カウンタ

COUNTER989429

新着情報

 

各種証明書発行について

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

ようこそ久御山中学校webへ

久御山町は、宇治川と木津川に挟まれ、豊かな自然に恵まれた平坦な地形のまちです。かつては、万葉の古歌にも詠まれ、満々と水を湛えていた巨椋池は、魚介類が豊かに棲息し、沿岸の村々では漁業が営まれていました。昭和16年に国営の干拓事業が行われ、のどかな田園風景に変わりました。

 その一方で、近年、第二京阪道路や京滋バイパス等の幹線道路網が整備され、久御山ジャンクションを起点に東西南北につながる交通拠点として、また、京都、大阪間の立地条件を生かした活発な産業活動が展開されています。その久御山町の南西部の田畑に囲まれた静かな環境の中に本校は位置しています。

 

 本校は、保護者や地域の方々の熱心な支援に支えられ、「生涯にわたる学習の基盤を培い、創造性と国際感覚を身に付けた生徒の育成」を教育目標に、様々な実践や研究に取り組んでいます。また、平成23年4月から、本町を1つのキャンパスと見立てた「久御山学園」がスタートし、保幼小中の一貫的な教育の充実を図り、希望進路の実現100%を目指す教育を推進しています。

 

 本校の特色ある取組として、オーストラリアの姉妹校であるウォリック・ハイスクールとの交換留学が約20年間続いています。更に昨年度から、コミュニケーション能力の向上を目指し、英語検定の全員受験を実施しました。また、平成25年度から、保護者及び地域住民の学校運営への参画を進めるコミュニティスクールの取組を進めています。

   

 このホームページを通して、積極的に学校の情報や行事、部活動等での生徒の活躍の様子をお届けします。

これからも、保護者・地域の皆様とともに歩む学校づくりと特色ある教育活動を展開してまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

日誌

久御山中学校では >> 記事詳細

2020/09/16

久御山大作戦 体育の部

| by manager
 久御山大作戦、体育の部は例年の体育大会とは異なる行事となりました。当日盛り上がる姿を見て久御山中学校の底力を肌で感じることができました。
 今年度は「生徒 with 教師」で生徒と教師が一緒に前例のない行事を創り上げることで、久御山中学校の団結力が更に高まりました。
 選手宣誓では、「やればできる」という気持ちを持って戦い抜くことを誓いました。口に出すだけでなく、本当に全校生徒が最後まであきらめない姿を”魅せて”くれました。


 1日目の学年体育の部では、各学年2時間ずつの実施で「全員リレー」「大縄跳び」を行いました。どの学年も白熱の戦いで、クラスの団結力が見られました。大縄跳びでは練習以上の成果が見られました。「努力は裏切らない」という言葉の通り、練習を重ね、努力したことが結果として表れました。
大縄跳び
1年生
1組:236回 2組:220回 3組:167回 4組:189回
2年生
1組:309回 2組:243回 3組:234回 4組:166回
3年生
1組:328回 2組:325回 3組:364回 4組:407回
例年、200回を超えれば・・・という感じですが、今年度は300回を超えるクラスが多くありました。競技の参加人数を減らしたこともありますが、素晴らしい結果でした。
 今年度は、ブロック種目を減らした関係もあり、大縄跳びの記録は学年だけでなく、各ブロックの1~3年生の記録を合計し、ブロック得点として加算する仕組みに変更しました。
1日目の結果は・・・
1位:青ブロック(3-4・2-3・1-1) 230点
2位:緑ブロック(3-1・2-1・1-2) 210点
3位:赤ブロック(3-2・2-2・1-4) 150点
4位:黄ブロック(3-3・2-4・1-3) 130点
となり、戦いは翌日のブロック体育の部へ持ち越されました。

 2日目のブロック体育の部でも、白熱の戦いが繰り広げられました。1日目の点数に関係なく、どのブロックも諦めず最後まで戦い抜きました。
 この日はハリケーン→玉入れ→綱引き→色別対抗リレーと種目が行われました。
 ハリケーンのゴールは大接戦となり、初めてビデオ判定を導入しました。本当に僅差で黄ブロックが勝ち、次いで赤ブロックでした。
 
 玉入れでも熱い戦いがありました。密にならないようにルールを設定して、競技をスタートしました。かごの中にどんどん玉が入り、1分間でかごの半分以上入っているブロックもありました。結果、黄ブロックがハリケーンに続き1位。赤ブロックが2位となりました。

 この2種目を終えて、中間発表を行いました。この時点で、黄ブロックが赤ブロックに追いつき、青ブロックと緑ブロックを追う展開となりました。
 続く綱引きでまた流れが変わりました。綱引きでは赤ブロックが全勝し、緑ブロックが2勝して2位、青ブロックが1勝して3位という結果になりました。

 最終種目の色別対抗リレーを残した状態での結果は青ブロックが1位、赤ブロックと緑ブロックが同点で2位、黄ブロックが4位となりました。
 1位と2位の差は20点差で、色別対抗リレーの結果次第で逆転するという大接戦になりました。
 色別対抗リレーではどのブロックもトップを譲らず、1位が入れ替わる激しい戦いが見られましたが、僅差で赤ブロックが1位。続いて青・緑・黄となりました。赤がゴールした瞬間、ブロック席の生徒が立ち上がり、自分のことのように喜ぶ姿。他のブロックでも盛り上がって応援し、拍手する姿・・・会場が1つになった瞬間がここにも見られました。


総合結果は
優勝:青ブロック・赤ブロック
準優勝:緑ブロック
敢闘賞:黄ブロック
となりました。どのブロックもこの短い期間で素晴らしい大作戦を創り上げました。あきらめない姿、一緒になって楽しむ喜びを感じたことと思います。何一つ手を抜かない生徒の必死な姿。それを自分のことのように応援する生徒の姿。審判として動く教師や応援している教師の姿。久御山中学校が1つになっている瞬間がありました。この経験を生かし、これからの久御山中学校の学校生活を生徒と教師共に創り上げていきたいと思います。大作戦の本当の「大成功」はこれからの新たな生活の先にあるように思います。
20:16

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式