京丹後市立網野南小学校
京丹後市立網野南小学校

所在地:〒629-3102  京都府京丹後市網野町下岡180番地  電話:0772-72-0966  ファックス:0772-72-1919  メール:aminominami-es@kyoto-be.ne.jp

 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER1716324

校長室

校長室より
12345
2018/01/09

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 
 みなさん明けまして、おめでとうございます。
 3学期が始まりました。平成30年が始まりました。2018年が始まりました。そして戌年が始まりました。
 戌というのは、日本で昔から使われている暦に出てくる動物です。
 十二種類の動物達が、神様の手紙によって集められて、競争をするというあのお話です。ゴールした順に「ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」とあります。ねずみに始まって、最後がいのしし。つまり十二年で一回りする考え方・仕組みです。お正月には、家族でこのえとについての話をした人もいるのではないでしょうか。みなさん、自分がどの干支に当たるか、どの動物に当たるか知っていますか。少し聞いてみます。分かる人は、自分の干支のときに手をあげて下さい。
それでは干支を順に聞いていきます。
「 ね うし とら う たつ み うま ひつじ さる とり いぬ い 」
 この機会に、干支が始めから終りまで言えたり、自分がどの干支か知ったりできるといいですね。

今年は、戌年ということで、間もなく十二年の暦が一回りします。この十二年を春・夏・秋・冬に置き換えると、戌年は実りの秋と言えるでしょう。そのため、戌年は、努力が実る年・コツコツと努力することが大切な年と言われています。
 3学期は1月は16日、2月は19日、3月は6年生は15日、他の学年は16日です。つまり1~5年生は、51日、6年生は50日です。なぜだか分かりますか。それは、卒業式が3月22日(木)、修了式が3月23日(金)だからです。

 3学期は、1学期・2学期に比べてとても短いです。しかし、6年生は中学生になるために、1年生から5年生までは、一つ上の学年になるためにとても大切な「まとめ」の学期です。そこでみなさんにがんばって欲しいことを言います。

 一年の計は元旦にあり。
 3学期、どんなことをがんばるのか計画を立てましょう。目標を立てましょう。
 今までできなかったことでなんとかできるようになりたいなということでもいいです。また今までもできたけれども、もっとその力を伸ばしたいという目標でもいいです。
 そしてその目標に向けて、毎日コツコツと努力をしてください。もしもそれでも上手くいかなかったら、やり方を変えてみてください。そのときには先生やお家の人に相談するということも大切です。きっと優しく相談にのってもらったり、目標をやり切るためにお手伝いをしてもらえるはずです。
 3学期は、目標を立てて、その目標をやり切るために、コツコツと努力をしましょう。
 おわります


10:18
2017/12/25

2学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 2学期は79日間の学習を積み上げ今日で終わりです。
 この79日間で、みなさんは随分大きくなりました。成長しました。
 校長先生は、気付いたことの本当に一部ですが、お話をします。
 こだま学級は、2人が、学習発表会で、大きな声でしっかりと日頃のこだま学級の様子を伝えることができたり、打楽器で難しい曲を演奏したりすることができました。また最近、生活の学習で炊飯器を使ってご飯を炊けるようになりました。高学年の人でもやったことがないかも知れません。ご飯を炊く力、とても大切です。
 1年生は、自分の力で連絡帳に明日の予定を書くことができるようになりました。また、文字を使って、その日にあったことや思ったことを書くことができるようになりました。碇高原で体験した動物達との触れ合いを、力強く線で表現し、丁寧にパスで塗り込みました。
 2年生は、かけざん九九に挑戦しました。2の段から9の段まであります。九九を覚えていないと、後で勉強が分からなくなります。みんなもお家の方も先生も一生懸命に取り組みました。そして上がり九九、下がり九九、バラ九九を覚えました。大したものです。立派です。
 3年生は、自分たちで育てた「ひまわり」の絵を、細かな部分まで描き、丁寧にきれいな色を塗りました。またひまわりを育てた経験を活かして、学習発表会で静かな動きと激しい動きを見事に表現しました。読書の取り組みでも、全校を引っ張って行ってくれています。
 4年生は、休み時間になると、全員でグラウンドや体育館でドッチボールを楽しみました。学習発表会では、一人一人が自分の役をやり切って、星座物語を発表し、演技・歌声・小道具等の完成度の高さで会場を沸かせました。KTRの列車の絵も、KTRの運転士さんがずっと見入って感心されていました。
 5年生は、先生達に、算数「単位量あたりの大きさ」の学習の様子を見せてくれました。その中では、先生の言われること・友だちの言うことを真剣に聞いて理解し、自分の考えと比べながら、学習をしていくという「すばらしい学びの姿」を見せてくれました。今後、ますます学び合っていくことが楽しみです。
 6年生は1・2組ありますが、いつも共にあります。今年から秋になった修学旅行、みんな自分の任務をやり切り、内容の濃い修学旅行をつくりました。立命館大学国際平和ミュージアムで熱心にメモをしている姿が印象的でした。駅伝大会に向けて、学習発表会に向けて、いつも1組・2組心を一つにして取り組み、大きな成果を残しました。3学期は、6年全員で気持ちをそろえて卒業の取組です。

 さて、2学期の始業式で先生は、全校で三つのことをがんばりましょうと話しました。
 一つ目 網野南小学校をいごこちのよい学校にしましょう。そのためにたくさんの取組がされました。後期児童会の目標も「思いやりを大切にして笑顔あふれる学校にしよう」でした。各委員会がこの目標の実現に向けて、日々の活動をしました。各学級、通学班などでは長かった79日の間には、嫌なことがあったかも知れませんが、嫌だなと思った相手の人の気持ちや考えも聞きながら、たくさんの仲直りもしたと思います。算数や国語の勉強も大切ですが、人と喧嘩をしたら仲直りしたりすること・折り合いを付けることも、とても大切な勉強です。
 二つ目 網野南小学校を毎日登校できる学校にしましょう。1年間で、全員が登校した日を30日以上にしましょう。一学期で19日となり、そして2学期で35日になりました。全員が、一人も休まずに学校に来てくれることが、とっても嬉しいです。

 三つ目 網野南小学校をよく学ぶ学校にしましょう。このことは、始めに各学級の様子で話しました。一学期に比べ、全ての学級で熱心に学習に取り組めました。

 さてこの二学期は、みんなの成長がとても大きかったです。校長先生の気持ちは、今日の朝の天気のようにポカポカ気分です。
 さて明日から、17日間の冬休みに入ります。内容の充実した冬休みを作り出して下さい。
1月9日(月)に元気なみなさんと出会えることを楽しみにしています。
  おわります


08:40
2017/12/05

網野銚子山古墳 201m

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 11月25日(土)、午後に本校校区にある「網野銚子山古墳」の現地説明会が、京丹後市教育委員会文化財保護課により実施されたので、参加してきました。地域の皆様もたくさんきておられました。私は、恥ずかしながら校歌にも出てくる「銚子山古墳」について、あまりにも無知でした。とてもよい学びをさせて頂きました。とても感動しましたので、その一部を紹介します。学術的に正確ではない部分があれば、お許しください。概要でも知って頂きたいと思い記します。

1 遺跡の概要について(説明会資料より)
 
 
 
 京丹後市網野町に所在する網野銚子山古墳は日本海側最大の前方後円墳です。当古墳が築かれたと推定される4世紀末~5世紀前半は丹後地方に有力な政治勢力が有ったという説が有り、いわゆる「丹後王国論」を裏付ける遺跡の一つと考えられています。被葬者は不明ですが、少なくとも大和政権と関係を持ち、日本海側で交易等に携わった地域の有力者であると考えられています。当古墳は大正11年3月8日に国の指定史跡になっています。

2 今年度、調査のために上図の①から⑤のポイントが調査され、結果として従来古墳の全長が198mとされていましたが、3m長くなり、全長201mの巨大古墳となりました。このような貴重な校区の史跡をより積極的に教育活動にも取り入れられたらと考えています。校区の自慢です。網野、京丹後市のことを良く知り、自信を持った子ども達を育てたいと思います。

①から⑤のポイントの写真を紹介します。

①(前方部墳丘裾部)

地山と盛り土の境界が掘り出されました。
②(前方部墳丘裾部)

葺き石の一番下に葺かれる基底石の可能性のある礫が確認されました。このことにより従来の長さより3m長くなりました。
③(前方部前面墳丘)

2段のテラスが確認でき、葺き石も多く確認できました。葺き石の中には、葺き石を葺くために目印とした斜めの形の石が組み込まれている事も確認できました。これまでは、前方後円墳と聞いても実感できませんでしたが、この説明を受け「網野銚子山古墳」を実感しました。
④(前方部墳丘くびれ部付近)


2段のテラス、葺き石を確認しました。またテラスには、埴輪の基部と思われるものが埋まった状態で確認できました。



説明会の後で地元の方とお話をすると、古墳を守るために年間を通して草刈り等のボランティア活動をされているということです。地域の方に守られて大切な史跡が維持されている事も子ども達に伝えていきたいです。有難うございます。
10:08
2017/09/08

植え木の剪定

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 以前から職員室前の植え木が気になっていました。それぞれの木が思う存分大きくなっています。そのため私は、素人ながら昨年の晩秋に「ミズナラ」の剪定に挑戦しました。しかし、なかなか思うようにいきませんでした。ニシキギ、カシには全く手の出しようもありませんでした。このような話を、保護者さんと話していると、下岡の吉岡信勝さんが、本職の技を活かして、ボランティアとして作業をしてくださると言って頂きました。この言葉に思わず甘えてしまいました。夏の暑い中で、剪定作業をして頂き、職員室前の植え木も見違えるようになりました。有難うございました。


10:34
2017/08/29

2学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 

おはようございます。

2学期が始まりました。みなさんにとって、どんな夏休みでしたか。また、教室で担任の先生や友達に話して下さい。校長先生にも教えて下さい。

さて、夏休みに、網野南小学校はずいぶん変わりました。

みなさんも気付いていると思います。

それぞれの教室にエアコンが付きましたよ。暑い日は「エアコンを使うときのきまり」に従って使い、涼しい所で学習をすることができるようになりました。

ここでみなさんに是非とも伝えたいことがあります。

それは、このエアコンをつけて下さった皆さん。「電気工事士」さんについてです。目に見えない電気を相手にして、工事をしてくださる技術屋さんでした。

この電気工事士さん達が、真夏の暑い中、校舎の外や校舎の中の天井の裏側に電気のコードやエアコンが働くためのガスを通すためのパイプを通してくださいました。汗をかきながら本当に一生懸命に仕事をしておられました。校長先生はお盆でゆっくりと休ませてもらっている間も、休まずに学校に来て、朝から晩までコツコツと仕事をしておられました。それは、皆さんが2学期の始業式の日に、涼しい所で学習をできるようにするためです。そのために電気工事士さんたちは、暑い中、お盆休みもなく一生懸命に働いて下さいました。本当に有り難いことです。

電気工事士さんたちは、目に見えない電気を自由に扱うことができてすばらしいと思います。きっと子どもの時は、理科や算数や図工が好きだったんだろうなと思います。

みなさんも、自分の好きなこと、得意なことを見つけて、その力をさらに伸ばすために努力をして、自分がなりたいと思う姿の大人になって欲しいです。そして、得意なことを活かす仕事について、他の人のために、社会のためにがんばって欲しいです。期待しています。

 ところで、みなさんエアコンって不思議だと思いませんか。なぜ冷房のスイッチを押すと、冷たい空気を送り出すのでしょうか。また同じ機械なのに暖房のスイッチを押すと、暖かい空気を送り出すのでしょう。

 また興味のある人は、調べて校長先生に教えて下さい。

 さて小体育館では、間もなく夏休み自由作品展が開かれます。ここには、みなさんが夏休みにがんばって作った工作や、いろいろな興味・関心に基づいて調べた調べ学習が展示されます。校長先生は、毎年この作品展を見るのが好きです。今年も、みなさんがどんながんばりをしていたのか、楽しみながら見せてもらいます。

 最後に、2学期にみなさんにがんばってもらいたいことを三つ言います。一学期と同じですが、大切なことなので確認をします。

一つ目 網野南小学校をいごこちのよい学校にしましょう。そのために、みんな仲良しになりましょう。またいじめられたりする人・友だちから嫌なことを言われたりすることがないようにしましょう。

二つ目 網野南小学校を毎日登校できる学校にしましょう。1年間で、全員が登校した日を30日以上にしたいです。一学期で19日となりました。この日数をどこまで積み上げられるか挑戦しましょう。あなたも、あなたも全員が登校することが大切なんです。

 

三つ目 網野南小学校をよく学ぶ学校にしましょう。

今まで分からなかったことが分かったり、できなかったことができるようになるって、本当に楽しいことですね。校長先生は地球や石の勉強も好きなんだけれど、今年の夏は、「なぜ日本海ができたのか」を本を読んで、しっかりと自分で納得がいってとてもうれしかったです。これを納得するまでに10年近くかかりました。とても嬉しい夏でした。担任の先生たちは、みなさんが授業で興味や関心を持つために、とても工夫をした問いかけをいつも考えておられます。その問いかけに、みなさん、自分の頭をフル回転させて挑戦してみて下さい。学ぶことの楽しさが分かります。また各学年で覚えなくてはならないことは、みんなで「覚える雰囲気」をつくったり、何回も何回も繰り返したりしてみんなで覚えましょう。

 

 2学期 みんなと先生たちで「いごこちのよい学校」「毎日登校できる学校」「よく学ぶ学校」を目指しましょう。

 

 おわります。


11:43
2017/07/20

1学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

今日の新聞で見たのですが、昨日、7月19日に近畿地方も梅雨が明けたということです。夏本番です。明日から夏休みというのがピッタリですね。
72日間の1学期も今日で終わりです。この1学期間、みなさんは、どんなことにがんばりましたか。全校で197人の子ども達がいますから、197とおりの、それぞれ違ったがんばりがあったと思います。校長先生も、今年の1学期は、意識してがんばったことがあります。それは、みなさんの学級の畑の草取りなどのお手伝いです。
毎朝、校門でみなさんにあいさつをする前後のほんの短い時間を使って、草取りのお手伝いをしようと思いました。でも、完全にはやり切れていません。畑には結構草が生えています。しかし、何もしないよりは、草の生え方はましかなと思います。なんでも決めたことに挑戦する時、完全にやり切れることばかりではありません。しかし、あきらめずにやり続けることが大切だと思っています。「小さなことからコツコツと努力することが大切です」
 さて、先生達は、平成29年度に3つのがんばる目標を作りました。校長室前廊下に掲示してあるあの三つの目標です。
①いごこちのよい学校 ②毎日登校できる学校 ③よく学ぶ学校
この三つの目標に沿って、簡単に振り返ります。
①いごこちのよい学校
4月6日に2年生から6年生までは、始業式でした。この時、校長先生は、みなさんに、おそらくこの1年間で最も大切なこと、人として大切にして欲しいことを話しました。それは、世の中には、いろいろな都合で体が不自由になった人もいる。その人たちが、悲しむような言葉を言ったり、行動をしたりしないで欲しいというお願いでした。この1学期間、みなさんはこのことをしっかりと理解して、生活できました。校長先生は、とても嬉しいです。
 校長先生のお父さんも病気で足の手術をしましたが、それでも病院で少しずつ元気になっています。間もなく退院して家に帰ってきます。校長先生も、お父さんの身の回りのお世話をしようと準備をしています。
②毎日登校できる学校
今日は、とても嬉しい日になりました。それは、全校の皆さんが全員休まずに学校に来たからです。一学期の間に、そういう日が積み重なって、今日で19日になりました。
197人の子ども達がいて、それぞれ家の都合があったり、体や気持ちも調子のよいときばかりではなかったでしょうが、学校に行かなければいけない、行ったらきっといいことがある、いやなことがあるかも知れないけどなんとかなる・・・・とにもかくにも、毎朝、決心して学校に来る。その決心・197人分集まったのが19日になりました。すばらしいです。みなさんと、先生達と、お家の人たちで作った宝物です。
③よく学ぶ学校
今日は、みなさんは担任の先生達から通信簿を頂きます。
校長先生も全員分を見せてもらい、ハンコを押しました。
校長先生の知らなかった皆さんのがんばりがたくさん書いてありました。校長先生は、一人一人の顔を思い浮かべながら、なるほどなるほどと読みました。
校長先生の好きな「小さなことをこつこつと続けている人」が多くいました。
低学年の時には、逆上がりができなかったけれど、こつこつと努力をして、高学年になって逆上がりができるようになった人がいます。とてもすばらしいことです。習ったその時、教えてもらったそのときにできなくても、分からなくても、こだわり続ける。すると、何かの機会に、ぱっとできるようになる、分かるようになることもあります。人生は長いです。一生をかけて、できるようになること、分かる様になることを楽しみながら生活しましょう。
 7月11日のスキルタイムの時間は「計算力アップ大会」でした。
 この時間に向けて、自主的に何枚も何枚も異なる種類のプリントをやり続けた人がいます。当然、その人は計算力アップ大会でも満点でした。その人にとっては満点をとったこともよかったでしょうが、校長先生はもっと大切なことがあったと思います。それは「目標に向けて、計画的に、地道にコツコツと努力をしてやり切ったこと」です。これを経験したことがその人にとっては、とても大きな値打ちのある経験・体験になったと思っています。こういう力・人に言われてするのではなく・自分から進んでする力・この力をつけてしまえば、しめたものです。校長先生は、その人は、きっとこれから、急にレベルアップしていくと強く思っています。
 6月28日には、網野町の小学校・中学校の先生方が、2年生の算数の授業と6年生の算数の授業を見に来て下さいました。そして先生たちで、教え方についての話し合いをしました。その中で、他の小学校の先生方や中学校の先生方から、網野南小学校の子ども達は、図や表を使いながら、また友だちと考えを交流しながら、一生懸命に勉強しているなと、ほめて頂きました。校長先生は、とても嬉しかったです。2学期、各教室での学習が楽しみです。

さて、明日から8月28日まで39日間の夏休みに入ります。夏休みは楽しいですが、守らなくてはいけない約束やルールがたくさんあります。教室で担任の先生から聞いたことと思います。
それらの約束やルールをしっかり守り、39日間の夏休みをみなさんが事故なく、夏休みにしかできない体験をたくさんする等有意義に過ごしましょう。8月29日の始業式に、元気なみなさんに、出会えることを楽しみにしています。

おわります。


13:16
2017/07/03

展示コーナー

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
本校の渡り廊下には、年間を通して展示コーナーがあり、用務員さんが本校周辺の草花を、様々な視点から紹介して下さっています。今回は、私も展示しました。一つは、読み聞かせボランティアでお世話になっている福島さんから頂いた「ビワの実」、一つは私の家の畑でとれた「双子のキュウリ」です。二つのキュウリがくっついていました。どの段階で、このようにくっついたのか不思議です。包丁で切ると、メガネのような形になります。また子ども達に紹介します。今後もこの展示コーナーを大切にしていきます。


11:52
2017/06/08

池のコイ

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 
 南小の中庭には、立派な池があります。その池の周囲はタイルが敷かれヒョウタンの形・銚子の形になっています。それは、本校校区にある日本海側最大級の古墳・銚子山古墳を意識してデザインされたものであろうと私は推察しています。
 
 この池では、コイが飼育されています。毎日昼休みに環境委員会の子ども達が当番を決めてエサやりをしています。時には、低学年の子ども達も、お兄さん、お姉さんからエサを分けてもらい、コイにエサをやることもあります。コイは水面で大きな口をあけ、パクパクと食べます。子ども達にとって、とても楽しみな時間です。池はコイを仲立ちとして、異年齢が交流し合う場でもあり、とても貴重で、ほっと息の抜ける憩いの場でもあります。今後も、大切に池の管理をしていきます。




14:24
2017/05/22

カブトムシの幼虫

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
先日、切畑の岸本英志様のお宅を訪問し、「カブトムシの幼虫」に係る話をいろいろと聞かせて頂きました。初めてお聞きする内容が多く、大変貴重な時間となりました。昆虫については、小学3年生で学習するので、岸本様より3年生の児童数と同程度の数の幼虫を頂きました。早速、翌日3年生に説明しながら、幼虫を引き渡しました。土に湿気を適度に加えながら、無事成虫になるまで育てましょう。その間、図鑑などで「カブトムシ」に係る情報をたくさん集めたり、幼虫の観察をしたりすることで、カブトムシ博士の誕生することを楽しみにしています。
 私が岸本さんから聞かせて頂いた中で、一番印象的だったことを紹介します。

上の写真は、カブトムシの幼虫が生活している土です。しかし、ただの土ではありません。私達が通常イメージする土は、岩石が風化してできた石英や長石などからできている土です。しかし上の土は、鉱物からできた土ではありません。答えは・・・・・・。

カブトムシの幼虫が生活している土の材料はもともと上の写真のように竹や樹木です。岸本様は、竹や樹木を機械を使って細かなチップにされます。そしてそれを数年野積みしておくと、カブトムシのすむような土(有機物)になります。岸本様は、この土を「パーク」と呼んでおられました。鉱物の入っていない、有機物です。岸本様の飼育しておられる幼虫が大きくて立派な理由がよくわかりました。


13:53
2017/04/06

平成29年度 1学期 始業式 

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

先ほど1名の転入生がありました。新しく先生達も6名来ていただきました。また明日は新しく29名の一年生をお祝いをしながら迎えます。全校児童196名と先生方19名で、平成29年度の網野南小学校が出発します。
 さて、今年度196名の児童のみなさんと、19名の先生方で一緒に目標としたいことがあります。
一つ目: いごこちのよい学校をみんなで、つくっていきましょう。
そのためには、まずみんなが所属している一番身近な集団である学級を、いごこちのよい学級にする必要があります。
 いごこちのよい学級にするには、学級の中でルールが守られること、学級のみんなとなかよくなること、学級のひとりひとりが学級の中で活躍すること等が必要です。まずは、みなさんと後で発表する担任の先生で一緒に力を合わせて、いごこちのよい学級をつくりましょう。

二つ目: みなさん、毎日登校しましょう。とにかく学校に来れば、前の日に比べてみなさんには、力が付きます。先生や友達と学習して、かしこくなります。また友だちと仲良くしたり、けんかをしたりして、「世の中には、いろいろな人がいるんだな。自分だけの考えが正しいんではないんだ。○○君は、あんなことを考えていたんだ。ぼくは気付かなかったな。」・・・・・。等、勉強の他に人・人間について学ぶことができます。このことも、とても大切な力です。みなさんは、今は子どもですが、やがて大人になり、社会に出て働きます。大人にも本当にいろいろな人がいますよ。みなさんが、大人になっていろいろな仕事に就くことになりますが、その仕事をする上で、必ずいろいろな大人の人と話をしながら仕事をすることになります。そのためにも、子どもの時から、いろいろな考えや思いをもった人と仲良くなれることが大切です。そのために、まずは毎日学校に来ましょう。2年前は全員が登校できた日は1年間で16日でした。去年は26日でした。今年は、30日を目指しましょう。
三つ目:よく学びましょう。
授業では、自分の考えを発表したり、友だちの意見を聞いたりして、みんなで分かることを大切にしましょう。そして最後には、自分一人でもできるように、自分でまとめたり、宿題で繰り返したりすることも大切にしましょう。

 今年は、三つの目標に向かって年間を通してがんばりましょう。
一つ目子:いごこちのよい学校をみんなで、つくっていきましょう。

二つ目:毎日登校しましょう。

三つ目:よく学びましょう。

 
最後に、みなさんがドキドキワクワクしていた今年度一緒に「いごこちのよい学級」「毎日登校できる学級」「よく学べる学級」をつくっていく担任の先生を発表します。
・・・・・・ おわります。


13:53
12345