京都府 母校応援ふるさと事業

聾学校

聾学校

ICTによる学びの支援事業

本校は幼稚部、小学部、中学部、高等部を設置し、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて、手話、聴覚活用、口話等のコミュニケーション手段を活用し、誰もが分かり、学びを深められる授業をめざしています。 現在、文部科学省実践研究充実事業の指定をうけ、「分かる授業づくり」をめざして全校で取組中、ICT(情報通信技術)を活用した授業、授業改善に取り組んでいます。※聾学校HPをぜひご覧ください。

聾学校画像01

[学校公式サイト学校からの案内]
[取り組みに関してのお問い合わせ] (075)461-8121
rou-s@kyoto-be.ne.jp