メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成31.4~348328

COUNTER

Total 平成30年度  1155284
 

COUNTER

Total 平成24.3~5652775

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
食品経済コース
Marine Economics and Sea Processed Food Manufacturing Group
 水産食品の製造・加工・流通を学び新製品の開発に取り組みます。

コースの特徴 01.
 地産地消を基本に、地元の魚介類を素材にした製品を生産し、地元水産業の活性化に貢献します。
コースの特徴 02.
 元宝ヶ池プリンスホテル総料理長等による指導や宮津市との連携事業を通して新製品開発に取り組み、特産品化を目指します。
コースの特徴 03.
 各種イベントでの出品や、「栗田お魚MAPレストラン」の開催などの販売活動を通して実践力を磨きます。
毎月1回本校及び由良会場において実施する高校生レストラン
 

2019/02/06

宮津市オリーブオイル交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 2月1日(金)、食品経済コース2年生が、オリーブオイル宮津の亀山 絵美 様及び宮津市地域おこし協力隊の川端 剛 様を講師にお迎えし「宮津市オリーブオイル交流会」を実施しました。
 本日は、「宮津市のオリーブオイル栽培と搾油について」の御講演を視聴させていただくとともに、地元水産物(アカガレイ・ホンモロコ〔本校産〕・アカモク)を原料としてにオリーブオイルを活用した調理実習を行いました。 
 今後は、宮津産のオリーブオイルの普及拡大に協力させていただけるよう、地元の特産品となる新商品の開発に向けて取り組んでいきます。

 
 川端 様の御講演の様子

 
 宮津産のオリーブオイルと市販のオリーブオイルについて、官能検査を行い、匂いや味の違いを確認しました。

 

 宮津産のオリーブオイルを使用した料理「アカガレイのアクアパッツア」の完成です。
17:25