カウンタ

COUNTER1383469

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2020/12/25

終業式での式辞

| by manager
12月25日(金)、終業式での式辞を掲載します。

2学期終業式 校長あいさつ

   R2.12.25 校長

 2学期始業式の際に、私から3つのことをお話ししました。

 

 1つ目は、2学期に向けて、皆さんに心がけてほしいことでした。この2学期は、例年よりも少し長く、短かった1学期のおよそ倍ほどの期間がありました。今は冬の寒さが厳しいですが、2学期の始まりは夏の終わりでした。3つの季節を跨ぐこの2学期、体調管理、モチベーションや目的意識などの維持が難しくなることをお話ししました。スモールステップを積み重ね、当面の目標や、2学期の目標、今年度の目標、中学校生活の目標、自分自身の目標に繋げられるように心がけておくことができたでしょうか。

 

 2つ目は、「人との距離感」について、今一度見直してほしいということでした。今年度「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」「3密」という言葉が生まれましたが、身体的な距離は離れても、心の距離は保ってほしい、むしろ人々の心は、より密接に繋がっておかなければならない、とお伝えしました。心のつながりを確かめたり、深めたりすることができたでしょうか。

 

 3つ目は、今年度掲げたスローガン、「心躍る久御山」を引き続き胸に置いて、2学期も中学校生活を送ってほしいということでした。久御山大作戦から始まった2学期でしたが、様々な成果を挙げた反面、課題も多く残したかもしれません。素直になれなかったこと、自分のわがままを通そうとしてしまったこと、人の気持ちが汲み取れなかったこと、自分の気持ちがうまく伝えられなかったこと、もう少し努力すればよかったと後悔したこと・・・。そんな課題が残されたかもしれませんが、それは、中学生であるみなさんだけではありません。大人も子どもも、日本中が、社会全体が、課題を残してしまったり、試練に向き合えず、どうしていいかわからないままに、この年末を迎えています。大切なことは、それらの課題や試練は、自分自身が成長するためのチャンスだと捉えることです。それらを克服したとき、また、新たな課題や試練が出現します。みなさんには、その繰り返しを「キリがない」と嘆くのではなく、無限に成長できると、「心を躍らせて」受け止めてほしいです。

 

 この2学期の課題を振り返り、3学期、そして、来年度、3年生にとっては卒業後に、今以上成長し羽ばたいていく姿に思いを馳せて、「心を躍らせて」試練に立ち向かっていきましょう。短い冬休みですが、心と身体をゆっくり休ませて、3学期の始業式に、みなさんの笑顔を見られること、元気な声を聞かせてもらうことを願って、終業式のあいさつとします。


11:28

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式