カウンタ

COUNTER1384371

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌


2017/05/10

臥薪嘗胆

| by manager

平成29年度、春季大会は接戦の上、負けて終わりました。
2試合を共通していえることは、第1ピリオドは最高の形で終えることができました。しかし、じわじわと詰め寄られて負けてしまうことでした。味方のミスや相手の得点が重なった時に、盛り返せなかったこと、そして、最後まで全力で走れる脚力と精神力が無かったことが、特に目立ちました。

春季大会後は、家庭訪問期間、GW期間といつもより練習する時間をとることができました。そこでは、顧問不在時にしんどい練習メニューを飛ばすことや、いつも部室の鍵を取りに行く生徒が休みのときに、誰も取りに来ず練習時間が過ぎてしまう等、チーム全体でのミスもありました。そこで大切なのは「気づき」です。ちょっと周りを見渡せば、そこには「気がつく」ことが多いと思います。誰か脱いだ服がクシャクシャで置いてある、誰か休みのとき、次になにをするのか、など「気がつく」と良くなることはたくさんあると思います。

その甲斐あってか、GWの練習では、5対5のつなげ方のプレー面、外練習での一生懸命走って身体作りのフィジカル面、そしてすべてにつながるメンタル面は良い形で終えることができました。

春季大会の表彰はなかったが、全校の前で校長先生が「男子バスケットボールの決勝戦をしっかりと見ている眼差しは素晴らしかった」と言ってくれました。様々な人が見守ってくれている分、これからもさらに頑張っていかないといけません。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)・・・苦労、苦心を重ねること
自ら追い込み、さらに高みを目指していきましょう。

最後の練習風景 全員でやり切ったことを褒めあった


春季大会表彰時 校長先生からメッセージ

11:56