男山第二中学校ヘッダ画像
 

学校長挨拶

  本校は「精神・堅実・連帯」の校訓を教育の基盤とし、学校教育目標の『心豊かでたくましく、主体的に社会に貢献できる資質・能力の育成』を目指し、誰もが『男山第二中学校に入学して良かった』、『学校が楽しい』、『男山第二中学校は地域の方に愛され誇れる学校だ』と実感できる学校になるよう、教職員が一丸となって教育活動を展開します。
  また、今年度は、「学校は生徒が主役、生徒が生き生きと輝く学校に」をスローガンに、学力保障、社会性の獲得、豊かな心の育成を重点課題とし、学力向上チャレンジに取組み、生徒の生活の質を向上させ、社会に出ても通用するスキルを養うと同時に、しっかりとした学力を身に着けさせ、一人一人の進路保障を目指します。
  八幡市では小中一貫教育を進めており、本校でも二中キャンパスとして、くすのき小学校、南山小学校と連携し9年間で子どもを育てる取組をしていますが、八幡第二幼稚園、八幡第四幼稚園、さらには京都八幡高等学校とも連携した取組を行っています。
 また、本校には「学校支援地域本部」が設置され、特に学習面や環境面で支援をいただいています。
 男山第二中学校は、学校・保護者・地域との連携がなされ発展してきた学校であり、保護者や地域の方々のご理解・ご協力なしには生徒の健やかな成長を促すことはできません。何卒、今まで以上に、男山第二中学校へのご支援・ご協力をお願いします。
                           
                                校長  笠原直文