カウンタ

COUNTER1383380

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2018/03/14

「思いやりいっぱい」の卒業証書授与式

| by manager
卒業式 式辞
 春の訪れが感じられるこの佳き日に、久御山町長信貴康孝 様をはじめ、多数のご来賓の皆様、並びに保護者の皆様のご臨席のもと、第43回卒業証書授与式が盛大に挙行できますことを、心より厚くお礼申し上げます。
 さて、卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
 今、皆さんが手にした卒業証書。そっと開けてみると、一枚の紙の中にたくさんのものが詰め込まれています。
 まず、卒業証書。中学校を卒業したという証です。
 あなたの名前。名前は最初に親がくれた愛情です。その名前を中学校生活で何度呼ばれてきたでしょうか。
 あなたの誕生日。この日はどんな日だったでしょうか。どんな日であっても、あなたが生まれたことを家族や親戚の人はどれほど喜んでくれたことでしょう。あなたの命が生まれた日から今日まで、たくさんの方々があなたを見守っていてくれました。あなたは、どれほどのことをしてもらってきたでしょうか。そして、どれだけのことを返すことができたでしょうか。あなたにとって、一番大切な人は身近におられます。
 日付、3月14日、今日です。人生の中でいくつかの節目というものがあります。今日はその節目の一つで、新たなスタートをする日です。 
 左上の番号。久御山中学校の第1回卒業生からずっとつながっている番号なのです。久御山中学校の卒業生は8千人以上おられます。あなたが、久御山中学校のよき伝統を受け継いでいるのです。
 ここで、「一期一会」ともいうべき「出会い」であったみなさんと過ごした日々を、全校集会などの応援メッセージで振り返ります。
 新学期、「為せば成る」、つまり、やったらできるということと、「継続は力なり、目指せ皆勤賞」、続けることの大切さ、難しさ。そして、「みんながみんな英雄」の職員合唱で新入生を迎え、歌の出だし「特別じゃない、英雄じゃない、みんなの上には空がある」の歌詞、つまり、誰しもがすばらしい才能を持っていて、誰しもにすばらしい未来や可能性がある。みんな一人一人が主役であり、英雄になる学校を目指すことを伝えました。
 春季大会。「ひとりはみんなのために、みんなは勝利のために」とみんなで勝利を目指し、なんと4種目で優勝。表彰式で、マイケルジョーダンの「目標を達成するには全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。」の話から、夏の大会に向けてもう一度頑張ることを確認しました。
 避難訓練。一番大事なことは速いよりも「全員無事」であるということ。
 「天に貯金をしよう」みんなが頑張っていることは、天は見ている、誰かが見ている。いいことは貯金できる。当たり前のことを当たり前にするだけで貯金は貯まる。人は誰でも失敗をする。でも、失敗したときにはこの貯金を使うことができるということ。
 「29連勝」将棋の藤井聡太四段の連勝記録から、今の世の中、勝つことが大事、間違ってはいけないというような風潮がある中、「負けました」と潔く言える勇気と「負けから学ぶこと」も大切ではないか。5歳から将棋教室に通い、コツコツと努力を重ねた藤井聡太四段を見習って「勝つコツはコツコツと」と壮行会で話しました。そして、夏の大会では剣道部が男女とも全国大会に出場し、女子が見事全国3位、卓球部が創部初の京都府3位など、多くの部活動が上位の大会で活躍し、その笑顔、励まし合う姿、汗や涙など数多くの感動が生まれました。また、この夏、オーストラリアのワーウィックに15人の生徒が参加し、経験と挑戦を手土産に大きく成長して帰ってきました。
 2学期、「心が変われば行動が変わる」この言葉から、いい習慣を身につけるという目標を掲げました。「結集力」が光った体育大会。何が大切なのかを見つけた合唱コンクール。中でも3年生の学年合唱「大地讃頌」「栄光の架け橋」は圧巻でした。先生たちも「それが大事」の合唱で「負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと」というメッセージを送りました。
 行事が終わり、進路という厳しい試練が続き、「走り続けよう」と訴え、アテネオリンピックマラソン金メダルの野口みずきさんの「走った距離は裏切らない」という話で2学期を締めくくりました。
 3学期、105歳まで生涯現役医師であった日野原重明さんが最後にふりしぼった言葉 「keep on going!(前に進み続けよう)」を紹介しました。この言葉は私たちに勇気と希望を与えてくれました。
 最後の応援メッセージは「思いやり」です。先月、ピョンチャン冬季オリンピックで金メダルを取ったスピードスケートの小平奈緒選手。憶えていますか。ゴールでのガッツポーズの後、興奮した観客に人差し指を口に当て「シー」のポーズ、次の選手を思いやるこの行動は今も目に焼き付いています。これこそ、スポーツマンシップ、心の金メダルだと思います。さらに、「金メダルは名誉、でもこれからの生き方が大事です」と語っていました。今、漫画「君たちはどう生きるか」という本がベストセラーになっていますが、これから君たちがどう生きていくのか、楽しみにしています。
 あとになりましたが、保護者の皆様、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。さぞや、感慨もひとしおだと拝察いたします。この3年間、至らない点もあったと思いますが、私たち教職員にお寄せいただきましたご理解とご協力に対して、同様に地域の皆さまにも、心よりお礼申し上げます。
 結びに、私の自慢の3年生。「3年生の頑張りが新生久御山中学校の大きな一歩になりました。ありがとう」。その頑張りが地元の新聞に何度も大きく取り上げられ、その数は日本一です。さあ、卒業生の皆さん、新しい世界に向かって、胸を張って、笑顔で飛び立ってください。「夢は叶えるもの」です。
 皆さんの前途に幸多かれと祈り、最後にもう一度、「keep on going!(前に進み続けよう)」と繰り返し、式辞と致します。
 
   平成30年3月14日 久御山町立久御山中学校 校長 南 亮司





14:35

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式