訪問者206698
〒629-0341
京都府南丹市日吉町殿田大貝30
tel : 0771-72-0031
fax : 0771-72-0713
mail : tonoda-jhs@kyoto-be.ne.jp
 

お知らせ

絵文字:NEW 平成29年度の学校評価の結果を 学校経営 のページに掲載しました。

〇写真販売日決定!
平成29年度に学校で撮りました写真の展示及び販売を実施します。
<期間及び時間>
2月21日(水)               午後5時~午後7時
2月22日(木)・23日(金)        午前9時~午後7時
2月24日(土)               午前9時~午後1時
 
2月26日(月)・27日(火)・28日(水)午後1時~午後7時 (午前1・2年学年末テスト)      
 ※25日(日)は実施しません。
 ※28日(水) 午後3時~午後5時は職員会議のため、申し込み用紙の受付はできません。
 
 申し込み用紙は、展示会場に置いてあります。封筒に必要事項を記入し、お金を入れてご提出ください。主な写真の大きさはL版で、1枚70円で販売します。おつりのないようご協力をお願いします。
 2月24日(土)は土曜活用授業日となっており、午後1時までの展示・販売を予定しています。平日はお仕事等でお忙しいご家庭もあると思いますので、是非この機会をご利用なさってご来校ください。

〇2月24日(土)
1・2年生対象
土曜活用授業
通常通りの登校(午前中のみ) 下校時間;11:40

〇2月26日(月)~28日(水) 
1・2年学年末テスト期間中のご連絡
 26日(月)・27日(火)は、給食はありませんので、全校生午前授業となります。下校時間は以下の通りです。
下校時間;1年生 11:40 3教科テスト後下校
       2年生 12:40 3教科テスト 学年閉鎖による1時間の授業回復後下校
       3年生 11:40 3教科授業後下校


 

日誌

平成29年度
123
2018/02/20new

1年 ファイナル・プロジェクト始動

| by 管理者
 2月14日(火)より、1年生は、総合的な学習の時間と英語の授業を合わせたファイナル・プロジェクトがスタートしました。ファイナル・プロジェクトとは、3月14日(水)の午後に予定している、1年間の英語科の学習で培った英語力と、総合的な学習の時間で培った発信力を統合し、外国の留学生数名を招待して、プレゼンテーションソフトを使い、英語で日本の文化を発表する取組です。現在1年生は、各グループごとに協力し合い準備を進めています。

19:29
2018/02/20new

第2回学校評議委員会

| by 管理者
 2月15日(木)、第2回評議委員会を実施しました。
 参加者は3名の評議員の方々と校長、教頭、教務の6名です。
 初めに校長から、今年度の学校運営についての学校自己評価を説明しました。特に取組項目を4つに整理し目標を数値化して実践してきたこと、英語教育研究発表会等の文部科学省の指定事業を活用した研究推進を実施してきたこと、業務改善を推進しながら生徒と向き合う時間を生み出すこと等を報告しました。
 次に教頭から、1月に保護者、生徒に実施した保護者アンケート、学校生活アンケート等の結果から分析した課題や成果を説明しました。生徒が「学校に行くのが楽しみ」だと回答した保護者が増えたことを肯定的にとらえながらも、否定的なご意見を真摯に受け止め、丁寧できめ細かな対応や、適切な情報発信をしていくことの大切さ報告しました。
 この日は、給食を評議員の皆さんと一緒にとり、和やかな雰囲気の中で、貴重なご意見を聞かせていただくことができました。
 その中に、地産地消を生かした給食のメニューの充実、食物アレルギーの対策についてのお話や、小中と給食であることの大きな意味についてご意見をいただきました。
 出された主な意見としては、
1 家庭学習の充実のために、授業をどのように進めていくのか、生徒の学ばせ方も大切である。
2 今年度から始めたスケジュール手帳を、生徒にうまく活用できる力を付けることが、非常に有意義なことであろう。そのために書かせる量の見極めや活用方法の工夫を検討していくことが大切である。
3 スマホは刺激的で楽しいものである。使うこと自体は社会の流れで仕方がないが、自制できる力があるかが大切である。生徒にコントロールする力を付けることの大切さに気付かせたい。
4 英語の研究成果を、他教科にも波及できるような授業の工夫をしていただきたい。
5 学校評価を受けて分析のあった「自己肯定感の向上」が図れる指導や取組の工夫をしてほしい。
などです。

 来年度から、評議委員会を核にコミュニティスクール推進委員会をもち、日吉の子をどのように育てていくのかについて、熟議を重ねていくことを確認しました。本校の教育活動における学校自己評価は、HPにもアップします。
17:55
2018/02/20new

出前授業

| by 管理者
 
 2月19日(月)4校時、園部高等学校から英語科の先生を迎え、2年生を対象に出前授業を実施しました。
 適度な緊張の中、まずはリーディングに、次にペアなどで互いに聞き合う音読練習に取り組みました。普段とは違う雰囲気を味わい、高校の先生からよい刺激を受けながら、生徒たちは積極的に英語学習に取り組みました。
 この出前授業は、以前から実施したいと中高連携の中で計画していたことで、この度、実施できた新たな取組です。昨年10月31日に発表した英語教育研究発表会を機に、本校は園部高等学校と英語学習を通した中高連携のつながりができています。このつながりを大切にして、生徒にとってよき取組となるように、今後も工夫していきたいです。

17:39
2018/02/09

給食感謝週間「生徒の学び」

| by 管理者
給食感謝週間における生徒の学びや感謝の気持ちが表れている手紙を一部紹介します。

〇調理場のみなさんが、とても努力をして、おいしい給食を作ってくださっていることがわかりました。今、考えてみると小学校1年生から給食を食べていて、にんじんを見ない日はなかったなあと思いました。にんじんが彩りでとても大切な役割をしていることを初めて知りました。給食には、毎日いろいろな旬の食材が入っていて、給食を食べることが楽しみに思います。

〇僕は、日吉の温かくおいしい給食が大好きです。いつも僕たちのためにおいしい給食を作ってくださりありがとうございます。調理の時は、一つの作業ごとに手を洗うと聞きました。とても大変な仕事だと改めて思いました。だから、当たり前のように給食を食べるのではなく、調理場のみなさんへの感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

〇卒業して、高校へ進学すれば給食を食べることはなくなります。そう考えると寂しいです。給食の時間が待ち遠しかったり、みんなと話しながら食べるのが楽しかったり、とても思い出がいっぱいです。給食が食べられるのはあと少しなので、よく味わって食べたいと思います。

〇9年間おいしい給食を作ってくださってありがとうございました。授業を受けてしんどかったり疲れたりしたときも給食を食べると、いつも元気になりました。苦手な食べ物とかもたくさんあったけど、おいしい給食のおかげで克服できました。高校からはお弁当になるので、給食は食べられなくなるのは悲しいですが、小・中と給食で本当によかったと思っています。9年間、本当にありがとうございました。

〇おいしい給食を作ってくださり、ありがとうございました。小学校に入って楽しみだったのは給食でした。カレーや肉類、シチューなどが出る日になると、まだかまだかと給食の時間を楽しみに待っていたこと思い出します。小学校1年生から中学校3年生の今まで、思えば学校生活は給食とともにありました。健康で、栄養不足にならなかった背景には、調理場の皆様の生徒を思う温かい気持ちがありました。今まで9年間、誠にありがとうございました。

 この他にも、たくさんの生徒が、「給食のおかげで毎日がんばれている」「給食があったからこそ今の自分がある」と書いています。特に3年生は、卒業まであと少しです。感謝の気持ちを持って、みんなとの給食の時間を楽しく味わってほしいものです。


本日の給食「中華五目ご飯」「白菜とハムの中華和え」「わかめスープ」「牛乳」です!
11:12
2018/02/06

スクールカウンセラー特別授業

| by 管理者

 本校には、毎週月曜日にスクールカウンセラーが来校し、本校を拠点に、殿田中学校、胡麻郷小学校、殿田小学校の児童・生徒はもちろん、保護者からの相談に対応しています。

 この日は、本校3年生に対して「ストレスマネジメント授業」を実施しました。ストレスと感じるときの「心の動き、体の状態、行動への表れ」をグループで話し合って発表してから、緊張してストレスを感じるのは当たり前であること、「ほどよい緊張」を目指してストレスをコントロールすることが大事だと学びました。そこでコントロールする具体的な方法として「弛緩法」「呼吸法」があること、それを実際に二人組になって体験してみることで、余計な力が自然と抜けていくことを実感しました。

 3年生は、これから受験という大きなストレスに向き合っていきます。今日の学びが、実際に活かされることを願います。

 


10:48
2018/02/06

「給食感謝週間」

| by 管理者
  平成30年1月29日(月)~2月2日(金)、テーマを「食べ物パワーで、健康アップ」として給食感謝週間を実施し、食と健康について学ぶよき機会となりました。以下は、一週間の給食メニューと曜日ごとのテーマです。

29日(月) 1日5皿野菜を食べよう ~5-a-day献立~
30日(火) お米の変身!米っ粉献立 
31日(水) 和食の良さを知ろう ~まごは(わ)やさしい献立~
 1日(木) 魚の良さを知ろう ~ギョギョ!魚ッ知献立~ 
 2日(金) カルシウムの多い食品を3つとろう ~3-a-day献立~
 
 
  
 今年は、保健部が事前に給食センターを訪問し、センターでの安心・安全な給食づくりの工夫や苦労を、見学やインタビューでまとめ、それをそれぞれの学年において寸劇やロールプレイなど、アイデアを懲らした内容で伝えました。
 日頃から、自分たちの健康のため、おいしい新鮮な旬の野菜を提供してくださる地元農家の方、できるだけ多くの、かつ色鮮やかな食材を取り入れて給食を考えてくださっている給食の先生方、心を込めて毎日給食を作ってくださっている調理員の方々、その給食を運んでくださる方などなどに、感謝の気持ちを込めて手紙を書いています。それを保健部が文集にし手渡します。
 この給食週間の取組が、日頃から「食と健康」を考える機会になればと考えています。
07:06
2018/01/30

家庭科学習

| by 管理者
 玄関に、冬季休業中に生徒が家庭科の課題(食育)として実践してきた「一品作ろう!」「雑煮を作ろう!」が展示してあります。各家庭で家族とも触れあいながら調理体験をすることで、心に残る生きた学習になります。また互いの調理体験を見合うことで、よき刺激や学びの広がりになります。写真とともに「我が家の味付け」「工夫」などが書かれていますので、機会があれば、足をお運びいただきご覧下さい。


12:35
2018/01/26

校内書き初め展(年賀状コンクール)

| by 管理者
 1月13日(月)~26日(金)まで、校内書き初め展を実施しました。書き初めは、各学年の教室前に掲示し、互いに鑑賞できるようにしました。同時に、国語科の冬の課題でもあった年賀状を、「年賀状コンクール」と題して掲示し、干支のかわいい犬のイラストなどが描かれた年賀状も互いに鑑賞し合いました。


18:13
2018/01/22

公開授業研究会

| by 管理者
 1月18日(木)43名の参加者のもと、殿田中学校公開授業研究会を実施しました。
 1年生の国語「いにしえの心に触れる「今に生きる言葉」」公開授業では、故事成語である「矛盾」という言葉の意味をペア学習を取り入れながら全員で共有し、「矛盾」を使った短文作りを通して、現在でも日常的な会話の中に生きる言葉であることを実感することができました。公開授業を参観した先生方も笑顔になる、素直な生徒たちの主体的に学ぶ姿が印象に残る授業となりました。
 その後の研究協議では、「学力を定着させるための授業の在り方」をテーマに、参加者同士、熱心な意見交流ができました。京都府教育委員会のご指導や参加者の皆さんからいただいた貴重なご意見を本校の実践研究に活かし、生徒の学力向上につなげる授業実践をしていきたいと考えます。また学び合ったことを広く発信できるよう準備を進めてまいります。
 多くの先生方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

12:28
2018/01/10

知的好奇心をくすぐる授業

| by 管理者

 「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」は京都府教育委員会の事業で子どもたちの学習に対する興味・関心を喚起し、未来に向かって夢と希望をって学ぼうとする子どもたちを育成することを目的とさした、京都大学等の研究者による出前授業です本校では、この事業を積極的に活用し、全校生徒が最先端の科学に触れる機会を設けています。

1218日(月)

京都大学大学院理学研究科  北井 礼三郎 附属天文台元准教授

 3D眼鏡をかけ、まるで自分が宇宙空間にいるかのように、138億光年の宇宙の広がりを実感し、秒速800㎞の太陽風が地球に与える影響を学習。


<生徒の感想>

地球や月がどのようにして誕生したのかとか、地球からずっと遠くの宇宙空間について、3D眼鏡をかけて体感することができて、とてもおもしろかったです。宇宙や惑星が誕生するには、とても歴史は長く、宇宙が果てしないものだということを、改めて実感することができました。太陽フレアによってできた太陽風は、ものすごい速さと強さで私たちの地球にやってきて、どのような影響を与えるのかについて知ることができました。GPSに不具合が発生することを今年のニュースで見たことがあって、それは太陽風の影響であることがわかりました。知らなかったことがたくさん知ることができて、とても楽しかったし、おもしろかったです。


1219日(火)

京都大学大学院理学研究科  佐々木 貴教 助教

 ケプラー宇宙望遠鏡の打ち上げで観測技術が向上し、ここ20年間で地球型惑星が次々に発見されたこと、地球外生命の存在の可能性が随分高いことを学習。


<生徒の感想>

この授業で、僕は宇宙についてもっと知ってみたいと思いました。それは宇宙にはたくさんの謎があるからです。宇宙には他に生命がいるか、どれくらい広いのかなど、新たな疑問が生まれました。教えてもらったことを理解して、新たな疑問が生まれ、それを解決することができるのが大学だということもわかりました。僕たちが自ら宇宙に行って調べることはできなくても、今できることは、宇宙について少しでも多くのことを知ること、新しい情報に耳を傾けることだと思います。だから今日教えていただいたことを忘れないようにしたいです。とても興味深い内容でした。


1220日(水)

京都大学大学院理学研究科  齊 藤 昭則 准教授

 迫力のある2mのデジタル立体地球儀を使って、オーロラが両極でできること、国際宇宙ステーションから観るプラズマ大気(雷やオーロラ)を学習


<生徒の感想>

 部屋に入って、すぐにデジタル立体地球儀が目に入りました。最初木星の模型だと思っていて、月に変わったときに、デジタル立体地球儀に映してあったことに気付いて驚きました。またオーロラの説明で、一番驚いたことは、気温は関係していないということです。実際は気温ではなくて、地球の磁場で発生しているという説明を聞き、とても驚きました。自分が知らないことを知ることができて、宇宙に少し興味をもちました。



08:58
2018/01/10

第2回総合的な学習の時間発表会

| by 管理者

  1216日(土)に、2学期の「総合的な学習の時間発表会」及び「人権作文発表会」を実施しました。

 「総合的な学習の時間」及び「後期人権学習」における学びを広げ学習内容を深めるために、また情報器機を活用したプレゼンテーション力や作文発表による表現力を高めるために、それぞれの学年で準備・リハーサルをし、当日を迎えました。

 話し手による声の大きさやスピード、聞き手を意識した発表内容等、まだまだ課題はありましたが、「障害は特別ではない。バリアフリーは誰もが大切。」「仕事は、人の意見に耳を傾け日々学び続けることが大切。」「人権問題は、それぞれの人の心の中にある。」など多くの学びを全校生徒で共有することができました。1・2年生にとっては来年度の学びにつながる取組、また本校の特色ある取組として、今後とも発展させながら継続していきたいと考えています。

 後になりましたが、当日は多くの方にご参観をいただき誠にありがとうございました。

 





08:48
2018/01/10

PTA親子人権学習会

| by 管理者

 1211日(月) PTAの主催による親子人権学習会が実施されました。今年は、KDDI株式会社から講師をお迎えし、「スマホ・ケータイ安全教室」と題して「実際に起こったトラブル事例」「ネットにはデマ情報がたくさん」「人に見られて困る写真は絶対に撮らせない、渡さない」など、生徒たちに具体的なお話をしてくださいました。安易な気持ちから犯罪に巻き込まれ被害者とならないように、また将来を台無しにする加害者とならないように、安心・安全な使い方を学習しました。

 その後、保護者対象に「生徒を守るフィルタリング」の大切さを訴えられました。

 

 


08:39
2017/12/06

1年丹波支援学校との交流学習

| by 管理者

 1120日(月)、1年生全員が丹波支援学校を訪問して交流学習を行いました。

 この日までに、支援学校の先生のお話を聞き、「様々な障がいのある児童・生徒のこと」「支援学校で、障がいに合った個性を重視した教育を受けることで成長している様子」などの理解学習をしました。また、文化祭の展示交流、全員参加の事前交流、自己紹介カードの交流、支援学校の仲間に披露する合唱の練習、一緒に交流するゲームの準備などを行い、当日を迎えました。

 この学習の積み上げにより、全体交流も支援学校のクラス別の交流でも、支援学校の先生方のご協力の中、笑顔の絶えない交流となり、1年生にとって大変意義深い、学び多きよき交流学習となりました。

 


16:08
2017/12/06

2年生職業体験

| by 管理者

 11月8日(水)~10日(金)の3日間、主に地元日吉町の事業所を中心に、2年生が職業体験学習を行いました。

 生徒自身が、事前に各事業所に直接依頼のお電話をし、職業体験に向けた学習を積み上げることで体験の意義を理解し、主体的な体験に向けた気持ちを高めてきました。

 当日は、働く方々の様子を間近に見ながら、挨拶・礼儀・コミュニケーションの大切さ、役割を責任と自覚を持って仕事に向かうこと、仕事を通して人々や地域社会に貢献すること、働く楽しさや喜び・大変さなど、様々なことを学び、気付くことができました。学習した内容は、1216日(土)の「総合的な学習の時間」の発表会で報告します。

  最後になりましたが、ご協力いただきました事業所の皆さまには、快く体験学習をお受けいただき、またよき学びの場をご提供いただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 


15:53
2017/11/08

英語教育研究発表会

| by 管理者

1031日(火)、南丹市立胡麻郷小学校、南丹市立殿田小学校、南丹市立殿田中学校(本校)、京都府立園部高等学校を会場とし、全国から300名を超える先生方の参加のもと、平成27~29年度文部科学省「外国語教育強化地域拠点事業」指定『英語教育研究発表会』を実施しました。

中学校では、1年生と2年B講座が授業を公開し、主体的な対話を通して、授業の中で学びの「気付き」の質を高めている実践を観ていただきました。この3年間、小学校の時から全国に先駆けて外国語に十分親しんできた中学生は、英語に対する学習意欲が非常に高く、そのことが英語のコミュニケーション力を高めていることを実感できる研究となりました。今後も、この研究の成果を英語のみならず他教科へも広げていきたいと思います。

 


09:27
2017/10/28

ボランティア活動

| by 管理者
10月17日、全校生徒が地域の保育所、小学校、JRの駅、通学路、花植え作業等に分かれ、それぞれが環境美化のための清掃活動、道具の片付け、授業の手伝いなどのボランティア活動を実施しました。このボランティア活動により、訪問した施設の方々をはじめ多くの方々が感謝の気持ちを伝えてくださいました。



11:42
2017/10/28

口丹波中学校駅伝大会

| by 管理者
10月14日(土)丹波自然公園内及び周辺コースにて、口丹波中学校駅伝大会が実施されました。殿田中学校の選手たちは、夏の暑い時期から部活動とは別に、「チーム殿田中」として練習に取り組んできました。時にはタイムが伸び悩んだり苦しい練習にくじけそうになったりしたこともありましたが、進んで駅伝練習に参加した生徒同士が声をかけ合い、「チームで成長してきた」取組となりました。結果は、女子Aチーム15位、男子Aチーム12位、Bチーム16位でした。選手として駅伝に参加した生徒は、自己ベストを目指して懸命にたすきをつなぎ、応援として参加した生徒は、チーム殿田中の一員として声を張り上げて応援しました。「チーム殿田中」全員の成長が光る日となりました。

11:16
2017/10/28

3年保育実習

| by 管理者
3年生は、家庭科の学習の一貫で、毎年保育実習を実施しています。今年も、絵本の読み聞かせをしたり、一緒に遊んだりして、近隣の保育所の幼児と過ごしました。幼児のしぐさや表情から、幼児の立場になって行動することの大切さや、言葉だけでなく全身を使って幼児とコミュニケーションをとることの大切さを学びました。3年生の笑顔が素敵な実習となりました。

11:09
2017/09/12

第70回「殿田中学校 体育祭」実施!!

| by 管理者
 9月9日(土)快晴の下、第70回「殿田中学校 体育祭」を実施しました。
 全校生徒92名が「青軍」と「紅軍」に分かれ、3年生を中心に夏休みから応援発表に向けた「シンボルの作成」「応援のリズムと振り付け」の決定と練習を進めてきました。
 2学期始業から短い取組期間だったにも関わらず、両軍ともに設定された時間を上手に活用して練習を重ね、本番ではどちらの軍も一糸乱れぬ心を合わせた応援演技を披露し、見ている保護者や地域の方々に感動を与えました。
 「大縄跳び」「大むかで競争」などのチーム競技では、最後まであきらめない気持ちや、負けていても最後までチームで声をかけ合い励まし合う姿、互いの頑張りを讃えて拍手をする姿が随所に見られ、たくさんの笑顔とともに生徒一人一人の心の成長を感じた体育祭となりました。




09:45
2017/08/10

吹奏楽コンクール

| by 管理者
 8月7日(月)、京都コンサートホールにて行われている、吹奏楽コンクールに本校吹奏楽部11名が出演しました。
 この日まで、毎日のように練習を積み重ね、全員の心と音色を合わせた演奏を創り上げてきました。
 演奏し終わった後は、生徒一人一人にやりきった達成感に満ちた笑顔が見られました。3年生にとっても思い出に残る日になりました。
 これからも、胡麻の夏祭りや各種イベントにも参加し演奏を届けていきます。生徒たちのがんばりに大きな拍手と、温かい声援をいただけると嬉しく思います。


09:01
123

お知らせ

平成29年度 気象警報発令時の対応 について

全国学力・学習状況調査

 H29全国学力学習状況調査結果

29年度 殿中だより

 4月号  5月号  6月号
 7月号  9月号 10月号
 11月号 12月号 1月号
   2月号(外側)
   2月号(内側)


29年度 給食献立表
 4月  5月     6月
 7月 8・9月 10月
 11月  12月    1月
   2月

※昨年度までの分は、アーカイブをご覧下さい。