学校生活

 

ESS部では、週2回の活動をしています。AETの先生と一緒にお弁当を食べながら英会話がはずみます。
文化祭にも参加しています。

 

ESS部では週2回、AETのダニエル先生と英語のコミュニケーション活動を続けています。

コロナ禍により、残念ながら夏のインタビュー活動や、文化祭での活動ができませんでしたが、10月末の文化系クラブ掲示週間に参加しました。和製英語や地名の発音、ハロウィーンについての掲示をしました。

 

ESS部は現在3年生1名、2年生7名、1年生3名の計11名で活動をしています。

AETのシェラナ先生の来られる火曜日と木曜日の昼休みに、音楽や映画、ゲーム等を通じて英語の学習をしています。ストーリーリスニングといって、シェラナ先生が絵を描きながら英語の話を読み聞かせ、あとで英語の質疑応答を行うなどの練習を取り入れることもあります。

コロナウィルス感染症拡大の影響により、今年度は実施できませんでしたが、夏休みには外国人観光客へのインタビューをした年もありました。

活動時間があまり長くないので、ほとんどのメンバーは他の部活動と兼部しています。

英語や海外の文化に興味のある人、日々の学習や部活動にプラスして英語を使ってみたい人、ESS部は気軽に語学を楽しめる場所です!ぜひ体験に来てください。

 

7月25日(木)、ESS部8名が平等院近辺にてフィールドワークを行いました。外国人観光客の方に、英語でインタビューを行います。梅雨明けの夏らしい青空の下、平等院チームと宇治上神社チームに分かれ、午後1時から聞き込みを開始しましたが、急な暑さのためか観光客もまばら・・・。2時半を過ぎるあたりから、人が増え始め、約20組の方から回答を得ることができました。

 ネイティブの流ちょうな英語、ノンネイティブの特徴ある発音に戸惑いながら、教室では味わえないコミュニケーション活動を体験することができました。

 インタビュー結果については、9月の文化祭で、クイズ形式で掲示をします。

 質問事項は、1. Where are you from? 2. Is this your first time in Japan? 3. Why did you come to Japan? 4. What is one thing about Japan that surprised you? 5. What is your impression of Japanese people? の5題でした。