京丹後市立高龍小学校

京丹後市立高龍小学校

所在地:〒629-3572 京都府京丹後市久美浜町新谷250番地  電話:0772-85-0220 ファックス:0772-85-0225 メール:kouryuu-es@kyoto-be.ne.jp

 

久美浜学園小中一貫教育

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
登録ユーザー14人

カウンタ

COUNTER201742

校長室

校長室
2019/05/25

運動会挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 

 

みなさん、おはようございます。力強い、堂々とした入場行進で 令和元年度高龍小学校春の運動会がはじまりました。

 本日は、お忙しい中、多くの御来賓の皆様に御臨席を賜り、高いところからではございますが、心よりお礼申しあげます。また、PTAの役員の皆様には、早朝より、運動会の準備をしていただいています。本当に、ありがとうございます。

 ところで、みなさんは、「参加することに意義がある。」この言葉を聴いたことがありますか? この言葉は、オリンピックの精神を謳った有名な言葉です。いよいよ来年は、東京オリンピックが開催されます。実は、今から100年ほど前の、1908年ロンドンオリンピックの時に語られたもので、陸上競技400m決勝でアメリカの選手がイギリスの選手を走路妨害し、失格の判定が下され、失格選手を除いて、再レースすることになりました。しかし、アメリカは、この判定を不服として、出場せず、イギリスの選手が一人で走ることに、なったのです。その時、国際オリンピック委員会 IOCのクーベルタン会長が、「勝つことでなく、参加することに意義がある。人生において重要なのは、成功することではなく、努力することである。よく戦ったかどうかにある。」と言ったのです。

運動会に向けて、6年生を中心にチームの目標を実現するために、練習に取り組んできました。目標に向かって頑張る姿、みんなで協力してがんばる姿はとても素敵です。

今日も、是非、「目標に向かって、自分達の力を出し切りましょう。」 すべての力を出し切ることできっと一人一人が成長することができます。「勝った。負けた。」だけでなく、自分の成長、仲間の成長、そして、チームの成長を感じ取りましょう。そして、みんなが、絆を深め、楽しかったと思える運動会にしていきましょう。

後になりましたが、保護者の皆様、地域の皆様、お忙しい中、早朝よりおいでいただきまして有り難うございます。どうぞごゆっくり参観していただき、子どもたちの頑張りに大きな声援と拍手をよろしくお願いいたします。

以上で開会挨拶とさせていただきます。 終わります。


16:00
2019/04/09

入学式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

  

穏やかな陽の光が降り注ぎ、萌えいずる季節となる、今日の佳き日に、多くのご来賓・保護者の皆様のご臨席を賜り、平成三十一年度京丹後市立高龍小学校入学式を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びです。ご臨席賜りました皆様には、高段からではございますが、心より御礼申し上げます。

 さて、一年生のみなさん

「ご入学おめでとうございます。」

小学校のお兄さんやお姉さん、先生たちも皆さんが入学する今日を楽しみに待っていました。

 いよいよ、今日から高龍小学校の一年生です。入学をお祝いして、四つ葉のクローバーのお話をします。

四つ葉のクローバーを知っていますか。四つ葉のクローバーを見つけたり、持っていたりすると幸せになれるといわれています。そこで、一年生になった皆さんにお願いがあります。それは「高龍小学校の名人」になって欲しいと言うことです。四つ葉のクローバーと同じで四つの名人があります。

 一つ目は、「あいさつ名人」です。挨拶には色々な挨拶があります。朝起きたとき、どんなあいさつをしますか。そうです。「おはようございます。」です。人と会った時は、「こんにちは」みんなと別れる時は、「さようなら」です。その他いろいろあります。気持ちよくできる「あいさつ名人」になりましょう。

 二つ目の名人は「早寝・早起き・朝ご飯名人」です。皆さんはいつも何時に寝ていますか。夜遅くまで起きていると、朝起きられなくて朝ご飯を食べずに学校に行くことになるかもしれません。学校でしっかり勉強したり、元気に外で遊んだり出来るように「早く寝て・早く起きて・朝ご飯を食べる名人」になってください。おうちの人にも応援してもらいましょう。

 三つ目は「仲良し名人」です。学校はみんなと仲良くするところです。みんなと仲良く外で遊ぶと楽しいです。お友達と勉強するとどんどん分かります。困ったときは、友達が助けてくれます。自分からも友達にやさしくしましょう。高龍小学校のみんなと仲良くできる「仲良し名人」になりましょう。

四つ目は「読書名人 本を読む名人」です。 たくさん本を読みましょう。読書は心の食事・ご飯ともいわれます。たくさん本を読むと心も優しくなり、勉強も分かるようになってきます。高龍小学校には図書室があります。たくさん本を借りて、「読書名人」になりましょう。この四つの名人になって、「明るく元気で、仲良く、やり抜く一年生」になりましょう。

 後になりましたが、保護者の皆様、お子さまのご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。本日より高龍小学校の児童としてお預かりすることとなりました。本校は、「ふるさとを愛し、意欲的に学び、やさしい心をもち、根気強く努力する子どもの育成」を目指して教育活動を進めて参ります。全校児童一人一人が、勉強が分かり、学級や学校の中で大切にされるよう教職員一同、心して取組を進めます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 今、教育は、二十一世紀を迎え、変化の激しい時代に生きる児童を育てるため、大きく変わろうとしています。

 児童には、たくましく生きていくための礎を小学校教育でしっかりと付け、自分なりの考えを持って物事を解決できる力を養っていきたいと考えます。 もちろん学校だけでは教育は完結しません。家庭・地域の皆様のお力をお借りしながら進めていきたいと考えています。そのためにご家庭では学習する基盤作り・「早寝早起き朝ごはん」「挨拶」等をお願いいたします。学校のことで何かわからないことがございましたら何なりと気楽にご相談ください。

 また、地域に出かけ、積極的に地域の方の教えを請いながら学校教育を進めて参ります。学校教育に対しまして、更なる皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

それでは、新一年生のご入学を心よりお祝い申し上げて、入学式の式辞といたします。

 

      平成三十一年 四月九日

        京丹後市立高龍小学校

校長  笹倉 武雄 


17:57
2019/04/08

始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

おはようございます。

 いよいよ新学期が始まりました。今日は学校の一年が始まるとても大事な日です。新しい先生を迎え、みんなさんも新しい学年になりました。一人一人の顔を見ていると、とても生き生きとしています。新しい学年に進んだ喜びや頑張ろうという気持ちが現れています。素敵です。

高龍小学校の一人一人が、友達や自分を大事にし、「自分なりの考えを持っている学校」にしていきたいと考えています。みんなが、自分を大切にし、友達も大切にして、自分なりに考えて行動したり、周りのみんなに伝えたりできると、高龍小学校が、更にいい学校になります。

「自分なりの考えを持つ」この言葉は、今年の合言葉です。

そのために

「自分の考えを表現する」

「自分や友だちのよいところを見つける」

「いろんなことに挑戦する」が大切です。

どうすればできるでしょう。

学校生活をしていく中で、大切なことで、「書く」こと、「読む・話す」こと、「聞く」ことがあります。どれが一番大切でしょうか。

どれも大切ですが、「聞く」ことが一番大切だと思います。

まず人の話をきちんと聞けること。そして「聞く」ではなく「聴く」を心がけること。「聞」は耳という字が一つだけです。あまり考えていなくて、右から左にすーっと抜けていっても一応聞いています。一方「聴」という字はよく見ると次のような字で成り立っています。「耳」という字の他に「+」(プラス)と「目」(横になっていますが)それに「心」です。つまり耳だけでなく、目や心で聴くということ。きちんと聴いている人は、目も真剣で話している人の方を向いているし、心で聴いている人は自然とうなずいて聴いています。「聴き上手」になってください。

そして、誰の話をしっかり聴けるとよいでしょうか。

そうです。担任の先生です。担任の先生の話を聴けると、「自分なりの考えを持つ」ことができます。絶対大丈夫です。この高龍小学校の先生は、みんなとってもいい先生だからです。

それでは、みなさんが大変期待をしている担任の先生を発表します。

すわりましょう。

(担任紹介 中略) 

 最後に わたくし、校長の笹倉武雄です。では、今年一年間みんなで「自分なりの考えが持てる学校」になるように頑張りましよう。


12:58