カウンタ

COUNTER1383447

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2016/07/20

1学期終業式 校長の話

| by manager

「小さいことを積み重ねることがとんでもないところへ行くただ一つの道」 
                     

 まず、「1学期、一日も休まなかった人、立ってください」。一日も休まないということは大変努力と根気のいることです。今日はしんどいなあ、何か行く気がしないなあ、いやなあ、つらいなあなど、いろいろあったと思いますが、まず自分で乗り越え、そして家の人や友達、先生に後押しされて頑張った結果だと思います。素晴らしい。1学期皆勤賞の人はもちろん、残念ながら、家の用事や体調不良などで休んでしまった人も含め、頑張って学校に来た人にみんなで大きな拍手を送りましょう。座ってください。

 さて、1学期を振り返って、1番頑張ったことは学校に来たこと

 2番は、1年生は希望が丘での飯盒すいさん、2年生は3日間の職場体験、3年生は初の高校大学訪問。これらの行事は一人ひとりの頑張りと仲間の支えで成功したものです。クラスみんなのやさしさと支えで教室に入りにくかった人も入れるようになりました。

 3番は、あいさつ。いろいろな人からほめていただきました。一人目は前の東角小学校の校長先生で、今は教育委員会におられる藤原先生。「毎週月曜日、校門に立っていると大きい声であいさつをしてくれる、声は出なくても目を合わせて軽くお辞儀をしてくれる。教育委員会から1点と言っておいてください」と。次は高校の先生。「廊下であったら立ち止まってあいさつをしてくれた、会う生徒会う生徒が気持ちのいいあいさつをしてくれた」と。今、一日に最低2人は高校の先生が学校にこられます。みんながしっかりあいさつをすることは高校の先生にいい印象を与えると思います。さらに、金曜日の3年生の進路説明にこられた高校の先生が全員、長い時間なのに、 聞く態度が素晴らしいとほめておられました。また、地域からも「よくあいさつをしてくれる、ヘルメットをかぶっている、交通マナーをよく守っている」など言われています。一人ひとりのいい行いが最終的には、みんなのためになっていること知っておいてください。One for all,all for oneです。

 最後に、この「4257」という数字、何の数字かわかりますか?そうです。この数字は先月アメリカで、イチロー選手が達成した日米通算安打の世界記録です。そのイチロー選手が会見でこんなことを言っていました。「小さなことを積み重ねることがとんでもないところへいくただ一つの道だと思っています」と。みんな大丈夫です。何でも今日から始めても遅くはないです。3年生も今日から勉強を積み重ねたら大丈夫です。
 まだ、一日も休んでいない人は、一日一日を積み重ね、3年間皆勤賞というとんでもないところを目指して頑張ってください。皆さんが、とんでもないところへいこうとする夢を先生たちは応援しています。

 それでは2学期、みなさん全員と元気に会えることを約束して、1学期終業式のあいさつとします。

 
                                                                                          平成28年7月20日  校長 南 亮司



09:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式