変興味深く印象に残りました。特に、挨拶は相手の方に口元が見えるように話し終わってからする分離礼が大切であること、入室を確認するノックの回数は3回が良いことなどを知ることができて、とても勉強になりました。

 昼食は、お話をしながら、お弁当を頂きました。先生方も一緒で普段ゆっくり聞けない学校行事のことや様子などが話題になり楽しかったです。

 三笠小学校PTA会長が話されたフレーズです。
 『PTA』→『パッと・楽しく・集まろう』

 私たちもそうありたいですね!


12:06