〠619-1411 京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字中谷12番地26   TEL:0743-93-3730/FAX:0743-93-3733
 

新着情報

 
お知らせ
学校からのお知らせです
12345
2019/03/20new

卒業証書授与式

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


   3月20日(水) 卒業証書授与式

  柔らかな日差しを浴び、村の野をわたる風に春の香りが感じられる本日、手仲村長様をはじめ、多数のご来賓の皆様、並びに保護者の皆様のご臨席を賜り、卒業証書授与式を盛大に挙行することができました。14名の卒業生は、卒業式の中で将来の決意を述べ、温かな雰囲気の中、学舎を巣立っていきました。





    卒業生入場






                   卒業証書授与


      学校長式辞


    告示及び祝辞


                 卒業記念品授与


    祝電                          PTAより記念品



                別れの言葉


                    卒業生退場


15:20
12345

子ども達の様子

3学期のできごと
123
2019/03/20new

卒業証書授与式

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月20日(水) 卒業証書授与式

 柔らかな日差しを浴び、村の野をわたる風に春の香りが感じられる本日、手仲村長様をはじめ、多数のご来賓の皆様、並びに保護者の皆様のご臨席を賜り、卒業証書授与式を盛大に挙行することができました。14名の卒業生は、卒業式の中で将来の決意を述べ、温かな雰囲気の中、学舎を巣立っていきました。

    卒業生入場






                   卒業証書授与


      学校長式辞


    告示及び祝辞


                 卒業記念品授与


    祝電                          PTAより記念品



                別れの言葉


                    卒業生退場






14:56
2019/03/19new

6年 校長室での給食

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月15日(金) 6年生校長先生との給食

 毎年恒例、6年生が卒業前に校長室で、校長先生と一緒に給食をいただきました。今までの思い出や中学校の部活、将来の夢など、給食を頂きながら和やかな懇談風景でした。

  1日に一班ずつ校長室での給食


   椅子の座り心地は最高


 6年間の思い出や将来の夢など、和やかな懇談
12:41
2019/03/18new

6年 謝恩会

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月14日(木) 6年 謝恩会

 6年生は、昼休みにランチルームに先生方を招いて、手作りの謝恩会をしました。会場の飾り付けや案内状を事前に準備し、家庭科の時間にクッキーを作って、先生方に感謝の気持ちを手紙にしてわたしました。


  開会のセレモニー



               感謝の気持ちを手紙にしてわたしました


            お礼のお手紙を熱心に読む先生方




      1年次の時からのエピソードを、クイズ形式にして披露




    子どもたちも先生方も楽しめるエピソードクイズでした



 4年次担任に「ぐてたまダンス」をおねだり





 心のこもったとっても温かな謝恩会になりました。
 卒業までもうすぐです
21:29
2019/03/15

3年 障がい者理解

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月12日(火) 3年障がい者理解

 3年生は、村在住の視覚障がい(全盲)がある新山さんをお招きし、障がい者理解教育に取り組みました。新山さんからいろいろお話しを聞かせていただき、点字や白杖の意味、糸通しや時計などの用品などにも触れ、障がいについての理解を深め、自分たちにできる支援について学習を深めました。

  みんなで校長室までお出迎え


                              代表のあいさつ


   質問にも丁寧に答えていただきました


      縫い針に、糸通し




  視覚障がい者用の時計も体験


  お金の見分け方


       新山さんを囲んでの給食 


    新山さんが包丁でリンゴの皮剥き          子どもたちもビックリ

 和やかな温かな雰囲気の中で、交流を深めました。




19:56
2019/03/14

人権の花(スイセン)感謝状

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月11日(月) 人権の花(スイセン)感謝状

 10月初旬に、全校児童が1人1球ずつスイセンの球根を鉢に植え、2月に入り綺麗に咲き誇りました。スイセンは人権の花として、人権擁護委員会から頂いたものです。(10月11日ホームページで掲載)
 普段の水やりなど、各学年で管理していました。3月の児童集会時に、村の人権擁護委員会の方から、「人権の花」運動として人権尊重思想の普及高揚に貢献したことに感謝状をいただきました。

           来客玄関にもスイセンが咲き誇っています


  校長先生から人権擁護委員の方を紹介


                             日常の水やり

               児童会代表が感謝状を受け取りました


   「人権をみんなで大切にしましょう」と人権擁護委員さんの講話



    4年生 「人権標語」


               人権擁護委員さんとの記念写真

 本校では、人権尊重を教育の重要な柱とし、年間を通して人権学習に取り組んでいます。この「人権の花」運動もその一環として取り組んでいます。校内の隅々にいたるまで、一人一人を大切にしようという空気がいきわたっていることを嬉しく思います。



14:53
2019/03/13

ありがとう集会

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者



 3月8日(金) ありがとう集会

 登下校の見守り隊の方や木津警察署駐在員さん、読書ボランティアさんなど地域の方々の多くのボランティアの皆様によって学校は支えられています。児童会本部が主催し、ボランティアの方への「ありがとう集会」をランチルームで行いました。

 拍手に包まれ入場               いつも挨拶を大切にし、感謝を伝えてほしいと校長挨拶


                          司会・進行は児童会本部役員


 感謝のお手紙渡し  低学年は読書ボランティアさんへ


     中学年は、高山駐在員さんと大河原駐在員さんへ 感謝の手紙


  高学年は、登下校の見守り隊の方へ  感謝状


     児童会の歌のプレゼント ♪



   ボランティアのきっかけは? 等、ボランティアさんへの質問コーナー






  駐在員さんの答えに ワクワク




  人と人のつながりを大切にしてください とボランティアさんから





13:12
2019/03/12

1.2年 朝読書(読み語り)ぐりぐらさん

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月6日(水) 1.2年 朝読書 ぐりぐらさんによる読み語り

 読書ボランティアの「ぐりぐら」さんによる読み語りも、本年度最後になりました。月曜日と金曜日以外の朝の時間帯で、少しロングの読み語りを毎学期、全ての学年で行っていただきました。
 今回は、生活科ルーム(和室)で低学年対象の読み語りをしていただきました。

     

   今回はぐりとぐらのシリーズから



        お家でもぜひ読み聞かせをお願いします



        絵本に引き込まれていきます


  おまけで、ぐりぐらさんによる手品




     3つの輪のはずが・・・       1つの大きな輪になりビックリ



12:54
2019/03/11

児童会 委員会活動

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月1日(金) 児童会一斉委員会活動

 本年度最後の委員会活動を行いました。各委員会は、3月に取り組む内容を話し合ったり、今年一年間の総括をしたり、次年度への引継ぎ事項について話し合いました。その後、放送室や体育倉庫の大掃除や図書室の本の整理など、みんなで協力しながら行っていました。自治活動として、1年間よく頑張りました。
 【 児童会本部役員会 】

  「ありがとう集会」や「児童集会」の内容や役割の検討


   本年度の総括と次年度への引継ぎ事項の話し合い

 【 図書委員会 】


  本年度の総括をグループで話し合いながら



                書棚の整理も協力しながら
 【 体育委員会 】

   年間の総括と次年度への引継ぎ事項の検討



 教材や教具をフロアに運び出し、体育倉庫の大掃除


                    体育倉庫がとっても綺麗に整理できました
 【 放送委員会 】

 委員長と副委員長が司会進行しながら総括



      放送室機器の点検と掃除もしました
14:46
2019/03/08

5.6年 命の授業

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月26日(火) 5.6年 助産師さんによる『命の授業』

 5.6年生は、助産師会から助産師の方2名を講師にお招きし、『命の授業』を行いました。人の誕生の神秘や人が人として生きること、命の大切さなどについて、DVD映像や人形などを用いて学びました。

    2名の助産師さんを講師として


   受精卵の大きさは


    胎児の成長の過程を実感



             胎盤とへその緒の話に興味津々


                 助産師さんによるお産劇







   質問にも丁寧に答えていただきました


       命の大切さを学ぶ体験でした       ありがとうございました
12:39
2019/03/07

3年 理科実験

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月7日(木) 3年理科「ものの重さと体積」実験

 2月半ばに、3年生は理科の授業で、「ものの重さと体積」についての実験をしました。見た目は同じような形をしていても、重さがまったく違う物がある。鉄や銅、アルミニウムや木片など、物質によって重さや体積が異なることを、実験をとおして学びました。


           見た目は同じ体積なんだけど・・



 理科は、実験や観察をとおして、不思議を考える楽しい授業です    
14:50
2019/03/06

4年 認知症キッズサポーター

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月4日(月) 4年認知症キッズサポーター

 4年生は、役場福祉課と社会福祉協議会の方を講師にお招きし、「認知症キッズサポーター」の学習をしました。認知症とは何か? お年寄りの困りごとは何か? どのようにサポートするのがよいのか? 等を、体験しながら学びました。
     


    4名の方を講師にお招きし、認知症とは何かについて考えました





                 お年寄りの困りごとは何かを実際に体験



         視野が狭く、書き辛い


  体験したことをもとに、どのようにサポートするのがよいのか?


             みんなで話し合いました

19:36
2019/03/05

6年 薬物乱用防止教室

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月25日(月) 6年 薬物乱用防止教室

 6年生は、1学期末の非行防止教室の中で薬物乱用防止について学習をしましたが、今回は、京都府薬物乱用防止指導員の方を講師にお招きし、さらに発展させた内容で、薬物乱用防止について学習しました。

   京都府薬物乱用防止指導員さん



                           薬物標本を熱心に観る子どもたち


 学校評議委員さんにも参観いただきました



              班で話し合ったことを発表し、クラス交流へ
12:08
2019/03/04

1.2年生 「糸つむぎ」体験

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月4日(月) 1.2年生 「糸つむぎ」体験

 1.2年生が生活科の時間に、山城郷土資料館から講師の方をお招きして、「糸つむぎ」体験をしました。糸くり機を使い、綿花から種を取り出したり、糸車で糸をつむぐ行程を体験しました。

 山城郷土資料館から講師をお招きして               昔の道具を使って



      珍しい綿に興味津々





                種取行程や糸つむぎ行程を実際に体験



                   糸車を回すのは楽しいです



      種を取り除くのはなかなか難しいです


                 講師の方へ質問や感想
14:04
2019/03/01

ひな祭り

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 3月1日(金) ひな祭り

 3月3日(日)はひな祭りです。学校に寄贈いただいたお雛様を、2月中旬から1階ランチルーム前のエントランスホールの大階段に飾りました。 意外と子どもたちに好評で、休み時間などによく観にきていました。




13:36
2019/02/28

学校評議委員会

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月25日(月) 学校評議委員会

 2月25日(月)に、学校評議委員会を行いました。学校評議委員会とは、地域社会に対してより開かれた学校にしていくために、地域の代表者を交えて話し合いを行う委員会です。本校では、3名の学校評議員さんにお世話になり、3学期は最初に各学年の授業を参観して頂きました。
 

         1年生


          2年生


                                   3年生



     4年生



    あおぞら                             6年生



 参観後、「子どもたちが、本当に落ち着いて授業に参加していますね」と評議委員の皆様から感想をいただきました。その後の会議では、学校の1年間の取組の様子や保護者の方の学校評価などを参考に、様々なご意見を頂きました。次年度の教育活動に生かしていきたいと思います。

23:55
2019/02/27

「6年生を送る会」(後半)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月23日(土) 6年生を送る会(後半)

 
昨日に引き続き「6年生を送る会」の後半部分を掲載します。

【 6年発表 】 「6年A組 ~あしたにたねをまこう~」


   6年間の思い出を寸劇に

  保護者の方も熱心に撮影









 【 プレゼント渡し 】








                  心を込めたメッセージとともにプレゼントを

  【 在校生合唱 】 「 tomorrow 」



        心のこもった素敵な合唱を卒業生に ♪ tomorrow ♪



 【 卒業生退場 ・ 閉会式 】


                 6年生が笑顔で退場


 教頭先生の閉会の言葉                     5年生記念撮影


                        6年生記念撮影

11:28
2019/02/26

「6年生を送る会」(中盤)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月16日 6年生を送る会(中盤)

 前回に引き続き、6年生を送る会の5年発表や職員発表です

【 5年生発表 】 「今日から俺は~5年生バージョン~」


      6年生の思い出を劇に




                        6年生も楽しく鑑賞





  6年生一人一人を大切にしたメッセージを

 【 職員発表 】 合唱「花は咲く」

                   先生方から心を込めて



                 6年担任の先生からメッセージ
   【 引継ぎ 】 


                 6年生の思いを引き継ぐ
21:35
2019/02/25

「6年生を送る会」前半

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 
2月23日(土) 6年生を送る会 (前半)

 
3学期の土曜活用授業として、「6年生を送る会」を実施しました。やや寒い体育館でしたが、多くの保護者の方や地域の皆様の参観をいただき、感動的な温かな送る会になりました。 今回は前半部をアップしました。
 【 6年生入場 】


  1年生がエスコートし、6年生の入場








 【 開会式 】

  司会進行は5年生                      スローガン


 子どもたちと教職員と保護者の皆様と一緒に、温かな送る会をつりくましょうと校長の挨拶

 【 全校合唱 】


 全校合唱 児童会の歌から始まりました

 【 1.2年生発表 】 「もうすぐ春」

 合奏 「♫かえるの合唱」






 6年生への感謝と呼びかけ



     合唱 「♪ きみとぼくの間に ♪」



       いっぱいの花が咲きました

 
【 3.4年生発表 】 「伝えたい、ありがとうの気持ちを」


         リコーダー演奏 「♪3月9日♪」



                        合唱 「♫虹色♫」



    心のこもった素敵な合唱でした


 

12:13
2019/02/23

6年生を送る会(ダイジェスト版)

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月23日(土) 6年生を送る会(ダイジェスト版)

 3学期の土曜活用授業として、「6年生を送る会」を実施しました。やや寒い体育館でしたが、多くの保護者の方や地域の皆様の参観をいただき、感動的な温かな送る会になりました。

  1年生がエスコートし、6年生の入場


 子どもたちと教職員と保護者の皆様と一緒に、温かな送る会をつりくましょうと校長の挨拶
 【 1.2年生発表 】 「もうすぐ春」
 


 「かえるの合唱」合奏


  「きみとぼくの間に」合唱



 【 3.4年生発表 】 「伝えたい、ありがとうの気持ちを」


                  リコーダー演奏 「♪3月9日♪」


      合唱 「♫虹色♫」



 【 5年生発表 】 「今日から俺は~5年生バージョン~」


 6年生の6年間を寸劇に



   6年生も楽しく鑑賞



 【 職員発表 】 合唱「花は咲く」

                   間奏中に6年担任から熱いメッセージも 
 【 6年発表 】 「6年A組 ~あしたにたねをまこう~」

   6年間の思い出を寸劇に

  保護者の方も熱心に撮影





 【 引継ぎ 】 


 【 プレゼント渡し 】


                  心を込めたメッセージとともにプレゼントを



        6年生退場                   教頭先生から閉会の言葉


 


13:46
2019/02/22

6年生へのインタビュー

| by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


 2月22日(金) 6年生へのインタビュー

 児童会の放送委員会の取組として、6年生にインタビューを行いました。1週間前から毎日のお昼の放送時間帯に、一人一人にインタビューを行い放送しました。放送委員会のメンバーが質問し、6年生がそれに答えるという形式で、それぞれ児童の特徴がよく表れたインタビューでした。

 Q:6年間の一番の思い出は何ですか?    A:修学旅行です。〇〇〇がとても楽しかったです


 Q:得意なことは?   好きな本は?   宝物は?  色々な質問  



 Q:在校生や先生方にメッセージをお願いします。


 明日は6年生送る会です。 6年生のみなさんと一緒に過ごせる日もあと二十日ほどです。
 感謝の気持ちを伝え、楽しい思い出をつくっていきましょうと、結んでいました。
18:03
123

校長室から

H30 校長室から
123
2019/03/01

校長室から  3月1日

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


                 『 1本のえんぴつ 』

 2月23日(土)に、「6年生を送る会」を実施しました。多くの保護者の方や地域の皆様にご参観頂きありがとうございました。6年生は、この学舎で6年間を過ごす中で色々なことを経験し、本当に多くのことを吸収して、身体も心も大きく成長しました。間もなく卒業式を迎え、新たなステージへと向かいます。在校生は、演劇や合奏など一生懸命に練習を重ね、心を込めて6年生への感謝の気持ちを表しました。一生懸命な姿は人に感動を与えます。6年生が今まで努力を重ねてきたからこそ、在校生の心を動かすのでしょう。感動を与えるのは、人の心だけです。寒い体育館の中でしたが、子どもたちと先生方と保護者の皆様が一緒になった、とても温かな心に残る「送る会」になりました。
 
 数年前、JRに勤めている卒業生から夜中に電話がありました。「先生、あの鉛筆もう一本もらえませんか?」 電話の声は涙と不安で震えていました。「もう2回落ちてん。次ダメなら運転手になられへん‥」 家族には心配をかけまいと、話はしていないようです。
 私は、中学3年生の担任や学年主任を何度か担当しました。今の時期、中学生は「高校受験」という大きな山を越えなくてはなりません。中学生という時期は、将来の夢や就きたい仕事、自分の適性や多くの情報をもとにして、親子で話し合い進路選択を迫られます。受験を前にした中学生は、日々努力したにもかかわらず、漠然とした不安に包まれていきます。私は、新任の頃からほぼ毎日の家庭訪問を日課としていました。受験の前日は、すべての生徒の家に顔を出しました。
 「どうや?忘れ物はないか?」「今までしっかりやってきたから自信をもってやってこい」と励まします。そして、「これはなぁ、不思議な力が沸く吉田特製『合格鉛筆』や。使わなくてもいい。必ず持って行け」と、一人一人に手渡しました。効くかどうかは分かりませんが、私は心を込めて、1本1本丁寧に『合格鉛筆』を作り、励ましたことを覚えています。
 「先生の鉛筆の威力すごいなぁ」と、満面の笑顔で合格の報告にきてくれた時が嬉しい瞬間です。「この子、大学受験の時も先生の鉛筆を大事に持って行ったんですよ」と、3年後違う保護者からの合格の電話。鉛筆を大事に持っていてくれたことに私がビックリ! 色々な教え子から、就職試験や昇進試験などでも鉛筆が活躍してたらしいことを幾度か耳にしました。本当に嬉しいことで、教師冥利につきます。
 6年生が間もなく本校を巣立ちます。今後、嬉しいことも楽しいこともいっぱいあるでしょう。また、しんどいことや辛いことにも出逢うでしょう。高校進学、大学や就職、結婚といった大きな岐路にたった時、家族や仲間が大きな支えになります。将来が予測しにくい時代ですが、努力を惜しまず一歩一歩確実に歩んでほしいと願っています。
 私たち大人が人生の先輩として、日々のちょっとした声かけやアドバイスをすることが、子どもたちの肥やしになり、岐路にたった時に効いてくるものです。私たち教師は、在校生はもちろん卒業した子どもたちにも、いつも側に寄りそう「1本のえんぴつ」でありたいと思っています。
 小さな頃から電車の運転手になることが夢だったあの卒業生は今、笑顔でJR京都線の安全運転に努めているようです。

                                  校長  吉田隆司

21:26 | 投票する | 投票数(114) | コメント(0)
2019/02/07

校長室から  2月1日

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


           「 耐雪梅花麗(ゆきにたえて ばいかうるわし)

 一年のうちで最も寒さの厳しい季節で、寒さを超えた冷たさが「痛い」とさえ感じる朝夕です。京都府南部もインフルエンザが流行し、近隣の小中学校で学級閉鎖が相次いでいます。健康管理には十分ご留意の上お過ごしください。
 昭和25年度から、1月24日~30日までの一週間は、「学校給食週間」となっています。本校でも、お箸のマナーを含め「食の大切さ」について、栄養教諭が全ての学年で授業を行いました。今の学齢期に、栄養バランスを考えた食事をしっかり摂り、大人になった時に健康で生き生きと生活ができるように、栄養を蓄え心身共に鍛えることが大切でしょう。
 2月3日は「節分」です。そして翌日は二十四節気の「立春」となります。「立春」といえども、まだまだ寒い日が続きます。
 「雪に耐えて梅花麗し」。私が好きな言葉の一つです。昨年の大河ドラマの主人公「西郷隆盛」の「苦しまずして栄光なし」という意味の言葉を、冷たい雪に堪え忍び、春に芳香放ち咲ほころぶ梅花のように喩えたのは、なんとも美しく風流だなぁと感じます。
 私が中学校の担任をしていた頃、学級通信の題を『大樹(たいじゅ)』としました。読んで字の如く、「君たちは、大きな樹になってほしい」という願いで命題しました。この寒い時期が大切で、大地にしっかりと根を伸ばし、寒さに耐えながら栄養を十分に蓄える時期です。野球などスポーツ選手も、この寒いオフシーズンはしっかり走り込み、筋トレなど基礎体力をつけることに専念します。シーズン中に活躍している選手は、オフシーズンに人の見ていないところで何倍もの努力を積み重ねているものです。
 小学生も同じで、この3学期は1年のまとめの時期であり、次年度へのステップの時期でもあります。1年間に習ったことを復習し、基礎学力をしっかり固め、次の学年に備えてほしいと思います。しっかり食べて、早寝早起きを心がけ、寒い中でも外で元気に遊び、身体を鍛えることが大切です。勉強も人が見ていないところでも努力し、しっかりした根を伸ばしてほしいと願っています。

             

 学校として、保護者の方や地域の皆様の願いをしっかり受け止め、『 ふるさとを愛し 自分を大切に 他人(ひと)を大切に 』する教育を目指し、地域に深く根ざした学校でありたいと願っています。
 春はもうそこまでやってきています。子どもたち一人一人が満開の桜のように、自信をもって咲き誇れるように、私たち大人がしっかり支援していきたいと思います。

                                       校長  吉田隆司

10:22 | 投票する | 投票数(81) | コメント(0)
2019/01/01

校長室から 1月1日

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者
  

                        「 一年の計は元旦にあり 」      

 新年あけましておめでとうございます。
 旧年中は、本校教育の推進につきまして、深いご理解と温かいご支援を賜りましたことを、厚くお礼を申し上げます。
 さて、私たちの住む地球は、太陽の周りを365.2422日かけて公転しています。時の流れの区切りがあるわけではありません。しかし、人類はめぐり来る季節をもとに工夫して、農作物の耕作のために暦というものを作りました。この暦もいくつかの変遷を経て、今日のような暦になりました。1月は「睦月」ともいい、「親類知人が互いに往来し、仲睦まじく」という語源があるそうです。日本のお正月は格別で、静寂の中に除夜の鐘が響き、年が明けます。凜とした空気の中、きっとお正月には、家族や親類が集まり、互いの健康を祝いお雑煮をいたただかれたことと思います。
 「一年の計は元旦にあり」とよくいいます。「計」とは計画を意味しており、中国の書物「月令広義」(げつりょうこうぎ)が、この言葉の由来として有力だそうです。中国の伝統的な年中行事、儀式、しきたりなどを解説した書物で、その中に次のように記されています。

  『一日之計在晨』 一日の計は晨(あした)にあり
  『一年之計在春』 一年の計は春にあり
  『一生之計在勤』 一生の計は勤にあり
  『一家之計在身』 一家の計は身にあり


 晨(あした)とは朝のことで、春は正月をさしています。全体では、「初頭に設計(計画)を立てることで日々の充実感が高まり、勤勉に働くことで一生が決まり、健康維持によって一家が幸せに暮らせる」という意味合いになります。この「一日の計」「一年の計」「一生の計」「一家の計」を合わせて「四計」といい、よき人生の設計に欠かせない大切な計画とされているものです。
 同じ時代に生きた日本の毛利元就も同様の事を考えており、付け加えて「元旦、月初めの日、その日の早朝に計画をたてるだけでは意味がない。計画を立てたその日、その時から実行することが最も大切である。」と言っています。
 新年を迎え私たち大人も、心新たに目標を立てたと思います。「夢」や「目標」を持つことは、人生の指針となりとても大切なことです。「千里の道も一歩から」、夢は大きくもち、その願いの実現に向けて、まずスタートを切り実行に移すこと。「継続は力なり」、日々コツコツ努力し続けることが何よりも大切でしょう。
 目まぐるしく変化する国内外の社会情勢の中、数十年先、いや数年先ですら予測をすることは困難である急速な変化をしています。そのような中で「夢」を持つことは難しいかもしれません。

 「人として、幸せに生きることとは何か?」
 「本当に大切なものは何なのか?」をもう一度ゆっくり考えたいものです。
 私たち大人が大きな「夢」を持ち続け、日々コツコツ努力している姿は、子ども達にも格好良く映るのではないでしょうか。
 学校も、新年を迎え、子どもたちが目標を持ち、目を輝かせ生き生きと活躍できるよう、教職員が一丸となり精一杯支援していきたいと思っております。流行も意識しつつ不易を大切にし、「ふるさとを愛し、自分を大切に、ひとを大切に」する教育を推進していく所存です。 保護者の皆さま、地域の皆さま、今年も昨年同様、どうか温かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                        校長  吉田隆司


00:08 | 投票する | 投票数(83) | コメント(0)
2018/12/21

校長室から 12月21日

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者


                                     「 お か げ さ ま で 」 

 『ふるさとを愛し、自分を大切に、ひとを大切に』することを育む取組として、「ふるさと学習」を行いました。多くの保護者の方や地域の皆様にご来校いただき、盛大な取組になりました。子ども達は、「お茶の淹れ方講座」や「椎茸の収穫・試食」、「餅つき」や「お茶のふるまい」など、地域の方の手ほどきを受けながら、貴重な体験活動ができました。地域の方とふれあう中で、地域の温かさを肌で感じ、村の良さを味わってくれたと思います。
 共催いただきましたJA南山城村支店さんや役場産業生活課さんをはじめ、農業委員さん、茶業組合さんや椎茸連絡協議会さん、おにぎりや産品汁に奮闘いただきました女性部さん、ご協力いただきましたすべての皆様に、厚くお礼を申し上げ心より感謝いたします。

 何気なくテレビを観ていると、「あなたの身体は、あなたが食べたものでできている」という食品会社のCMが流れ、当たり前の話なのですが私は、「なるほど!」と思い、お腹の周りをポンポンと叩いてしまいました。また、飲料品のCMで、「世界は、誰かの仕事でできている」というフレーズが流れてきました。ありとあらゆるものが、多くの人の手によってつくられています。目に見えるもの、見えないものもいっぱいありますが、すべての仕事に人の温かな心が込められていると私は感じます。物を作っている人も、サービスを提供している人も、昼間に働いている人も、夜通し働いている人も、自分が見知らぬ誰かの役に立っていると思いながら働いているものです。 「働く」とは、人のために動くということなのです。
 私たちは、仕事だけでなく多くの人たちの支えと、自然の恵みによって生きています。
 家庭では、母や父からの無償の愛に包まれた子育て、祖父や祖母からのさりげない支援、身近な人では、先輩や友だちからの温かな心の支えなど、返すには大き過ぎる恩をいただいています。地域にあっても職場にあっても、人と人との支え合いによって生きているのです。家族や地域の方、友人や先輩、見知らぬ人々、引いては目に見えない様々なものから、ありがたい「おかげ」をいっぱいいただいているものです。
 村の秋が深まってきた朝、通学路が綺麗になっていました。「子どもたちが滑って転ばないように」との思いから、村のどなたかが綺麗に掃き寄せてくださっていたのです。
 本当にありがたいことです。
 「おかげさまで」。この言葉は、私たちが一人では生きられないこと、たくさんの〈おかげ〉を受けて生きていることを忘れない心の表れだと思います。見えないものへの感謝なのです。私たちが何気げなく普通にくらしていられるのは、多くの人の、名も知れない誰かの献身的な努力があるからなのです。
 学校と家庭・地域が両輪となり、『「おかげさまで」「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」』とあらゆることに感謝を忘れず、優しい気遣いと温かい心遣いができる子ども達を育てていきたいと願っています。そのためにも私たち大人が、どんなときも、感謝と「おかげさま」の心を持ち続けたいと思います。

 さて、今年も残すところ僅かとなりました。
 おかげさまで今年も無事終えることができそうです。保護者の皆様、地域の皆様、本年も本校の教育活動にご理解と温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。
  どうか みなさま 良いお年をお迎えください。
                                  校長 吉田隆司


22:30 | 投票する | 投票数(89) | コメント(0)
2018/12/01

校長室から 12月1日

Tweet ThisSend to Facebook | by 相楽東部広域連合立南山城小学校サイト管理者

 
                               「 将 来 の 夢 」 

 勤労感謝の日に、村では「活き生きまつり」が行われ、私も午前中に行きました。やや風が冷たい日でしたが、多くの来場者で賑わっていました。小学生も沢山来ており、とても楽しんでいました。会場には色々な模擬店があり、行列ができているブースもありました。ステージでは、絶えず様々な出し物が披露され、温かな声援と拍手に包まれています。大人も子どもも楽しめるお祭りでした。
 企画運営や各種団体の皆様、ありがとうございました。
 夜中にテレビを観ていると、「2025年の万国博覧会が大阪に決定」と速報が流れました。2020年東京オリンピックに次ぐ大きなイベントの決定で、とても嬉しく思います。
 1970年の万国博覧会(万博)は、「人類の進歩と調和」をテーマとし、シンボルとして太陽の塔がそびえ、人類の高い理想を追求した多くのパビリオンがあり、6500万人もの入場者を魅了しました。その頃の日本は高度成長期前半で、「こんな時代がやってくるのか」と、大人も子どもも「わくわく」し、輝かしい未来への、「夢」と「希望」に満ち溢れていきます。 小学校低学年だった私も1度だけ万博に連れて行ってもらい、「月の石」や有名なパビリオンには入れませんでしたが、スイス館の綺麗さがとても印象に残っています。
 2025年の大阪万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとしています。日本は、世界トップレベルの科学技術を創り上げてきました。しかし、経済は停滞化し少子高齢化社会に向かっています。この万博も、大人から子どもまでみんなが「わくわく」し、将来への「夢」と「希望」が満ち溢れるものになることを大いに期待しています。
 子ども達に将来の「夢」や「希望」を持たせるのは、大人の役割だと思っています。子ども達が大きな夢をいだくために大切なことは、私たち大人が「夢」や「希望」を持つことでしょう。予測困難で将来への不安が大きくなっている時代だからこそ、私たち大人が、日々笑顔で、楽しく活き活きと生活することが大事ではないでしょうか。
 12月15日(土)本校の「ふるさと学習」も、その一つだと思っています。

 12月4日~10日は人権週間です。
 『 ふるさとを愛し 自分を大切に ひとを大切に 』
 私が南山城小学校に赴任してから、常々子ども達に語っている言葉です。
 身近な人に「ありがとう」と言えているでしょうか?
 身近な友達が、しんどい思いをしていないでしょうか?
 人に対し、嫌な思いをさせていないでしょうか?
 みんなが、幸せに生きているでしょうか・・・
 みんなが幸せになるために、自分はできることをしているでしょうか?
 私たち大人も、この機にもう一度振り返りたいものです。
 2025年の大阪万博において、日本は「人権」についても世界をリードする「人権について豊かな国」でありたいと願っています。
 「優しい気遣いと、温かな心遣い」ができる家族、温かな厳しさもあるファミリー南山城小学校を築いていきたいと思っています。

                                                                                                                   校長 吉田隆司


12:17 | 投票する | 投票数(89) | コメント(0)
123

相楽東部広域連合立小中学校ホームページ