この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

京丹後市立丹後中学校

所在地:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人320番地   電話:0772-75-0126   ファックス:0772-75-1126   メール:tango-jhs@kyoto-be.ne.jp 

 

校長室

校長室 >> 記事詳細

2019/01/07

平成31年のスタートに当たり

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

平成30年度3学期 始業式 式辞

 

新年あけまして おめでとうございます。平成31年が始まりました。

今年の元旦は、天気もよくとても穏やかで今年1年を占っているように感じました。

 皆さんも、お正月には、今年の目標や抱負など、どうしてもやり遂げたいと心の中で立てた計画があると思います。その達成へ向けて努力を続け、実現できる年にしていきましょう。

今年は、カレンダーでは、西暦2019年とか平成31年といいますが、亥いのしし)年ともいわれます。動物のイノシシです。

この呼び方のカレンダーでは、ねずみ年、うし年、とら年…と順番に12の動物の名前でその年を呼び、最後がいのしし年です。いのしし年は、植物の成長に例えると、『葉っぱも花も散ってしまい、種に生命を引き継ぎ、春の芽吹きまで、じっと固い種の中でエネルギーを内にこめている状態だといわれます。

ですから、しっかりと勉強をして知識を増やし、得意なことをどんどん伸ばし、不得意なことにも果敢にチャレンジを続けることで強い心を育てる年にしましょう。内部の充実を心がけると良い年になるそうです。

さて、学校ではいよいよ3学期となり、平成30年度を締めくくる学期が始まります。同時に、平成という大きな時代も締めくくることになります。「締めくくる」という意味には、「次への準備」が含まれます。

1年生の皆さんは新入生を迎えて先輩としての姿を見せるための準備を、

2年生の皆さんはいよいよ3年生からのバトンを受け取り最上級生となる準備を、

そして、3年生の皆さんは自分の希望進路実現に向けてのラストスパートとともに義務教育終了のゴールを迎える準備をしていきましょう。

また、今年は、「平成」の次の元号がスタートする年でもあります。

ふり返って見ると、昭和が終わり平成が始まる頃、ノートパソコンや携帯電話がでてきました。インターネットが始まったのも平成元年です。そして、平成7年に起きた阪神淡路大震災での情報発信に威力を発揮したことをきっかけに、インターネットが一気に普及し、その年の流行語大賞にもなりました。皆さんが生まれた平成15年から17年あたりからは、それまで主流だった携帯電話に代わって、スマホが普及し始め、この10数年間の進展ぶりは皆さんも知っての通りです。

黒色の固定電話が、ほぼ全家庭に普及するのに約100年かかったそうですが、平成が始まる4年前に通信自由化が行われ、平成になって、たった30年で、昔では考えられないような技術革新が起きています。

これから、もっと急激に、だれもが予測できない新しい技術や価値がどんどん生活の中に入ってくる時代となっていくといわれています。そんな新しい時代を乗り切っていけるよう、全校生徒の皆さんが、自分のよいところを見失わず、主体的に力をつけ行動できるよう、皆さんと一緒に決意を改めて、今年をよい一年にしたいと思います。以上で、式辞とします。

平成30年1月7日  校長 日野 竹夫  


09:37