3月26日(月)~28日(水)の3日間にわたり、東角小学校の春休み学習会に水泳部員が学習支援ボランティアとして参加しました。

算数の計算や漢字の書き取り、理科の勉強の手助けをしました。

参加した生徒は、教えることの楽しさを味わうだけでなく、教えることの難しさも実感したようでした。

 
 

ファイル名:2018_spring vacation.pdf

PDFファイル容量:【936.2KB】

※PDFを開くには下記「生徒の皆さんへ(春休み中の生活について)」をクリックして下さい。

 

3月20日に学校で配付した「春季休業中の生活について」をホームページにも掲載します。

よく目を通し、健全な日々を過ごすことはもちろん、事故等もないように気を付けてください。

 

京都・山城人権啓発活動の一環として佐山小学校から送られた花が、玄関できれいに咲いています。

3月1日に久御山高校を巣立った314名の卒業を祝ってくれているようです。

本校にお立ち寄りになられたら、ぜひご覧ください。

 

11月22日、本校生徒5名(3年生4名、1年生1名)が下校中に、側溝にはまった高齢者を発見し、119番通報後に消防隊と共に救助を行いました。これを受けて、12月13日に八幡市消防長より感謝状をいただきました。多くの取材陣に囲まれ、少々緊張した面持ちでの表彰式になりましたが、記者の方々の質問に答える様子に、大きく成長した生徒の姿を見ることができました。

 
 

ファイル名:schoolroute17.1.10.pdf

PDFファイル容量:【56.4KB】

※PDFを開くには下記「生徒の皆さんへ(自転車通学路について)」をクリックして下さい。

 

自転車通学路と特に注意すべき場所についての地図を掲載します。

学校でも配付および教室掲示されているものです。

通学路を通ることはもちろん、自転車の交通マナーにも十分注意しなさい。

 

研修旅行最終日、晴天でしたが風が強く少し肌寒く感じられる天候でした。離村式で民泊でお世話になりました民家の皆さんとお別れして、バスで東村を出発しました。そのあと那覇市内へ向かう途中に「嘉数高台」へ立ち寄り「京都の塔」と展望台から「普天間基地」を見学しました。那覇市内に入ってから世界遺産「首里城」の見学とお土産購入を兼ねて、「国際通り」を散策しました。そして、たくさんの思い出とお土産を詰め込んで、帰校しました。


今回の沖縄研修旅行では東村の民家の皆様をはじめ、たくさんの皆様のご協力をいただきました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

 

沖縄研修旅行3日目は風が強く、少し肌寒い一日となりました。お世話になったホテルを出発し、東村へ移動しました。

東村では民泊でお世話になる農家さんとの対面を含めた入村式を行いました。その後、各農家さんのお宅へ向かい、農業体験や伝統工芸の制作、三線の演奏体験などを通じて沖縄の生活・文化の体験を行いました。

明日最終日は嘉数高台にある「京都の塔」・「首里城」の見学と「国際通り」の散策をして京都へ帰ります。

 

沖縄研修旅行はみんな元気に2日目のスケジュールを終了しました。午前中は一時的な強雨となりましたが、午後は天候が回復しました。

今日はホテル前のビーチでマリン体験、午後は「美ら海水族館」での研修を行いました。マリン体験では「ビーチフラッグ」・「シュノーケリング」・「ドラゴンボート」を楽しみました。午後からは美ら海水族館を見学し、ヒトデやナマコに触れたり、水槽を優雅に泳ぐジンベイザメ・ウミガメ、イルカショーの見学を行いました。

明日は東村へ移動し、農家の方のお宅で農業体験と民泊を行います。

 

あいにくの曇り空で時より雨の降る中、3泊4日の沖縄研修旅行が始まりました。初日は平和学習を行いました。

平和祈念公園の「平和の礎」では「平和セレモニー」を行い、生徒代表による献花と千羽鶴の奉納を行ったあと、沖縄戦経験者による講話と資料館見学、ガマ(防空壕)への入壕体験を行いました。

ホテルに到着して夕食が終わった後に「沖縄民謡ライヴ」として、エイサーを鑑賞と体験で伝統文化にも触れることができました。

明日はマリン体験と美ら海水族館での研修を通して、「沖縄の自然」に触れたいと思います。

 

11月11日(土)に南山城支援学校にて「第37回高校生の交流会」が行われました。本校からは生徒会役員と吹奏楽部員合わせて29名が参加させていただきました。本校の他にも4つの高校が参加され、交流会のテーマソングである「思いきって」を全員で合唱して開会となりました。各学校が歌やダンスを披露したり、レクリエーションを通して交流を深めました。他校の生徒とふれあいながら笑顔にあふれる生徒の様子を見ることができた1日でした。

 

11月3日、4日と久御山町中央公民館にて、久御山町民文化祭が行われました。屋外では多くの模擬店や体験コーナーが並ぶ中、本校生徒会役員7名も「赤い羽根募金活動」の啓発活動の補助、手打ちうどん体験や綿菓子作りのスタッフとして参加させていただきました。ホールでは、吹奏楽部が久御山中学校吹奏楽部の皆さんと合同演奏を行いました。また、公民館内には、美術部員の絵画作品3点、書道科の作品2点を展示していただきました。天候にも恵まれ、多くの方々が来場され、久御山町の文化や町民の方々のつながりを強く感じることができた2日間でした。

 

10月26日(木)~11月2日(木)の一週間にわたり、校内読書週間が設けられ、朝に一斉に読書を行いました。期間中はビブリオバトル(本の紹介の上手さを競う企画)なども行われました。11月2日(木)の昼休みには、特別企画として、例年と同じく数学科教諭の小野先生によるジャグリング披露と体験がありました。最後には生徒によるジャグリングの披露もあり、たいへん盛り上がりました。

 

10月11日(水)に後期生徒会役員選挙が行われました。

会長をはじめ、計9名が信任投票の結果、生徒会役員に決定しました。朝のあいさつ運動などの学校の取り組みはもちろん、久御山町の文化祭や青年の主張など、校外の取り組みにも積極的に参加していく予定です。

 

2017年6月14日(水) 

全校生徒を対象に、防犯教室が行われました。

宇治署から講師の方をお招きし、「高校生が関わる恐れのあるトラブルや犯罪の防止」についてのお話をして頂きました。

生徒たちは犯罪の恐ろしさを真摯に受け止めている様子でした。

 

5月10日(水)に前期生徒会役員選挙が行われ、生徒会役員が決定しました。

久御山高校がより良い学校となるように行事や活動に率先して取り組んでいきます。また、久御山高校の顔として、地域の行事等にも積極的に参加していきます。

 

5月2日火曜の登校時に、自転車利用者に対する交通ルール遵守のための啓発活動が行われました。京都府宇治警察署、久御山町交通安全対策協議会役員の方々に来校いただき、本校生徒会役員とともに、生徒一人ひとりに対してビラの配布や呼びかけを行いました。交通事故の被害者にも加害者にもならないために、これを機に、自身の交通マナーをもう一度見直してほしいと思います。早朝より来校しご指導くださいました方々に、心より感謝申し上げます。

 

4月10日(月)に第38回入学式が行われました。

校長からは「焦らず、怠らず、志を持って着実に歩む」ようにとの言葉がありました。

高校生としての第一歩を踏み出した新入生たちのまぶしい顔を見ることができました。


 

4月10日(月)に平成29年度始業式を行いました。

穏やかな春の日差しの中、948名が新たな年度を迎えました。

校長からは「残心」(①心を後に残すこと ②武道の心構えの一つで、ある動作が終わっても緊張を解かないこと)という言葉が示され、新しい年度を迎えるにあたり「出会いを大切にする」「他人を思いやる」「己の隙を見せない」という姿勢を大事にしてほしいとの言葉がありました。

 

29日(水)東角小学校の春休み学習会に、本校女子バスケットボール部員が学習支援ボランティアとして参加しました。

参加生徒からは小学生の学習のお手伝いができ、「楽しかった」という声が聞かれました。教えるという経験を通してその楽しみを味わうことができたようです。

 

3月1日(水)に第35回卒業証書授与式を挙行し、314名の生徒が本校を巣立っていきました。今後、歩んで行く道はそれぞれ違いますが、久御山高校での思い出と共に過ごした仲間との友情は皆さんの宝として、この不確実な世界をたくましく生き抜いてくれることと確信しています。教職員一同、これからの卒業生皆さんの活躍を応援しております。