自宅待機・臨時休校になるとき

◇気象警報等で自宅待機・臨時休校になる場合は以下の通りです。大雪警報では自宅待機になりません。
学校への問い合わせは、なるべく避けてください。

授業の場合
1.午前6時の段階で

次のいずれかに該当する場合は、自宅待機となります。
(1)綾部市に特別警報が発令されている場合
(2)綾部市に大雨警報、暴風警報、暴風雪警報、または洪水警報のいずれかが発令されている場合
 (大雪警報は自宅待機にはなりません)
(3)JR綾部駅を通過する列車が全部運休している場合
 ※警報の発令区分は綾部市、舞鶴・綾部、京都府北部の3区分です。

2.午前9時30分までに

特別警報、警報が解除され、列車が運行している場合は速やかに登校してください。
このとき、遅刻した場合は忌引等の扱いとします。(通学路が安全か否かに注意してください)

3.午前9時30分を過ぎても
上の自宅待機に該当している場合は臨時休校となります。

4.居住地に特別警報、大雨警報、洪水警報、暴風警報、暴風雪警報が発令されている場合
上の1,2の規定に準じて、自宅待機、登校してください。

5.臨時休校の場合は、後日その回復処置を行います。

気象警報の発令が予想されそうな場合は、登校時に確認し、上に該当する警報が綾部市、または居住地に発令中の場合は自宅待機してください。
その後、9時30分までに解除された場合は、速やかに登校してください。なお、大雪警報では自宅待機となりません。


土曜講座、模擬試験の場合
1.午前6時の段階、または午前6時以降で土曜講座、模擬試験実施前の場合
次のいずれかに該当する場合は、土曜講座は休講とし、模擬試験は翌日の日曜日に実施します。
(1)綾部市に特別警報が発令されている場合
(2)綾部市に大雨警報、暴風警報、暴風雪警報、または洪水警報のいずれかが発令されている場合
   大雪警報は土曜講座は中止、模擬試験は実施します(授業と異なります)。
(3)JR綾部駅を通過する列車が全部運休している場合
  ※警報の発令区分は綾部市、舞鶴・綾部、京都府北部の3区分です。

2.居住地に特別警報、大雨警報、暴風警報、暴風雪警報、洪水警報が発令されている場合
 綾部市には特別警報・上記の警報が発令されていないが、自宅のある地域(居住地)に上記の警報が発令されている場合は自宅待機とします。欠席となった土曜講座については学習課題を配付し、模擬試験については実施日を変更する等の措置を講じます。

気象警報の発令が予想されそうな場合は、登校時に確認してください。上に該当する警報が綾部市、または居住地に発令中の場合は土曜講座は中止、模擬試験は日曜日(大雪警報を除く)に実施となります。