学校生活

 

 美術部では、自然を観察することや、過去の名作を鑑賞しそこから当時の社会の様子や考え方を学ぶことを、大切にしています。また、ボランティアへも積極的に参加しています。
 実技は、主にデッサンやクロッキー、デザイン画、油彩画、水彩画、日本画等の作品を制作しています。
・文化祭 作品展示
・夏の審査会
・京都府高等学校総合文化祭(11月)
・芸術祭(2月)
 に、大作を発表します。その他ポスター画など各種コンペティションに積極的に応募しています。

 

第11回京都府デッサンコンクールを実施しました。

日時 7月11日(土)

場所 本校LL教室

今年は、外部会場に行くのではなく、本校で実施し作品を京都府高等学校文化連盟 美術・高芸専門部に送り審査して頂く形でデッサンコンクールに参加いたしました。

デッサンが初めての部員には難しいモチーフでしたが3時間それぞれが全力で描けていたと思います。


 

「京のかたな展(京都国立博物館)と智積院ふすま絵」 美術鑑賞を実施しました。
日時  平成30年11月11日(日) 
場所  京都国立博物館
     智積院
 秋晴れの中、今回はかたなを鑑賞にいきました。平安時代の刀や装飾用の刀など様々な刀がありました。部員も熱心に鑑賞していました。
 智積院では長谷川等伯の襖絵を鑑賞しました。等伯が描いた襖絵とその息子の手による襖絵があり、その画風の違いなど興味深そうにみていました。

 

第35回京都府高等学校総合文化祭への参加しました。
 同日に、京都国立近代美術館で開催していた「没後50年 藤田嗣治展」にも行き美術鑑賞も実施しました。

日時  平成30年10月27日(土) 
場所  日図デザイン博物館

 京都府の高校生の作品が数多く展示されており、その中に自分の作品が展示されている事を、恥ずかしがりながらも嬉しそうに部員たちはしていました。
 会場の作品を熱心に見ていました。

 

莵道祭のアーチを夏休みに制作しました。夏休み中は、自分の作品制作と、アーチ制作の同時並行になります。
莵道祭りには、作品展示も行いました。

 

東山魁夷氏の絵を見に行きました。日本画の青色の美しさに部員が驚いていました。

日時  平成30年9月15日(土)
場所  京都国立近代美術館

 

秋の京都府高等学校総合文化祭の審査会である下見会に参加しました。
日時 平成30年8月18日
場所 亀岡高等学校

 他校の生徒の作品をみたり、作品を講評してもらえたりと、良い刺激を部員たちは受けた様でした。

 

 「第13回 チャリティーコンサートin寒梅館」ボランティアに参加しました。
日時  平成30年6月10日(日)
場所  同志社大学寒梅館
誘導や、看板制作のスタッフとして参加しました。様々な人と交流できる良い機会でした。部員の良い刺激になったようです。

 

「小磯良平と吉原治良展・ジブリの大博覧会(兵庫県立美術館)」美術鑑賞を実施しました。
日時  平成30年4月28日(土)   
場所  兵庫近代美術館
小磯良平氏と吉原治良氏を対比させながら作品をみる展覧会はとても楽しいものがありました。同時開催のジブリ展にも部員たちは喜んでいました。