部活動:硬式野球部(体育系)
部員数: 54名(1年生13名 2年生10名 3年生28名 マネージャー3名)
活動場所: 主に本校グラウンド
活動内容:

火:バッティングや実戦練習
水:守備練習やトレーニング指導
木:バッティングや実戦練習
金:守備練習中心
土:主に練習試合
日:主に練習試合
*月曜日は基本的にオフ

活動実績:

H27春季大会2次戦進出
H27秋季大会2次戦進出
H30全国高校選手権京都大会ベスト16

目標:

〇甲子園出場
〇文武両道
〇「高校野球」を通した人間形成

求める生徒象/アピール:

硬式野球部は、久御山高校の「自学・自律・自鍛」の校訓のもと、
「甲子園出場」、「社会に通用する人間形成」、
「誰からも応援してもらえるチーム」を目標に、日々努力を重ねています。
「久御山高校硬式野球部を強くしたい!」、
「久御山高校で自分を高めたい!」という思いを胸に、
ぜひ、私たちと一緒に頑張りましょう!!

 

【硬式野球部】 2019年度 春季京都府高等学校野球大会一次戦 結果2


日頃より久御山高校硬式野球部への熱い声援、誠にありがとうございます。

4月20日(土)に乙訓高校グラウンドで実施された春季大会の結果です。


【Cゾーン 決勝】

久御山 000 200 300 = 5

鳥 羽 521 000 00X = 8

 (久) 田和、奥野、中島 - 谷口   (鳥) 三浦、上田 - 村山


初回に5失点、三回までに8点差をつけられるという目まいのするようなスタートとなりましたが、4回以降は本領発揮。リリーフ登板の奥野・中島が鳥羽の強力打線を翻弄して三塁すら踏ませず、ようやくエンジンのかかった攻撃陣も石井の二本の適時打などで三点差に詰め寄ります。

しかし終盤は相手の好守備もあって追いつくことができず、最終回も走者を出しましたが無得点。相手を上回る11安打を放ちながらも、平成最後の公式戦は残念な結果となりました。

次はいよいよ夏の大会です。春の悔しさを肥やしにして大輪の花を咲かせるので、応援よろしくお願いします‼


〈今後の予定〉

6月22日(土) :抽選会

7月6日(土)から:第101回全国高校野球選手権 京都大会

 

硬式野球部 2019年度 春季京都府高等学校野球大会一次戦 結果


日頃より久御山高校硬式野球部への熱い声援、誠にありがとうございます。

4月13日(土)に久御山高校グラウンドで実施された春季大会の結果です。


【Cゾーン 2回戦】

久御山 070 002 3 = 12

洛 北 000 002 0 = 2 (大会規定により7回コールド)

  (久) 田和、嶌田 - 谷口 (洛) 上田、池田 - 松本

   本塁打: 池田(洛)


序盤から打線が爆発し、2本の長打を含む3安打を放った大伴や4打点を上げた石井などの活躍により、大量リードのもと終始ゲームを有利に進めることができました。エース田和はコントロールに苦しみながらも6回途中まで2失点と踏ん張り、最後はリリーフした嶌田がきっちりと締めました。

次戦はいよいよゾーン決勝、相手は鳥羽高校です。4月20日(土)、乙訓高校グラウンドにて10時開始予定です。この試合に勝って二次戦進出を目指しますので、応援よろしくお願いします!!

 

2018年5月1日
<春季大会の結果>
 1次戦 1回戦 ○久御山 7-0 莵 道
   2回戦 ●久御山 1-5 北 稜
   (1次戦敗退)
 悔しい結果となりましたが、夏に向けて課題も見えた2試合となりました。上位進出を目指して頑張ります。


2018年7月26日
<全国高等学校野球選手権京都大会の結果>
 2回戦 ○久御山 7-6 北 稜*9回サヨナラ勝利
○久御山 5-2 京都廣学館
●久御山 4-11東 山
(ベスト16)
 初戦の逆転勝ちで勢いに乗りましたが、最後は私学の壁に阻まれました。しかしながら、最後の大会で自分たちの力を発揮できた大会でもありました。新チームでも3年生の粘りを引き継ぎ、最後まであきらめないチーム作りを目指します。保護者の方々をはじめ、多くの方々に応援していただき、本当にありがとうございました。


2018年9月18日
<秋季大会の結果>
 1次戦 1回戦 ○久御山13-2 向陽
2回戦 ●久御山 0-9 京都国際
*ここより敗者復活戦
2回戦 ○久御山 9-8 京都工学院
3回戦 ○久御山 10-4 北嵯峨
決定戦 ●久御山 2-14 京都外大西
(1次戦敗退)
 夏の大会と同様、私学の壁に阻まれた大会となりました。敗れた2校が結果的にベスト4まで進出する厳しいゾーンではありましたが、もっとできた部分があったのではと、悔しい部分があります。しかしながら、レギュラーのほとんどが公式戦初出場であることから考えても、緊張感のある試合を5試合経験できたことが春の大会以降に向けて良い刺激となりました。来年度の春季大会、夏の京都府予選上位進出を目標に、集中して練習に取り組みます。今大会でも、多くの方々に応援いただき、ありがとうございました。

 

只今、準備中