京丹後市立丹後小学校

所在地:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人2691番地  電話:0772-75-0049  ファックス:0772-75-2231  メール:tango-es@kyoto-be.ne.jp
 

食育のページ

食育のページ
1234
2021/09/24new

はしの持ち方

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 保護者の皆さんにお世話になりました、食育のアンケートで「はし
の持ち方」についての要望や気を付けていることとして「はしの持ち
方」と回答された家庭が多くありました。
 そこで、少しでも「はしの正しい持ち方」について意識してもらおう
と玄関ホールに「はしの持ち方」に展示しました。
 また、学級でも意識付けをしていきます。


  
14:52
2021/09/24new

9月24日の給食から

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 9月24日の給食に「秋ナスの肉みそかけ」が出ました。
今日は、茄子(なす)についての一口メモを玄関ホールに掲示しました。


  

 
13:43
2021/09/17

9月17日の献立から

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 秋の味覚 沖キス漁が始まる!

 間人では、9月になるとキス漁が始まります。とれたキスは、
早々にせりにかけられ、魚屋さんから、市場に出回ります。
 キスは、煮ても、焼いても、からあげやフライにしてもおいし
く食べられます。小骨も少なく食べやすいです。丹後に住んで
いるからこそ新鮮なお魚が給食でいただけます。
 みなさんが大きくなった時、「秋の味覚といえばキス」と思い出し
てほしいです。
 丹後の家庭では、よく食卓に並ぶキスですが、都会ではなかな
か食べられないです。
 貴重な海の幸をありがたくいただきましょう。


 
11:11
2021/09/16

9月16日の給食から

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 9月16日の給食の献立は、丹後とり貝の炊きこみごはん、
ちくわの照り煮、きゅうりの梅和え、豆腐のすまし汁、牛乳で
した。
 丹後とり貝の炊きこみご飯に使われている「丹後とり貝」は
京都府海洋センターで卵から1センチメートルの大きさまで
育てられ、その後、漁師さんがアンサスライトという砂の入っ
た箱に、この貝を入れて育てるそうです。何度も掃除したり、
大きさを確認するために箱を海の上に引き上げる大変な作
業などをして、丁寧に育てられたのが「丹後とり貝」です。
「丹後とり貝」は全国的にも有名なブランドトリガイです。


  


 初めて「とり貝」を食べたり、見たりする児童も多く、興味津々
で給食に向かっていました。

13:46
2021/09/16

食育に係わる地域の方・食材の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 学校給食に出てくる食材について毎日紹介しています。
食材に含まれる栄養素や特徴などを玄関先に掲示し、全校
のみんなに紹介しています。
 また、食育に係わりのある地域の方や保護者の方を紹介し、
地域の魅力や地域で取れた食材についても紹介しています。


 給食に出ている食材紹介
   
 
  

 食に係わる地域の方の紹介【漁業編】
 
09:01
1234
現在、登録業務を停止しています。