学校生活

 

11月14日(日)に、たけびしスタジアム京都で第16回京都府国立・公立高等学校陸上競技対校選手大会がありました。三好翔大(二年生)が、男子400mにおいて49秒90で総合4位、深川知佐(二年生)が、女子400mにおいて1分2秒34で総合5位に入賞しました。今シーズンの集大成となる大会で、多くの選手が自己ベストを出すなど健闘しました。これから冬期練習が始まりますが、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

10月9日(土)・10日(日)に、たけびしスタジアム京都で第56回京都府高等学校ジュニア陸上対校選手大会がありました。思うように練習時間がとれない環境におかれながらも、自主練習の成果を発揮し、三好翔大(二年生)が男子400mにおいて自己ベストのタイムで決勝に進出するなど健闘する結果となりました。今シーズンの残り試合数も少なくなってきますが、今後とも応援よろしくお願いします。

 

令和2年11月

 国公立大会 男子砲丸投       第3位 和田直也

 男子4✕400mリレー 第6位 大同、藤原、三好、西山

 

 8月20日~22日にたけびしスタジアム京都で、第54回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が開催されました。1年生、2年生の学年別の試合で、個人種目ごとに上位3位までに入ると近畿ユースへの出場権を獲得できる重要な試合です。自己ベストを出す選手や、それに近い記録で準決勝に進出する選手など多くの生徒が健闘しましたが、近畿ユース出場にはいたりませんでした。また次の試合に向け、自己の課題と向き合いながら練習を継続していきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

 7月22日(木)にたけびしスタジアム京都でSUMMER GAME2021が開催されました。三年生が引退し、新体制で大会へとのぞみました。多くの選手が自己ベストを更新する結果となり、なかでも新主将の三好翔大(二年生)は男子400mで50秒60と自己ベストを大幅に更新し、莵道記録へと迫る好記録を出しました。部員一同、今後も自己ベストを目指し、さらに練習に励みたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

6月4日(金)~6月6日(日)に西京極陸上競技場で第74回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会がありました。この大会で6位に入賞すれば近畿IHへの出場権を得られる大切な大会です。本校からも4月の春季大会、5月の市内ブロック予選を勝ち抜いた選手とリレーの選手が出場しました。惜しくも、近畿IHへの出場権は獲得できませんでしたが、努力を継続してきた選手がベストを更新し、リレーもチーム新と健闘しました。3年生の戦い抜く姿は、これからの莵道高校陸上競技部の後輩にも大きな刺激になったとことと思います。応援ありがとうございました。


 

 5月3日(月)・4日(火)たけびしスタジアム京都で第74回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会市内ブロック予選会が開催されました。今大会において、各種目上位25傑の記録を出せば、6月の京都IHへの出場権を獲得できる大事な大会です。本校の選手も出場し、5人の選手が新たに京都IHへの出場権を獲得いたしました。すでに出場権を獲得していた1人と合わせて、本校からは6人の個人種目とリレーに出場することになります。近畿IHを目指してこれからの練習もより一層頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

 

 4月11日(日)に丹波自然運動公園で第56回京都府高等学校春季陸上競技大会がありました。生徒1人1人が自己ベストを目指して力を発揮しました。5月にある京都IHの市内ブロック予選会で上位25傑に1人でも多くの選手が入り、京都IHへの出場権を獲得できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。