カウンタ

COUNTER1383518

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2018/12/21

君たちはどう生きるか

| by manager

                     「君たちはどう生きるか」
                        H30.12.21 校長

 まず、「2学期、一日も休まなかった人は立ってください」。皆勤賞おめでとう。残念ながら、家の用事や体調不良などで休んでしまった人も含め、頑張って学校に来た人にみんなで大きな拍手を送りましょう。
 2学期を振り返ると、体育大会、合唱コンクールなどいろいろな行事があり、最後はワーウィックの生徒との交流がありました。ワーウィックの生徒と会うだけで笑顔になるのは私だけだったでしょうか。「水曜塾プラス」へも積極的に参加するなど、勉強でも自分から考えて行動できる人が増え、みんなの当たり前のレベルが少しずつ上がり、おもろい学校、「おもろいやんか久御山」にどんどん近づいてきました。
 この前選書会があり、多くの人が参加し、新聞社の方もびっくりされていました。11月の生徒会の月目標は「本の世界に飛び込もう」副題が、「朝読書の10分間全員が本を持ち無言で取り組もう」でしたが、どうでしたか。
 そこで、今日は本の紹介です。去年も紹介したかもしれませんが、「君たちはどう生きるか」です。この本は今年2018年一番読まれた本で、漫画版と小説版があり、今や260万部を突破しているそうです。私はみなさんに感動を伝えるために、何度も何度も読み返しました。
 まず、主人公は中学生「コペル君」とその叔父さん。一番印象に残っているところを紹介します。コペル君は友達が危ないときは逃げずに戦うと宣言し、仲間と約束します。それなのに仲間を裏切って、友達が上級生にひどい目に遭っているときに知らんぷりをしてしまいます。友達を裏切ったコペル君は学校に行けなくなるほど後悔をして自分を責めます。そんな彼に叔父さんは「悲しみや苦しみの意味」を教えます。「苦しいのは、正しい道に向かおうとしているからだ」と。
 僕たち人間は自分で自分を決定する力を持っている。だから誤りを犯すこともある。でも、誤りから立ち直ることもできる。心に苦痛を感じたら、それは自分が正しい道に進もうとしているサインである。 
 この本の出版は1937年、80年たった今も読み継がれている本で、よく売れているのは漫画版ですが、是非、小説版を読んでほしい。なぜ、彼をコナンではなく、コペル君と呼ぶのかわかります。また、あの宮崎駿さんの次回作のタイトルが「君たちはどう生きるか」であることも発表され、わくわくしています。
 「君たちはどう生きるか」という問いに、あなたならどう答えますか。是非、あなたなりの答えを見つけてほしい。キーワードは「自分で考える」です。
 それでは3学期、みなさん全員と元気に会えることを楽しみにして、2学期終業式のあいさつとします。おわり。 




13:13

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式