この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

京丹後市立丹後中学校

所在地:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人320番地   電話:0772-75-0126   ファックス:0772-75-1126   メール:tango-jhs@kyoto-be.ne.jp 

 

校長室

校長室 >> 記事詳細

2018/07/20

1学期をふり返って

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
1学期終業式式辞

 「本気で本物に挑戦する 3年目」としてスタートした1学期が、今日で終業となりました。

  6月18日には大阪府北部を震源とする地震が発生し、京都も含めて、近畿の広範囲のみなさんが地震の被害に見舞われ、尊い命も失われました。また、6月28日から7月8日頃にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で記録された「平成30年7月豪雨」に於いても、200名を超える方がお亡くなりになり、現在も安否未確認者の捜索が続いています。さらに、先週末から続いている猛暑も一週間以上も続き、熱中症などでの被害も出ております。改めて、自然の脅威に愕然としながら、畏敬の念を感じる学期末となりました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 さて、学校では、猛暑の中で明日からの夏季大会への取組、訪問演奏などへの練習に取り組んできました。3年生にとっては、大きな節目となる行事です。上部大会へ、そして、学び多き夏休みへ繋がるよう、「本気で本物の挑戦」を期待しています。

 本日で1学期が終わります。皆さん、それぞれにとってこの1学期は「本物に挑戦した」学期となりましたか?

 1年生は、入学後、約4カ月中学校生活を送ってきました。中学校生活にも慣れ、学習や部活動に頑張って取り組んでいると先生はいつも思いながら1年生の皆さんを見てきました。

 2年生は、学年が上がり、一つ先輩となり1年生の手本となりながら、3年生から多くのことを学びとった1学期だったと思います。クラスのまとまりはすばらしく、合唱祭で示した「合唱での一体感」はすばらしいものがありました。

  3年生は、2年生の時から実行委員を中心に修学旅行の取組を進めてきて、修学旅行を見事みんなでやり遂げました。学年としての力をつけ、6月の合唱祭は生徒会本部を中心に全校の合唱づくりを3年生が中心となって進め、開校5年目となる丹後中学校の合唱祭にまた新しい伝統を築くことができた1学期でした。

  ここで、この1学期、先生がとても強く印象に残っていることを3つあげます。

  1つ目は、全学年、全学級で作り上げた合唱祭です。参観した小学6年生へは中学校への期待と安心感を与え、下級生にとっても上級生のすごさや1年後の目標が示された合唱だったと思います。さらに、参観いただいた保護者や地域のみなさんへも、丹後中学校の「本気」を示すことができたと思います。

  2つ目は、「6月の丹後ブロック陸上記録大会でのチーム一丸となった全員応援」です。1番応援が素晴らしく、心温まる応援でした。そして、女子の部の総合3位は、総合の部優勝以上の価値があると思っています。皆さんのまとまりも「本物」です。

  3つ目は、「集会等、全校が集まった時の整然とした皆さんの姿勢や態度」です。静かに体育館に集合し、話をする人の方に姿勢を向け、しっかりと見て、しっかりと話を聞く。」このことは、当たり前のことのようで、当たり前のように続けることは難しいことなのです。皆さんの礼儀やマナーも元気なあいさつもすべて「本物」です。ぜひ、続けていって欲しいと思います。
 いよいよ3年生は進路実現へ向かう夏休みとなります。この夏は、真剣に学習に打ち込み、自分の希望進路が実現できるよう努力を期待します。1・2年生も、自分の将来の進路について考える夏休みとし、そして、チャイムのない夏休みの生活だからこそ挑戦できる目標をしっかりと定めて実行してみましょう。
 体調管理をしっかりと行い、交通事故やケガに十分注意し安全に過ごして、また2学期、元気にみんなが登校してくることを楽しみにしています。 皆さんの夏休みが、いい夏休みとなることを祈って、式辞とします。 


16:08