令和4年度 男山第二中学校「校訓:清新・堅実・連帯」



 
男山第二中学校ヘッダ画像
 

学校長挨拶

 令和4年4月1日付で校長として着任いたしました寺川裕一郎です。どうぞよろしくお願いします。
 本校は、昨年50周年を迎え、「清新・堅実・連帯」を校訓に、学校教育目標を『心豊かでたくましく、主体的に社会に貢献できる資質・能力の育成』としています。安全で落ち着いた環境の中、生徒にとって毎日が楽しいと思う学校、保護者にとって行かせて良かったと思う学校、地域にとって協力して良かったと思われる学校、教職員にとって勤めて良かったと思う学校にしたいと考えています。
 また、今年度も引き続き、「学校は生徒が主役、生徒が生き生きと輝く学校に」というスローガンのもと、特に、授業改善による確かな学力の育成、自分を高める力や他者とつながる力等の非認知能力の育成、一人ひとりを大切にした教育相談・特別支援教育の充実を柱に取り組んでいます。
 本校は、校区にある幼稚園、小学校、高校との校種間連携や、「学校支援地域本部」からは学習面や環境面での支援をいただいています。このように学校・保護者・地域に支えられ発展してきた学校ですので、保護者や地域の方々のご理解・ご協力なしには生徒の健やかな成長を促すことはできないと考えております。
 今後も引き続き本校へのご支援・ご協力をお願いします。
                           
                                校長  寺川 裕一郎