COUNTER196965

 〠619-1411 京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字中谷12番地26   TEL:0743-93-3730/FAX:0743-93-3733/e-mail:myama-sho@myv.ed.jp
 

お知らせ


       『 6年生を送る会 』 ご案内

  土曜教育として「6年生を送る会」を、下記のとおり開催いたします。
  最高学年としての6年生の姿、これまでの感謝を伝えるために頑張ってきた子ども達の姿を、是非ご覧ください。

                        

  
1 日 時  2月24日(土) 9時30分 ~ 11時30分
 2 場 所  本校体育館
 3 内 容(1)全校合唱
      (2)在校生発表
      (3)教職員発表
      (4)6年生発表
      (5)引き継ぎ
      (6)プレゼント渡し
      (7)セレモニー




 
 かぜやインフルエンザの予防をお願いします。
      かぜやインフルエンザにかからないように、予防することが大切です。
 
 《 ウィルスの感染を防ぐ 》
   ○ 手洗い・・・・手についたウィルスを小まめに洗い流す。
   ○ マスク・・・・顔にピッタリ合うマスクをする。
   ○ うがい・・・・喉についたウィルスを外に追い出す。

  《 ウィルスと戦う力をつける 》
   ○ バランスの良い食事・・栄養のある物をしっかり食べる。
   ○ 早寝早起き・・・・・・疲れた身体を癒やすために、十分な睡眠をとる。
   ○ 適度な運動・・・・・・体力をつけることも大切。(寒さ対策はしっかりと)

 

子ども達の様子

3学期のできごと
123
2018/02/18new

文化のつどい

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月18日(日)南山城村「文化のつどい」
 南山城文化会館(やまなみホール)を会場として、「南山城村 第36回文化のつどい」が2月18日(日)~24日(土)まで開催されています。
 華道や茶道、お菓子や写真、絵画やポスター、習字など、質の高い作品展示や舞台発表が行われています。
 本校児童の絵画やポスター、書道なども展示されています。


                        6年生児童作品



            「木津川を美しく」ポスターの部作品


                     「木津川を美しく」 書道の部作品


 「明るい選挙」ポスターの部作品


             舞台発表 やまなみ太鼓「絆」

       やまなみ太鼓「絆」のメンバーとして、小学生も頑張っていました


16:47 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2018/02/18new

相楽「少年の主張」大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月18日(日)第25回相楽「少年の主張」大会
 笠置町産業振興会館を会場として、各市町村の代表者による相楽「少年の主張」大会が行われました。

          
 南山城村の小学生の代表とて、6年生の乾さんが「ここから創る新たな思い出」と題して、堂々と発表していました。 また、クラスの友だちも会場に応援にきていました。
16:00 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2018/02/18new

卒業生送る会の取組(6年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月15日(木)卒業生送る会の取組(6年)
 卒業生送る会の取組が、どの学年も進んでいます。送られる6年生も、それに応えるように、自分たちで6年間の思い出の発表練習を進めています。

        6年間の思い出を劇にしながら             大仏さまになりきって


                       シナリオを相談しながら修正


    演技指導にも熱が入る


             楽しみながら 発表練習を進めていました


            グループに分かれて、作業も着々と


                     「これでいいかなぁ?」と相談しながら



 6年生は、卒業の嬉しさと巣立つ寂しさが入り混じりながら、協力して作業を進めていました。

09:54 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
2018/02/18new

卒業生送る会の取組(3.4年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月15日(木)卒業生を送る会の取組(3.4年)
 3年生と4年生が合同で、卒業生を送る会の練習に取り組んでいます。 合唱と6年間の出来事に合わせ、6年生へのメーセージの練習をしています。


     
合同合唱練習  入退場の仕方や並び方、声の出し方など熱心に取り組んでいました



    シナリオの変更を相談             台本を見ながらたち稽古




    6年間の出来事と6年生へのメーセージ               シナリオを書き直しながら
 
 各グループに分かれ、6年間の出来事に合わせ、6年生へのメーセージのセリフ合わせ等を楽しみながら行っていました。

00:15 | 投票する | 投票数(25) | コメント(0)
2018/02/17new

卒業生送る会の取組(5年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月15日(木)送る会の取組(5年)
 2月24日(土)に6年生を送る会を実施します。保護者の皆さま、地域の皆さま、是非ご来校参観頂き、在校生や6年生の発表に、温かい拍手を頂ければ幸いです。
 6年生を送る会に向けて、5年生がリーダーシップを発揮し、取り組みを進めています。

                スローガンの製作




                 懸垂幕の制作


              張り出しプログラムの制作
00:15 | 投票する | 投票数(40) | コメント(0)
2018/02/16new

スポーツ広場

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月13日(火)スポーツ広場
 毎週火曜日の放課後、3年生以上の希望者がスポーツ広場で汗を流しています。 基礎体力をつけたり、球技やニュースポーツに取り組むなど、学年の枠を超えてスポーツに親しんでいます。 体力をつけることはもちろん、スポーツをとおして、協力することや助け合うことの大切さを学び、優しい気遣いと温かい心遣いができる子どもに育ってほしいと願っています。
  今回は、サーキットトレーニングに取り組みました。

              マットをリズミカルに飛び越え


                跳び箱を腕の力で前進


          マットで前転 足を交差し方向転換 後転へと進みます


        平均台では、右向き180°回転 次は左回り180°回転しながら前進



        ローハードルを前後に10回 ハイハードルを前後に10回 ジャンプ

        最後は、輪っかをリズミカルに 手は上げたり広げたり

  各自の体力に合わせて、5~10周のサーキットトレーニングで汗を流しました。


09:10 | 投票する | 投票数(41) | コメント(0)
2018/02/15new

あおぞら 「送る会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月14日(水)あおぞら「卒業生を送る会」
 精華町むくのきセンターを会場として、相特研主催「卒業生を送る会」を開催しました。 「友だちさん歌」を全員合唱した後、各ブロック毎に発表しました。

     開会前はリラックス                卒業生アピール



      和束・東部ブロックの「What makes you beautiful」のダンスを披露



      和束・東部ブロックの「前前前世」の合奏   とても上手でした


  自分たちの発表が終わり、緊張から解放      よくがんばりました (^^)/

 卒業生に花束贈呈後、「大きな歌」を全員合唱し、閉会しました。






14:54 | 投票する | 投票数(42) | コメント(0)
2018/02/14new

児童集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月13日(火)児童集会風景
 毎月、月初めは学校主催の全校朝礼、半ばに児童会主催の全校集会を実施しています。
 児童会本部や各委員会からの連絡などがありました。

         進行は本部が担当              めあて(目標)について


              開会はいつも児童会の歌「365日の紙飛行機」


    大きな声で気持ちがいい              放送委員会からの連絡


              まとめ(総括)と閉会の挨拶を本部から
  
【 伝達表彰 】

  集会に引き続き伝達表彰              全国教育美術展 入選の表彰


      全国教育美術展 佳作入賞者                佳作代表者表彰  

 相楽「家庭のきずな作文」入選




13:09 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/13new

1.6年薬物乱用防止教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月9日(金) 6年薬物乱用防止教室
 6年生は、京都府薬物乱用防止指導員の西部清志さんを講師にお招きし、「薬物乱用防止教室」を行いました。同じ時間に、1年生は「たばこの害」について学習しました。
 【6年生 『薬物乱用防止教室』】

    薬物にはどんなものがあるか?         医療面等で必要な物も多い


             サンプルを熱心に見ている子どもたち


               乱用とはどういうことか?


                         資料やDVDを観ながら、考えていました


          最後に薬物サンプルをもう一度観ながら、説明を受けました

 【1年生 『たばこの害』】


      たばこは体に悪いことや火事になることなど紙芝居風にして学習



           たばこの中毒性や受動喫煙にも触れながら








12:44 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/12new

クラブ活動風景

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者
 
 2月9日(金)クラブ活動風景

 家庭科クラブ (手作りチョコレート)

 よく刻んだチョコを湯せん          生クリームをよく混ぜてオーブンシートへ


          今の時期はやはりチョコレートづくり (^^♪


              取り分けたチョコを丸めます


          ココアパウダーや粉糖で仕上げます \(^o^)/

 科学・パソコンクラブ  (プログラミング等)

            個々の課題に応じたパソコン学習


        カードづくりやタイピング練習、プログラミングの基本も


            困った時は先生からアドバイス


        
友達と相談しながら、楽しく学習を進めていました

 スポーツクラブ (今回はドッチビー)

               今回はドッチビー大会
        

  上手くかわした \(^o^)/           今のはセーフとアピール


               ディスクを2つに増やして


       
寒い日でしたが、体育館内は子ども達の熱気があふれていました


08:21 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/11new

1.2年すごろく(生活科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月8日(木)1.2年すごろく(生活科)
 2年生が生活科で、「すごろく」を製作しました。 2グループに分かれ、アイディアを出し合い工夫しながら仕上げました。 1年生を招待し、「すごろく」遊びを楽しみました。

   2年生が「すごろく」遊びの準備         「1年生早くきてほしいなぁ」


                  `2年生がルールについて説明


                 順番を決めて、すごろくスタート


         山あり                      谷あり


                  
1年生よりも 2年生が必死??



         一喜一憂 楽しい「すごろく」大会になりました
22:48 | 投票する | 投票数(44) | コメント(0)
2018/02/11

3年山城郷土資料館見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月9日(金) 3年山城郷土資料館見学
 3年生が、社会科の学習として『日本のくらしの変化』を学ぶために、山城郷土資料館を訪れました。山城郷土資料館では、スタッフの方に説明を頂き、『日本のくらし いまとむかし』を体験させて頂きました。


     はじめは全体の展示について、スタッフから説明していただきました


       昔の電話                   昔のミシン


                うすひき体験


          昔はこれで、重い物の重さを計っていました



         グループで昔の道具に触れ、いろいろ体験しました
06:30 | 投票する | 投票数(44) | コメント(0)
2018/02/10

6年つながり学習(小小連携)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月6日(火) 6年つながり学習(小小連携)・小中連携授業(中学校美術教諭)
 本校では、つながり学習として、和束小学校と笠置小学校と本校との合同授業を定期的に実施しています(小小連携)。また、中学校の専門的な教諭が音楽や図工の授業にT2として入っています(小中連携)。
 今日は、6年生の図工の授業を笠置小学校の児童と一緒に学習し、また指導者に笠置中学校の美術の伊藤先生にきていただきました。
 【 図工 『絵手紙を描こう』】

               笠置小学校の児童と一緒に


        中学校美術の伊藤先生が、基本的な筆の使い方を指導



             スイセンやシンビジュウムを題材にして


                     担任も真剣な表情で描いていました

 

             なかなか味のある作品に仕上がりました
00:20 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/09

入学説明会・体験入学

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月8日(木) 平成30年度入学児童保護者説明会・体験入学
 平成30年度入学児童とその保護者の方に来校していただき、保護者対象に入学説明会を開催いたしました。 その間、入学予定の子ども達は5年生と一緒に体育館で運動したり、図書館でお絵かきをしたりしました。

             親子で来校  ようこそ南山城小学校へ


         説明会前に、学用品の購入や、帽子や体操服のサイズ合わせ


        学校生活全般に渡っての説明を各担当が行いました。


 子ども安全について、警察署駐在員からお願い       反射板等の配布

  【 子ども達の様子(体験入学) 】


                       5年生とおにごっこをしたり


                 ダルマさんが転んだをしたり


                  体育館から図書館へ移動



                クレパス使って、お絵かきを楽しみました








16:06 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/08

テレビ取材(村っしい)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月6日(火) テレビ取材
 ふるさと学習の一環として、4年生は南山城村の特産物である椎茸について、年間を通して学習しています。村の特産物である椎茸を、広く府民の方に広めることを考え、キャラクター「村っしい」を考案。 椎茸レシピや椎茸カレンダー等も制作しました。
 村の椎茸の良さを広く村外の方に知っていただくために、「道の駅 お茶の京都 南山城村」に展示をお願いしました。 道の駅を通じて、KBS京都放送局が本校に取材に来られました。



                    4年生考案「村っしい」と「料理バージョン」


             「村っしい」のニューバージョンの制作


                     カレンダーも作りました





 特産物である「椎茸」や「お茶」、「お米」の学習を通して、村の良さを知り、誇りを持ち、ふるさとを愛し、村を大切にする子ども達であってほしいと願っています。

 【 放送予定 】
     放送局   KBS京都放送
   番 組   「NEWSフェイス」
   放送日   2月15日(木) 17時45分~18時00分

11:02 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)
2018/02/07

6年 制服採寸

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月6日(水) 6年制服採寸
 あと2ヶ月で中学生になる6年生が、笠置中学校の制服の採寸を行いました。制服やポロシャツ、上履きや体育館シューズ、体操服の大きさ合わせをしました。
             制服を着ると少し大人っぽく


           制服もズボンも成長期に合わせ、少し大きめ



           上履きや体育館シューズのサイズ合わせ


 
 中学校の制服や体操服の採寸をしていると、中学生になるんだなと少しずつ実感が沸いてきたようで、期待と希望に胸を膨らませていました。
13:14 | 投票する | 投票数(42) | コメント(0)
2018/02/06

送る会に向けて(3.4年・あおぞら)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月5日(月) 送る会に向けて
 立春と言えども、寒波が押し寄せ寒い日が続いています。2月24日(土)に行います6年生を送る会について、ブロック毎の練習も始まりました。

 【3.4年合同練習】


               合同合唱練習 (歌詞は覚えたかな?)


 6年間の出来事と6年生へのメーセージ

      1年次担当                    2年次担当

       3年次担当                   4年次担当

       5年次担当                   6年次担当


  3.4年生が協力しながら楽しく制作していました。

 【 あおぞら 連合合同練習 】
 2月14日(水)精華町むくのきセンターを会場として、相特研卒業生を送る会が実施されます。
 2月5日(月)に、本校に於いて、連合小中学校の合同練習会をしました。


 各校で練習を積み上げてきて、はじめての合同練習会でした。音が揃っていく楽しさを味わいながら、練習を終えました。
16:05 | 投票する | 投票数(45) | コメント(0)
2018/02/05

なかよし班活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月5日(月) なかよし班活動
 6年生を送る会に向けて、1年生から5年生の児童が、各なかよし班毎に分かれて活動しました。
 5年生がリーダーとなり司会を務め、内容や作業の仕方などを分かりやすく説明したり、困っている低学年の児童をやさしく支援していました。



                なかよし班 2班



               なかよし班 4班



               なかよし班 3班



               なかよし班 1班



               なかよし班 6班



               なかよし班 5班
   なかよし班で、お世話になった6年生のお兄さんやお姉さんに、感謝のメッセージを相談しながら書いていました。そのメッセージは6年生を送る会で、6年生へ手渡す予定です。
17:47 | 投票する | 投票数(45) | コメント(0)
2018/02/04

授業風景(4.5.6年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月2日(金) 授業風景(4.5.6年) ・ クラブ活動



            6年 【学級活動】 『送る会に向けて』




                5年 【音楽】 『合奏 全体練習』




                4年 【国語】 『物語を深く読む』

 【 クラブ活動風景 】


                スポーツクラブ (ドッチボール)



                家庭科クラブ (ホットケーキ)



              
科学・パソコンクラブ (スライム)


06:05 | 投票する | 投票数(50) | コメント(0)
2018/02/03

村っしい (ゆるキャラ?) 4年

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 2月2日(金) 村っしい (ゆるキャラ?) 4年生
 『村っしい』 4年生考案 村のゆるキャラ
  名称 「村っしい」
  由来  村としいたけが大好きだから
  年齢  4歳(しいたけのしいで4歳)
  性別  男の子
 
 4年生は、村の特産物である椎茸について、年間を通して学習をしています。4月に南山城村椎茸連絡協議会やJAの皆様のご協力のもと、5年生と一緒に椎茸の菌うちをし、学校林の中で生育させ、10月のふれあいフェスティバルの午後、椎茸を収穫し、バーベキューにして、児童や保護者、地域の方に振る舞いました。
 4月 椎茸の菌うち

 4月 椎茸の菌うち風景

 10月 椎茸の収穫
 
      こんなに美味しい椎茸ははじめて \(◎o◎)/!

 
   
お世話になりましたm(__)m       会場のみなさんにも配りました

 11月 椎茸販売見学

         販売の工夫など説明を受けたあと、展示仕方など見学しました



 12月  椎茸料理

 村の特産物である椎茸の栽培をしてきた4年生が、椎茸料理に挑戦しました。

   味付けは 塩味? カレー味? ポン酢味? コンソメ味?   ???

     丁寧に出来上がり            オーブンやフライパンで焼きます


 出来上がった料理は、みんなで美味しくいただきました!(^^)! 先生方にもちょっとお裾分け(^^♪

 12月には、クラスのみんなで椎茸をもとにしたキャラクター、『村っしい』を考案したり、椎茸カレンダーを製作しました。この『村っしい』(ゆるキャラ?)や椎茸カレンダーを広く府民の方に知っていただくために、「道の駅 お茶の京都 南山城村」に展示をお願いしました。

15:35 | 投票する | 投票数(51) | コメント(0)
123

校長室から

校長室から
123
2018/02/17new

校長室から  2月1日(木)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

                「 たしなみ 」

「1月は行き、2月は逃げ、3月は去る。」 この時の経つことの速さを表す言葉を、みなさんも一度は聞かれたことと思います。
 もう2月。ついつい気持ちが焦り、急がされてしまいます。
  『 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 』
 上の句は、松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪の詠んだ句です。物が豊かになった現在ですが、昔の方がやはり人々の心は豊かだったのかと思わせる句です。季節に寄り添いながら生きてきた日本人は、春夏秋冬の移ろいを心から楽しんでいたようです。
 先日、知人から本を頂き、その中に「たしなみとしつけ」という項がありました。
 「たしなみ」は、こういう場合には、こうするのが適当であると、自分で判断すること。自ら進んで求める修養、あるいは教養である。それに対して「しつけ」は、外側から強制して「繰り返し教え実行させること」で、幼少期からきちっと教えなければならない。また「しつけ」の根底には、愛情と信頼があってはじめて効果があがる。(本当の礼儀作法より)
 その通りだと思います。親として、子どもの遠い将来像を思い浮かべた時、人前できちっと対応できる素養は身につけさせておきたいものです。「あいさつをする」「靴を揃える」など、簡単なことから「しつけ」をし、当たり前の行動として自然にできる子に育ってほしいと願います。しかし、子どもは親の言うことをなかなか聞けないものです。でも、親の行うように行うとよく言われます。
 「たしなみ」を教えるのは難しいことです。本の中に「恭敬和親」という言葉がありました。それは、『自分自身は恭しい(うやうやしい)態度で、相手に対してはこれを敬い(うやまい)、和み(なごみ)あい、親しくつきあう。』ということで、これが礼儀の根本であるとも述べています。私たち大人が、いつも恭敬和親の態度で人と接していれば、側にいる子どもは自然と「たしなみ」の基本を身につけ、心豊かに育つのではないでしょうか?
 心を豊かにするもののひとつに「道徳」があります。
 「道徳」は、人としての生き方を学ぶ大切な学習です。学校では、道徳の時間だけでなく、すべての教育活動を通じて、子ども達の道徳教育を推進しています。
 「道徳」は「道」と「徳」からできています。「道」は、人として生きる道であり、こうすべきだということを言葉で示すことができます。しかし、「徳」を言葉で伝えるのは難しいことです。「徳」は、その人のかねての言葉や生き方からにじみでるものであり、感じるものだからです。私たちの身の回りには、心から頭を下げたくなるような方が多くおられます。子ども達は、周りの人々に感化され、徳を身につけていきます。道を説き徳を以て感化するのが道徳だとすれば、学校だけでなく社会全体で行うものだと言えます。 子ども達に、良い影響を与える大人でありたいものです。特に、勤労、思いやり、協力、感謝、郷土愛、公共心などは、身近な大人ほど影響を与えやすいものではないでしょうか。 ふるさとの人と自然を誇りにできる子どもに育ってほしいと思います。
                               校長  吉田隆司

00:32
2018/01/05

校長室から  1月5日(金)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

       「 半歩先の目標 」      

 新年あけましておめでとうございます。穏やかな年明けとなりました。私たちの住む地球は太陽の周りを365.2422日かけて公転しています。時の流れの区切りがあるわけではありません。しかし、人類はめぐり来る季節をもとに、工夫して農作物の耕作のために暦というものを作りました。この暦もいくつかの変遷を経て、今日のような暦になりました。1月は「睦月」ともいい、「親類知人が互いに往来し、仲睦まじく」という語源があるそうです。日本のお正月は格別で、静寂の中に除夜の鐘が響き、年が明けます。凜とした空気の中、きっとお正月には、家族や親類が集まり、互いの健康を祝いお雑煮をいたただかれたことと思います。
 お正月の門松に欠かせないのが「竹」です。この竹は、1日に1メートル以上伸びることもある、たいへん生長の早い植物です。しかし、ただ上へ上へと伸びたのでは、自分自身を支えきれなくなってしまいます。そこで、自分を支えるために「節」があります。雪が積もった時は、身体をしならせ雪の重みに耐え、風が吹けば折れることなくなびきます。細長く一見弱そうに見える竹ですが、そう簡単に折れることはありません。「節」が稈(かん)の生長を支え、竹全体の強度を支える重要な役割を果たしています。
 人生においても「節」「節目」があります。誕生日であったり、入学や就職、結婚であったり・・・。きっと、節目、節目に気持ちを新たにし、「がんばろう」という目標を持ち、そして、竹の如くしなやかに伸びていくのだと思います。「一年の計は元旦にあり」というように、この節目を大切にして、大人も新たな目標をたてられたと思います。「夢」や「目標」を持つことは、人生の指針となりとても大切なことです。夢は大きくもち、その願いの実現に向けて努力し続ける態度を保つことが何よりも大切でしょう。
 今年の箱根駅伝では、青山学院大学が総合優勝4連覇を成し遂げました。原監督は、具体的な目標をキャッチコピーにして目に見えるように揚げているそうです。今年のテーマや次のレースの目標、クリアすべき課題等を紙に書いて提示します。そのポイントとして、「一歩先ではなく、半歩先の目標を設定すること。すると、目標が具体的に見えて、着実に結果につながるんです。監督になって11年、この目標設定の意識を選手達に徹底してきました。」と2連覇した時に述べています。
 目まぐるしく変化する国内外の社会情勢の中、数十年先、いや数年先ですら予測をすることは困難である急速な変化をしています。そのような中で「夢」を持つことは困難かもしれません。
 「人として、幸せに生きることとは何か?」
 「本当に大切なものは何なのか?」 を
 もう一度ゆっくり考えたいものです。
 子ども達に「夢」を持たせるのが、私たち大人の役目です。私たち大人が大きな「夢」を持ち続け、半歩先の目標実現のため日々コツコツ努力している姿は、子ども達にも格好良く映るのではないでしょうか。
 学校も、節目を大切に、子どもたちが目標を持ち、目を輝かせ生き生きと活躍できるよう、教職員が一丸となり精一杯支援していきたいと思っております。流行も意識しつつ不易を大切にし、「ふるさとを愛し、自分を大切に、ひとを大切に」する教育を推進していく所存です。 保護者の皆さま、地域の皆さま、今年も昨年同様、どうか温かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                              校長  吉田隆司




19:29
2017/12/21

校長室から  12月22日(金)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

             『 おかげさまで 』

 テレビのある放送局が「日本語の美しい言葉」についてアンケートを行ったところ、
   第1位 「ありがとう」、 第2位 「さようなら」、 第3位 「はい」、
   第4位 「すみません」、 第5位 「おはようございます」 だそうです。
 日常生活の中で、昔から自然と使われている言葉です。そんな美しい言葉は、人と人を結び、お互いの心と心を通い合わせ、楽しく心地よい環境を作り出すための一番の近道だと感じます。
 以前、大学の教授が嘆いていたことがあり、それは、いわゆる〈枕詞(まくらことば)〉のようなものを身につけてきていないということです。例えば、「お元気ですか」と尋ねると、「はい、元気です」という答えは返ってきても、「おかげさまで元気です」という返事のできる学生が、以前と比べて少なくなりました。遅刻して教室に入ってきた学生が、授業の後で、「遅刻しました」と、名前を届けにはきても、「すみません、遅刻しました」という枕詞がつかないのです。「お話し中、すみませんが」とか、「夜分(やぶん)、失礼します」という挨拶のできる学生も少なくなりました。いずれにしても、言葉が貧しくなっています。それは取りも直さず、心が貧しくなってきているのではないでしょうか。
 私は、「おかげさまで」という言葉も「日本語の美しい言葉」の一つであると思います。
この表現は、私たちが実は、一人では生きられないこと、たくさんの〈おかげ〉を受けて生きていることを忘れない心の表れなのです。見えないものへの感謝なのです。私たちが何気げなく普通にくらしていられるのは、多くの人の、名も知れない誰かの献身的な努力があるからなのです。「おかげさま」という心を忘れたとき、人は傲慢(ごうまん)になり、感謝の心をなくしているのです。
 ところで、本当にありがたいこと、何でもない時に「おかげさまで」と言うのは比較的に易しいのですが、不幸や災難に遭った時はどうしましょう。ごまかすのではなく、不幸、災難、苦しみをしっかりと受け止めながら、そんな時にも、この苦しみの「おかげさまで」と言える自分でありたいと思っています。 
 子ども達が多くの時間を過ごす学校。生活時間のほとんどを過ごす家庭や地域。学校と家庭・地域が両輪となり、「美しい日本語」があふれる環境で、感謝を忘れず、優しい気遣いと温かい心遣いができる子ども達を育てていきたいと思っています。そのためにも私たち大人が、どんなときも、感謝と「おかげさま」の心を持ち続けたいと思います。
 さて、今年も残すところ僅かとなりました。           
 おかげさまで今年も無事終えることができそうです。   
 保護者の皆様、地域の皆様、本年も本校の教育活動にご理解と温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。

  どうか みなさま 良いお年をお迎えください。

                         校長 吉田隆司

12:20
2017/11/29

校長室から 12月1日(金)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者
  『 ふるさとを愛し 自分を大切に ひとを大切に 』        

 「成人式の日、みんなで学校に行きたいのですが開けていただけますか?」と卒業生からの電話。私は、その卒業生とは面識がありません。 当時教頭であった私は、少し悩んで「学校を開けてあげるよ」と返事しました。
 年が明けて成人式の午後、当時の担任の先生は都合で来られないらしく、子ども達だけでやってきました。鍬やスコップを貸してあげると、みんなで体育館の裏へ行き、地面を掘り始めました。みんなの記憶も曖昧で、あちこちを掘って、小学校の卒業時に埋めたタイムカプセルをやっとの思いで掘り当てました。
 タイムカプセルの中からは、当時の写真や作文、大切にしていた宝物、寄せ書きや自分に宛てた手紙。8年の時を経て、子ども達の思い出の品が次々と出てきました。自分の物が見つかる度に子ども達の顔は輝き、「これ覚えてる!」「こんなこと書いてたんだ。」と、スーツ姿や着物に身を包みながらも、無邪気にはしゃいでいる光景を、私は微笑ましく見ていました。
 最後に、子ども達には知らされていなかった「家族からの手紙」が取り出されると、次第ににぎやかな雰囲気が静まりました。数人の子ども達の目に涙が溢れていました。
 ある子どもは亡くなった祖母からの手紙に、またある子どもは母親からの手紙に涙を流しています。少し話を聞くと、最近は母と意見が合わず、きちんと話をすることもないようです。おそらく、手紙から、母親が自分のことをどれだけ大切に思っているのかを知って、気持ちが抑えられなくなったのでしょう。子ども達はしばらく涙が止まらず、その周りには他の子ども達が自然と寄り添っていました。
 タイムカプセルには、当時の思い出とともに家族が自分を思う温かな気持ちがいっぱい詰まっていたようです。

 人は誰かを守り、誰かに守られながら生きています。
  「かけがえのないあなた」
  「あなたのことが大好きです」
  「いつも見守っているからね」
 手紙に書かれていた、この「時を超えた声援」は、子ども達にとって、これから明日へ踏み出すための大きなエールになったのではないでしょうか。
 過去からのエールを手にして帰る子ども達を見送りながら、私自身、温かな雰囲気に包まれた午後でした。

 12月4日~10日までが人権週間です。
 『 ふるさとを愛し 自分を大切に ひとを大切に 』
 私が南山城小学校に赴任してから、常々子ども達に語っている言葉です。
 身近な人に「ありがとう」と言えてるでしょうか? 身近な友達が、しんどい思いをしてないでしょうか? 人に対し、嫌な思いをさせていないでしょうか?
 みんなが、幸せに生きているでしょうか?
 みんなが幸せになるために、自分はできることをしているでしょうか?
 私たち大人も、この機にもう一度振り返りたいものです。
 「優しい気遣いと温かな心遣い」ができる家族、ファミリー南山城小学校を築いていきたいと思っています。
                                                             校長  吉田 隆司

       

17:30
2017/11/01

校長室から 11月1日(水)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者
                    「 おかえり 」

 10月28日(土)の「ふれあいフェスティバル」を終えた時、私が昔に読んだエッセイが蘇ってきました。

 中学生の女の子が部活から帰る途中、畑仕事をしている近くに住むおじいさんから「おかえり」と声をかけられました。その日はとりあえず「ただいま」と返事して通り過ぎました。次の日も、また次の日もおじいさんは「おかえり」と女の子に声をかけました。「『おかえり』って家の人に言われるものなのに‥」と女の子はずっと不思議に感じていました。
 数日後、おじいさんは「おかえり」と言いながら野菜の話をし始めました。女の子は、バレー部の練習がしんどかったから「めんどくさいなぁ」と適当に返事しながら少し相手して帰りました。おじいさんは時々「野菜の事」「おばあさんの事」「自分の昔の事」など、何気ないことを女の子に話をしました。女の子は「早く帰りたいのに…」と、いつも適当に返事して後にしていました。
 ある日、女の子はクラスでとても嫌なことがありました。帰る途中「おかえり」と、にこにこしながらおじいさんの声。女の子は、学校であったこと、嫌な思いをしたことを涙ぐみながらおじいさんに話をしました。おじいさんは「そうかい、そうかい。たいへんじゃったのう」と一生懸命女の子の話を聞いてくれました。女の子は、少し気持ちが楽になったように感じました。
 女の子は家に帰ってから、おじいさんの笑顔を思い出し、また泣けてきました。
 「今までおじいさんに、なんてひどい態度で接してきたんだろう」と。女の子の毎日の変化をおじいさんは感じていてくれたこと。いつも気にかけていてくれた事がじわっーと湧き上がってきたのです。
 地域に住む方みんなが、子ども達を見守ってくれている。地域の方の温かさが身に染みてきました。地域に住む方みんなが、大きな家族みたいなものだと気づいたのです。
 だから「おかえり」なんだと。
 おじいさんは、今日もにこにこしながら「おかえり」と声をかけてくれました。


 「ふれあいフェスティバル」はあいにくの空模様でしたが、多くの保護者の方や地域の皆様にご来校いただき、盛大なフェスティバルになりました。午前は、南陽高校と木津高校の高校生を招いての「ふれあい文化鑑賞」、午後は、『ふるさとを愛し、自分を大切に、ひとを大切に』することを育む取組として、「ふるさと学習」を行いました。子ども達は、「お茶の淹れ方講座」や「椎茸の収穫・試食」、「餅つき」や「お茶のふるまい」など、地域の方の手ほどきを受けながら、貴重な体験活動ができました。地域の方とふれあう中で、地域の温かさを肌で感じ、村の良さを味わってくれたと思います。
 共催いただきましたJA南山城村支店さんや役場産業生活課さんをはじめ、農業委員さん、茶業組合さんや椎茸連絡協議会さん、おにぎりや産品汁に奮闘いただきました女性部さん、ご協力いただきましたすべての皆様に、厚くお礼を申し上げ心より感謝いたします。
 今後も、子ども達を温かく見守っていただき、「おかえり」と声をかけていただければ幸いです。
 朝夕の空気が寒く感じる時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。
 
                                                           校長  吉田隆司

14:55
123

相楽東部広域連合立小中学校ホームページ