この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

京丹後市立丹後中学校

所在地:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人320番地   電話:0772-75-0126   ファックス:0772-75-1126   メール:tango-jhs@kyoto-be.ne.jp 

 

校長室

校長室 >> 記事詳細

2018/04/12

入学式式辞より

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
平成30年度 入学式 式辞より

~(略)~

 開校五年目となるこの丹後中学校では、この間「本気で本物を創る」・「本気で本物に挑戦する」を合言葉に、ここにいる先輩となる在校生の皆さんが学習に、部活動に、そして行事等に取り組んでいます。目標を高く持ち、それにどんどん挑戦している先輩の姿は、これからの学校生活の中でとても頼もしいよい手本になると私は信じています。ぜひ、先輩の姿から多くのことを学び、自分の中学校生活を創っていってください。君たちの持つ無限の可能性を伸ばし、自分の希望する進路に進むことができるように、全力で努力することを約束します。

そこで、今日から中学校生活をはじめる君たちに、三つのことを頑張ってほしいと思っています。

一つ目は、「自分を大切にし、人を思いやれる生徒」を目指しましょう。皆さんは、今日の入学までに保護者やご家族の皆様、地域の皆様、多くの方々に支えられてきました。そのことに常に感謝の気持ちを持ち、自分を大切に、そして、周りの人も大切にして、中学校生活で様々なことに挑戦してください。

二つ目は、「ねばり強く体をきたえる生徒」を目指しましょう。まず、目標を高くもつことが大切です。そして、その目標を実現するために必要なこと・すべきことを見極め、やりきるねばり強さ・習慣を身につけることが大切です。「辛い時こそ、伸びる時」私は、この言葉を座右の銘としています。辛い練習でも、その本当の意味やねらいを理解して行い、「辛い」と思う時は、「自分が伸びている」と考えることができる心の強さをきたえてください。

三つ目は、「ことばで伝え合い、主体的に学ぶ生徒」を目指しましょう。心に決めたことを臆することなくやってみてください。何でもやれば何かわかります。やらなきゃわかりません。失敗したとしても、二度と失敗しないためにはどうするか考えることが大切です。失敗がないと進歩しません。失敗を恐れず、本物に挑戦してください。やって失敗したことの後悔よりも、やらなかったことへの後悔は、ずっと残るといわれます。

将来、中学校生活を振り返る時が来た時、

「もっと、勉強しとけばよかったなー」

「いろいろなことに挑戦しとけばよかったな―」と振り返るのではなく、

「あの時はしんどかったけど、あの時があったからこそ、今の自分がある。」と振り返られる中学校生活にしてください。

人それぞれに違う本物を手に入れるために、新入生の皆さんと在校生の皆さんの丹後中学校での活躍を期待します。先輩や先生たちと一緒に、すばらしい学校にしていきましょう。
~(略)~
                     校長 日野 竹夫

 


18:25