あなたは986131人目の訪問者です。

リンクリスト

新着情報

 

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

学校長挨拶

八幡小学校は明治6年に知周校として開校しました。地域の皆様に支えられ、皆様とともに歩んできた歴史と伝統のある学校です。

保護者の皆様、地域の皆様方と十分に連携しながら、本校の子ども達の知・徳・体のバランスのとれた成長と健全な育成を図っていく所存です。
ご支援、ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
                                八幡市立八幡小学校 校長 松田 行生

以下は学校経営方針です。ご覧いただければ幸いです。

1 学校教育目標

  あたたかい人間関係をはぐくみ、学び合い、高め合う児童の育成

2 めざす児童像

 (1) 主体的に学び続ける子    <かしこく>

 (2) なかよく関わり合う子    <なかよく>

 (3) たくましく健やかに伸びゆく子   <たくましく>


【居心地のいい学校を目指すキャッチフレーズ】

「やさしさを わたしから たくさんあげます やわたっこ」

  ○やさしさをことばや行動で伝え合い、互いに心があたたかくなる毎日であってほしい。


3 
めざす学校像

(1)  児童一人一人を大切に全教職員の協働で取り組む学校  

(2)  あたたかい人間関係の中で生き生きと学び合う学校     

(3) 保護者・地域の人々に信頼される開かれた学校


4 教職員の実践目標

(1) 学年主任を中心として学年で児童を育て、組織として教育活動を実践する「チーム八幡」

(2)  児童一人一人にとって「居場所のある学級・学年、居心地のいい学校」

(3) 本校教職員として「居心地がよく、やりがいと喜びを味わえる学校」


5 学校経営の重点

  確かな学力、豊かな人間性、健康な体力等の「生きる力」の育成を基本とし、八幡市の学校UD化構想を踏まえ、教育活動の充実・推進を図る。


(1)
 
確かな学力

ア 個に応じた支援のあるきめ細かな指導を進め、学年目標におおむね到達させる。

イ 具体的方策

() 新学習指導要領を踏まえた教育課程の計画的実施

() 主体的・対話的な学びを深め「ことばの力」をはぐくむために行う国語科における授業改善

() ことばに親しむ取組やことばの基礎的な力をはぐくむ取組の推進

() 京都式少人数学級や少人数授業を生かした学力向上システムの充実

() 児童の読書への意欲を喚起する多様な読書活動の推進


(2)
 豊かな心

ア 子どもと向き合い、あたたかい人間関係を基盤に自己をいかす指導を進め、自己肯定感と自己有用感をはぐくむ。

イ 具体的方策

() 自己を生かし自己肯定感と自己有用感をはぐくむ特別活動の推進

・エンカウンターやなかまトレーニングを取り入れた学級活動の充実

・異年齢集団活動等を通した自己有用感の育成

・主体的な話し合い活動を重視した自発的・自治的な実践活動の推進

() いじめ・不登校を未然に防ぐための素早い情報共有と組織的対応、個に応じた支援の充実

() 相手を思いやる心や規範意識等、豊かな人間性をはぐくむ道徳教育の推進

() 自他を尊重する態度や実践力を育てる人権教育の推進


(3)
 健やかな体

ア 健康をはぐくむ食育を大切にするとともに、体育やスポーツに親しむ児童を育成し、体力・運動能力の向上を図る。

イ 具体的方策

() 生活点検を活用し、家庭と連携した基本的生活習慣の確立

() 給食を教材として生かし、各学年の発達段階を踏まえた食育の実施

() 豊かで楽しい体力つくりの工夫

() 体育やスポーツへの関心を高める取組の実施

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
学力向上システム開発校
平成30・31(令和元)年度 京都府教育委員会指定「学力向上システム開発校」研究発表会を、令和2年2月7日(金)に開催しました。京都府内外から多くの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
八幡小学校は、「第13回佛教大学小学生俳句大賞 学校優秀賞」「平成31年度子どもの読書活動優秀実践校 文部科学大臣表彰」を受賞しました。
 

サブメニュー